リアル介護現場の実情

【あるある】新人介護職員に襲い掛かるヤバい新人研修10選

投稿日:

 

介護現場(職場)に新人が入職来た際は、新人研修が行われます。

新人職員が全くの未経験者であれば1から介護の基礎を教育したり、経験者であっても職場内の決まりごとや利用者の処遇等を知っておいて貰う必要があります。

どちらにしても、まずは「利用者の顔と名前を覚える」ことから始めなければ介護ができないので、新人職員さんは頑張って覚えましょう。

そんな中、介護現場にありがちなヤバい新人研修があります。

今回は、介護現場のあるあると言っても過言ではないような、新人介護職員に襲い掛かるヤバい新人研修10選をご紹介します。

 

 

 

(スポンサーリンク)


【あるある】新人介護職に襲い掛かるヤバい新人研修10選

 

全ての介護現場がそうであるわけではありませんが、介護現場であるからこそありがちなヤバい新人研修があります。

以下の10の項目に3つ以上当てはまっている職場はイエローカード、5つ以上当てはまっている職場はレッドカードです。

 

①新人研修のカリキュラムがない

新人研修は、カリキュラムに沿って順を追って教育していくことで、漏れなく一通りの内容を網羅することができます。

しかし、介護現場の新人研修でありがちなのが、そもそもカリキュラムがないということです。

つまり、その日その日の行き当たりばったりの出たとこ勝負となるため、順を追って教育することもできません。

教育の内容に、漏れや重複も出てくるので新人介護職にとっては内容を整理して覚えることが難しく、混乱してしまったり覚えるまでに時間が掛かってしまうことになります。

新人研修のカリキュラムがない背景としては、

  • カリキュラムを作成できる人がいない
  • 作成してもカリキュラムに沿って教育できる人がいない
  • 介護現場の新人研修は行き当たりばったりのOJTで十分という古い考え方の方針

などが挙げられます。

カリキュラムがない新人教育は間違いなくヤバいでしょう。

 

 

②指導係が毎日違う

新人研修の指導係は必ずしも同じ人物ではありません。

これは、介護施設では24時間体制のシフトになっているため、同じ人と必ず同じ日・同じ時間に一緒に勤務に入れるわけではないからです。

それはそれで仕方がないことなのですが、教育者が日替わり弁当のように変わると、新人研修の進捗状況がわからないため重複した内容を教育することになったり、内容に漏れが生じたりします。

この場合、やはりカリキュラムで進捗状況を把握できるようにしていないとヤバい新人研修となってしまうことでしょう。

 

 

③指導係によって教えられる内容が違う

日々、色々な上司や先輩に教えてもらう中で、同じ内容の業務を教わっているのに教える人によって言っている内容が違うということが往々にしてあり得ます。

A先輩に教わった通り介護をすると、B先輩から「何でそんなやり方をしているの!」などと怒られたりします。

新人介護職員にしてみれば、A先輩に教わった通りしただけなのに怒られてしまうのですから堪りません。

これも、カリキュラムや指導方法・介助方法が統一されていないから起こってしまうヤバい新人研修です。

 

 

④主任やリーダーのOJTは全部やらされる

実際に利用者の介護を指導係についてもらいながら教わるOJTですが、指導係が主任やリーダーの場合は注意が必要です。

「主任やリーダーに教わるなら安心」と思いきや、本来二人で手分けしてする業務を教育という名のもとに新人職員が一人で全部するハメになるからです。

「一人でできるようにならないといけないからやってみて」という状態が延々と続くと、それは新人職員が一連の業務を一人でこなすことになるため、その業務量と疲労とストレスは計り知れません。

また、ちゃんと業務を分担してくれる主任やリーダーであった場合でも、それらの人達は大変忙しく、他の職員等が様々な報告や連絡や相談に来たり、用事が出来てどこかへ行ってしまったりします。

その度に業務が中断してしまうため、結局は「悪いけどやっといてくれる」などと新人職員に言い残し主任やリーダーはどこかへ行ってしまい、新人職員が全てを一人でこなさなければならないという業務過多でストレスフルな状態になってしまうことが往々にしてあり得ます。

主任やリーダーのOJTでは、新人研修なのに業務全てを丸投げ状態でやらされる可能性があるためヤバいのです。

 

 

⑤新人を放置

常に人員不足の介護現場では、新人に教育したり教えながら指導するという時間が取れない状況になってしまうことも少なくありません。

限られた時間の中でやらなければならない業務は山積みですし、利用者の訴えや行動は「待ったなし」ですから、教える側の職員にも余裕がないのです。

そうなると、新人介護職に構っている時間などないため放置状態になってしまうだけでなく、足手まといのような扱いになってしまうため、到底新人教育などと呼べる状況ではないためヤバいのです。

 

 

⑥利用者の下の名前で指示を出す

新人職員は利用者の名前を覚えるのに必死です。

利用者のフルネームを覚えられれば一番良いでしょうが、取り急ぎまずは名字から覚えていかなければ追いつきません。

やっと覚えても、初めのうちはまだ短期記憶ですからすぐに忘れてしまったり、わかっているのにすぐに名前が出てこない、という不安定な状態が続きます。

そんな状況の中で、上司や先輩職員が新人職員に指導したり指示を出す際に、利用者の下の名前で指示を出すケースがあります。

としこさんをトイレに誘導してから、トメさんを起こしてきて」

などという指示を出されると、名字を必死で覚えている新人職員は混乱してしまいます。

何故なら、利用者の下の名前までは覚えきれていないため、誰のことを言っているのかサッパリわからなくなってしまうからです。

仮に薄々わかったとしても、間違いがあったら困りますから、結局は再度利用者の名字を確認しなければなりません。

このケースは、上司や先輩職員が何かの理由で普段から利用者の下の名前で呼んでいるために悪気なく発せられた指示なのでしょうが、新人に配慮をするなら利用者の「名字」又は「フルネーム」で指示を出してあげることが大切です。

 

 

⑦指導係が指導を嫌がる

介護現場では、当日の出勤者の中から指導係が選ばれることも多く、日替わり弁当状態もあり得ることは先述しましたが、当日主任などの上司から指導係を頼まれた先輩職員が、

えー、私ですか?嫌だー無理ー!

