リアル介護現場の実情

介護事業所の電動ベッドなどの福祉用具が故障したまま修理されない理由

投稿日:

 

介護施設などの介護事業所にお勤めの介護職員の皆様にお尋ねしたいのですが、ご自身のお勤め先で壊れたまま修理されていないベッドなどの福祉用具はありますでしょうか?

私の周りだけで言うと「修理されずに放置されている福祉用具」が結構あります。

これが、使われずに放置されているのならまだわかりますが、実際に今でも壊れたまま使われているからビックリです。

今回は、介護事業所の電動ベッドなどの福祉用具が故障したまま修理されない理由について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

福祉用具が修理されない理由

 

 

例えばどんな福祉用具が故障したまま放置されているかと言うと、

  • 電動ベッド
  • 電動ベッドのリモコン
  • アクション座布団
  • トイレ

などが思い当たります。

車椅子も故障が多いですが、さすがに利用者には使わず倉庫などで埃をかぶっているパターンが多いのではないでしょうか。

しかし、ベッドや介護用のざぶとんなどは普通に使用しています。

何故、介護事業所は修理をしたり新調したりしないのでしょうか。

 

理由①「古すぎて部品がない」

電動ベッドやそのリモコンなどに多い理由が、型式が古すぎて既に部品がなく修理不可能という理由です。

いくら業者に修理を依頼したところで、部品が無ければ修理をすることができません。

電動ベッドの接触が悪かったり、リモコンのボタンを押しても何の反応もなかったり、リモコンを引っかける部分が取れてしまっていたりしますが、そのまま使用されています。

一応、電動ベッドでなくても対応可能な利用者を選んで使用はされていますが、毎回必ずそうなるとも限りません。

利用者にさえ迷惑が掛からなければ良いという考え方なのですが、電動ベッドの高さや角度が調整できないと、介護職員の負担が大きくなります。

無理な体勢で介助をすることで腰痛リスクが高まるからです。

しかし、現状ではそのリスクは無視されていると言えます。

 

 

理由②「新調するお金がもったいない」

故障している介護用品が修理不可能であれば、介護施設の場合は福祉用具の利用者負担ができませんので事業所負担で新調したりリースやレンタルをしてくれればいいのですが、そのためには少なからずお金が掛かってしまいます。

どう考えても必要経費だとは思うのですが、事業所の判断としては「故障していてもまだ使えるからもったいない」ということになります。

電動ベッドであれば無理な体勢で介助をしなければならない介護職員の腰痛リスクには一切目が向けられてしない悲しい現実です。

破れたアクション座布団は介護職員がサランラップを巻くなどして涙ぐましい応急処置をして使用しています。

しかし、恐らくせっかくの除圧効果は半減してしまっていることでしょう。

こういった介護事業所は、一言で言えば「ケチ」なのです。

 

 

理由③「故障したのは介護職員が悪いと思っている」

どんな物であっても、大切に扱うことは重要です。

「福祉用具などが故障しました」という報告をすると、「それを扱っていた介護職員の使い方がおかしいせいだ」と思い込む上司や経営者もいます。

確かにそういうパターンもあるかもしれませんが、今年や去年に購入した物ならまだしも、20年も30年も前の既に部品が製造されていないような電動ベッドであれば経年劣化をして当然です。

実際に使用しない人は「経年劣化」という言葉を知らないのかと思うくらい、故障に対してシビアです。

しかし、どんなに大切に扱っていても、どんな物であっても、年月が経てば劣化もするし故障もするのです。

人間だってそうでしょう。

そして、故障したままの電動ベッドをそのまま使用させることで、介護職員が故障するリスクはもっと早まっていくのです。

そこに気づけない経営者はケチを通り越して図々しいと言えます。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護事業所の電動ベッドなどの福祉用具が故障したまま修理されない理由について記事を書きました。

全ての事業所がそうだとは言いませんが、私の周りでは結構同じような状況があるようです。

事業所としては最悪の場合「安全配慮義務違反」にもなりかねません。

介護職員に優しくできない事業所が利用者に優しくできるはずがないのです。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、ランキングの応援&シェアを宜しくお願いします^^
記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.