リアル介護現場の実情

介護事業所における「介護士vs看護師」という対立関係が発生してしまう理由

投稿日:

 

介護事業所には、多くの職種がチームとして従事しています。

最も現場最前線になるのは介護職員ですが、次に前線にいるのが看護師です。

もちろん、お互い業務範囲も職業倫理も違うわけですが、協働することでより良いケアを目指しています。

そんな中、介護事業所でありがちなのが、「介護士vs看護師」という対立関係です。

今回は、介護事業所における「介護士vs看護師」という対立関係が発生してしまう理由について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

「介護士vs看護師」となってしまう理由

 

 

何故、「介護士vs看護師」という対立関係が発生してしまうのでしょうか。

 

理由①「看護師が介護士を下に見ている」

一種の「職業マウント」になります。

「看護師の方が立場が上で、介護士(介護福祉士)の方が立場が下」という考え方を持っていると、看護師の言葉の端々や態度や行動全てが介護士を見下しているものとなります。

そうなると、介護士も気分が良いものではありません。

確かに同じ国家資格でも、介護福祉士は名称独占の資格で、看護師は業務独占の資格になるために、看護師には出来て介護士には出来ない業務があります。

逆に、介護士には出来て看護師には出来ない業務は無いので、介護士は看護師にマウントを取られやすいという状況になります。

マウンティングを仕掛けられると嫌な気持ちになったり、抗おうとするために対立関係が発生しやすくなります。

 

理由②「看護師が介護を一切しない」

介護士は介護業務、看護師は健康管理や医療行為などの業務を行い、業務範囲は違うものの、現場で働いていれば一連の流れの中で看護師が介護業務をする場面もあるかと思います。

ましてや、介護職員も人員不足なのですから尚更です。

しかし、看護師の手が空いている場面でナースコールが鳴り響いていても

「介護士さーん、コール鳴ってますよ~行ってあげて~」

などと他の利用者の介護中の介護士に言うだけでナースコールを取ろうともしないということがよくあります。

また、利用者の処置をするために居室に入って行った看護師が

「〇〇さん便が出てたわ、オムツ替えてあげて」

と他の利用者の対応中の介護士をわざわざ探して言いに来る看護師もいます。

オムツ交換は介護士の仕事かもしれませんが、処置の流れの中で排便を確認したのなら看護師がオムツ交換をすればいいのではないでしょうか。

介護士には出来て看護師には出来ない業務はないはずなのに、そういう所だけおかしな線引きをされると対立関係になりやすいと言えます。

 

理由③「負けない介護士」

看護師にマウンティングされたり、理不尽な指示をされても、我慢したり泣き寝入りをしていまえば対立関係にはなりません。

しかし、介護士だって職業倫理を持ち知識や経験を備えることで、看護師に言い返したり言い負けないように抗おうとします。

そうなると「介護士vs看護師」という対立関係が発生してしまいます。

 

 

 

良好な関係を築くには

 

 

介護事業所で発生しがちな「介護士vs看護師」という対立関係ですが、どうすればお互いが良好な関係を築くことが出来るのでしょうか。

 

ポイント①「お互いを尊重する」

介護福祉士は、実習を修了すれば一部の医療行為(喀痰吸引など)ができるようになりました。

その実習でお世話になるのが看護師です。

そういう状況なので、上下関係が発生してしまいがちですが、利用者の日常的なことについては介護士の方が詳しく知っています。

看護師も介護士から情報を得たりする必要があるために、お互いの関係は良好である方が仕事もしやすいですし、利用者のためでもあります。

ですから、どちらが「上とか下」ということを考えるのではなく、お互いを尊重して一緒にケアをする専門職として尊重していく必要があります。

 

ポイント②「フォローしあう」

介護士が医療行為は出来ないといえども、介護士のフォローなしで処置を全て行うのは難しいかと思います。

それと同じで、看護師の目の前にズボンが下にずれたまま歩いている利用者がいれば、わざわざ介護士を探してズボンを上げるように指示するのではなく、看護師自ら上げてあげればいいと思いますし、手が空いていればナースコールの対応をしてくれれば本当に助かります。

大切なのは、「お互いがフォローしあう」という気持ちなのではないでしょうか。

 

ポイント③「利用者にとってどうなのかを考える」

目の前でコールが鳴っていたり、便失禁をしている利用者がいた場合、「まずどうすればその利用者のために最善なのか」ということを考えれば自ずと答えが出るのではないでしょうか。

わざわざ他利用者の介助中の介護士を探して指示を出す前に、自分が動けばその利用者にとっては一番ありがたいことでしょう。

介護士と看護師では上司が違うでしょうから、上司同士が話し合い、連携を強化して職場全体で考えていくことも必要です。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護事業所にありがちな「介護士vs看護師」という対立関係が発生してしまう理由とお互いが良好な関係を築くために必要なポイントについて記事を書きました。

介護士と看護師の関係が良好な介護事業所も多くなってきているようです。

看護師長の考え方や態度が下で働く看護師にも大きな影響を及ぼすので、人間が出来た立派な看護師長が多くなってきたのかもしれません。

看護師は介護福祉士の上位職ではなく、全く別の職種になるので、お互いを尊重しフォローしあって利用者のために協働できる環境づくりが大切です。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.