などという反応をしているのを新人職員が目の当たりにしてしまうと、いたたまれない気持ちになります。

先輩職員が指導係を嫌がった背景としては、

  • 業務が山積みで指導などをしている暇がないので嫌
  • 自分に指導係としてのスキルと自信がないので嫌
  • 新人職員そのものが嫌

などが考えられますが、どちらにしても新人職員に対して良い印象を与えませんし、良い結果も期待できないヤバい新人研修と言えるでしょう。

 

 

⑧指導係がヒステリックで支離滅裂

介護現場でOJTや新人研修をする指導係は、必ずしも指導力があって人格者であるとは限りません。

中には、感情論ばかりの人機嫌の良し悪しで言うことがコロコロ変わる人高圧的でヒステリックな人も存在します。

新人職員が指導係にわからないことを質問すると、

「少しは自分で考えてから聞いて来い!」

「何でもかんでも聞いて来ずにやってから言え!」

などと言い放ち、それを真に受けた新人職員がわからぬまま介助を行いミスをしてしまったら、

「何で先に聞いて来ないの!」

などと支離滅裂なことを言う指導係もいるので注意が必要です。

このような支離滅裂な指導係やヒステリックな指導係に当たってしまった場合はヤバい新人研修になります。

 

 

⑨マニュアルや処遇一覧表を見せて「はい、やってみて」

介護現場によっては、マニュアルや利用者の処遇や対応方法が書かれた一覧表が備え付けられていたりします。

処遇や対応方法とは、「とろみ材の量」や「尿取りパッドの種類」や「口腔ケアの方法」などのことです。

新人職員にこのマニュアルを説明したり一覧表の見方を教えて、「ここに全部書かれているから、はい、やってみて」などと無茶苦茶な指導をする新人研修はヤバすぎます。

何故なら、教わったのは「一覧表の見方だけ」だからです。

まだ利用者の顔と名前の一致がおぼつかない新人職員に、その利用者の状態などが全くわからないまま丸投げしてもできるはずがありません。

  • 立位は取れるのか
  • 自力なのか半介助なのか全介助なのか
  • 総入れ歯なのか部分入れ歯なのか
  • 義歯は上だけか下だけか上下ともか

などが全くわからないのですから、新人職員は固まってしまうか闇雲にやるかのどちらかしかありません。

まずはマニュアルや一覧表をチェックしながら、指導係が一人ひとりの利用者の介助方法をやって見せ、その後に実際に新人職員にもやって貰うようにしなければ覚えられるものも覚えられないでしょう。

そもそも、マニュアルや一覧表は全く介助方法がわからない職員のためにあるのではなく、既に介助方法がわかっている職員が適宜、再確認やチェックするためのものですので、新人職員に「はい、やってみて」というような指導方法はあまりにも無謀であり不適切だと言わざるを得ません。

 

 

⑩昼食・休憩は利用者と同じ空間でとるように言われる

休憩時間になった時に、上司や指導係から「昼食は利用者さんとお話ししながら食べて下さい」などと言われる新人研修は相当ヤバいです。

いや、この場合新人研修がヤバいのではなく、その職場・事業所・法人そのものがヤバいと言っても過言ではありません。

何故なら、昼食場所を指定してくるということは、労働基準法第34条3項に抵触するおそれがあるからです。

(休憩)
第三十四条
③ 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

【引用】労働基準法

利用者と一緒に昼食をとらせる建前としては、

  • 職場の雰囲気に慣れるため
  • 利用者とコミュニケーションを図り、なじみの関係を構築するため

などが考えられますが、要は「休憩時間にも利用者の見守りをさせている」のです。

つまり、それは労働であり休憩ではないため、ちゃんとした休憩を取らせていないという点でも労基法違反となる可能性があります。

こういったことを言う職場は、個別ケアやなじみの関係の構築を謳うユニット型の施設にありがちで、新人職員に限らず他の職員も利用者の生活スペースで休憩を取っているのが特徴です。

 

 

 

最後に

 

今回は、新人介護職員に襲い掛かるヤバい新人研修10選をご紹介しました。

皆様が働いておられる職場の新人研修はどのような感じでしょうか。

もしも今回紹介した内容に当てはまっていれば、それはヤバい新人研修となっているかもしれません。

新人なのですから最初から仕事ができるわけがありません。

その前提で、カリキュラムを組んで順序立てて新人育成をしていくことが大切です。

また、介護現場では、新人育成をする人材(つまりは指導係)も居ない・育てていないという問題もあり、「卵が先か鶏が先か」のような状態になってしまっているケースも少なくありません。

それもこれも、人員が確保できていないとできないことなので、「あいつは使えない」などと言って焼き畑農業のように職員を使い潰していくのではなく、しっかりと育てていくという方針が重要です。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  介護現場で働いていると、 「あの新人使えないな」 などというセリフを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 それは、今現在新人職員である自分に対してであったり、他の新人職員に対 ...

2

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

3

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

4

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.