介護の基礎知識

介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由

投稿日:

 

多様性を認め個性を尊重する社会ですから、価値観や思想は「人それぞれ」です。

色々な人がいて色々な意見や考え方があるのですから、違って当然です。

ですから、「人それぞれ」という論調を真っ向から否定する気はありませんし、場合や状況によっては私も使うことがあります。

しかし、介護現場において介護を提供する際は、この「人それぞれ論」を持ち込んではいけない場合が多々あるため、私もできるだけ介護現場では「人それぞれ」と思ったり言ったりしないようにしています。

もちろん細かいことを言えば、「利用者の居室に入る際に右足から入るのか左足から入るのか」ということは「人それぞれ」です。

しかし、介護現場全体を見た場合には、「人それぞれ論は持ち込まない方がいい」と思っています。

今回は、介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由

 

 

それでは早速、介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由についてご紹介していきたいと思います。

 

理由①:元も子もない

「人それぞれ」という言葉は、会話や議論の際に持ち出されると元も子もありません。

「それを言っちゃ~おしまいよ」の世界です。

「誰の意見も否定せずに、お互いがお互いを認め合って平和的に対話を終えましょう」ということになるのですが、介護現場では介護サービスの方向性やある程度の基準を決めておかないと、職員個々の価値観の違いによって統一した介護ができなくなってしまいます。

統一した介護については後述しますが、介護現場で「人それぞれ論」を持ち出すと元も子もなくなってしまうため、持ち込んではいけないのです。

 

理由②:統一した介護ができない

介護現場はチームで動いているために、統一した介護を提供しなければなりません。

そのために利用者のニーズに沿ったケアプランがあるのですから、職員個々の価値観や思想で全く異なる介護を提供することは不適切です。

また、同じケアプランの内容でも職員個々で捉え方や解釈が異なっていると全く違った介護になってしまう可能性があります。

ですから、介護現場では「人それぞれ論」を排除して、介護サービスの方向性や詳細を職員間で情報共有し、すり合わせをしておくことが大切です。

よく「介護に正解はない」ということを言われますが、それは「人それぞれの解釈で行う介護が正解(又は不正解)」ということではなく、正解(又は不正解)の基準も判断材料もないから「答えが不鮮明」ということではないかと思っています。

ですから、そこを履き違えて介護現場に「人それぞれ論」を持ち込むと余計にこじれてしまうため、統一した介護で可能な限り可視化しておくことが大切なのではないでしょうか。

介護に正解は無いということの危険性については、下記記事をご参照下さい。

「介護に正解はない」ということの3つの危険性

 

理由③:風紀が乱れる

介護現場で「人それぞれ論」が飛び交うと職場内の風紀も乱れます。

各々が好き勝手な介護をしたり、自分の考えた最強の介護をスタンドプレイで行ってしまうと、方向性もまとまりもないカオスな介護現場になってしまうからです。

また、そのスタンドプレイが同調圧力で伝染していき、風紀の乱れに拍車が掛かることも往々にしてあり得ます。

会議で決めたことをいともたやすく覆されたり(翻されたり)、決まったことを誰も守ろうとしなければ、そもそも会議をする意味さえなくなってしまいます。

介護現場も職場である以上、一定の決まり事は必要です。

介護現場に「人それぞれ論」を持ち込み、全員の個性や価値観を野放しにしてしまうと、自由という名の無秩序な状態となってしまいます。

それでは正常な介護サービスが提供できないため、人それぞれ論を介護現場に持ち込んではいけないのです。

スタンドプレーが伝染し同調圧力となることで職場環境が悪化する介護現場の実情

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由について記事を書きました。

「人それぞれ」「多様性を認め合う」という論調は、一見平和的で大変便利な言葉ですが、多用すれば「元も子もない斬り捨て感の強い言葉」ともなり、介護現場に持ち込めば「統一した介護ができず風紀が乱れてしまう言葉」でもあります。

個性や個人の価値観を尊重するのは正論ではあるにしても、「人それぞれ論」を多用する人や意図して介護現場に持ち込む人には注意が必要です。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護の基礎知識
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.