介護の基礎知識

【介護士】座っている利用者の傾聴をする時に床に片膝を突かない方が良い理由

投稿日:

 

介護現場だったり、介護の宣材写真などでよく見掛けるポーズに「車椅子などに座っている利用者に対して傾聴をしている介護士がキラキラした笑顔で床に片膝をついている(立てている)画」があります。

絵面としては「キラキラ感」や「同じ目線の高さにすることで寄り添う介護らしさ」が出て「さまになる」「見栄えがいい」ということと、片膝をつくことで体のバランスが安定するというのも理解ができます。

しかし、それでもやはり「床に片膝(もちろん両膝も)を床につけない方が良い」と思っています。

今回は、「車椅子などに座っている利用者の傾聴をする時に床に片膝をつかない方が良い理由」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護士が床に片膝を突かない方が良い理由

 

 

介護現場で傾聴をする際に、床に片膝を立てて片膝をついたりしない方が良い理由を解説していきたいと思います(もちろん両膝もですが、そこは含みおきください)。

 

理由①「不衛生」

床に片膝をつかない方が良い最大の理由は「不衛生」だからです。

床には目に見える埃やゴミや汚れだけでなく、目に見えない菌やウイルスがズボンの膝の部分に付着することになります。

手で床を直接触ってしまった場合は手を消毒したり石鹸で手洗いをすればある程度は落ちますが、ズボンの場合はそうもいきません。

膝をつくたびに消毒したり洗濯することは現実的ではありません。

そうなると、汚れや菌やウイルスを付着させたまま仕事をしていくことになります。

自分にとっても不衛生な状態ですし、これから介護をする利用者にとっても不衛生な状態を媒介することになってしまいます。

恐らく、多くの場合はオムツ交換をする際はベッドに片膝を乗せて行うかと思います。

これは、介護者の腰の負担軽減と体勢を安定させるためなのですが、その際に床につけた膝をベッドに乗せるのはやはり不衛生です。

ですから、ベッドに片膝を乗せて介助をするのであれば「床に片膝をつけて傾聴しない方が良い」と言えます。

もちろん、オムツ交換以外でも無意識に膝を触ったり、利用者に接触することで自分が感染源になってしまうために床に膝をつかないようにしたいものです。

 

 

理由②「ズボンの生地が傷む」

床に片膝をつくと、圧迫や摩擦によってズボンの膝の部分の生地が傷みます。

何度も繰り返していると、摩擦でテカテカになってきたり最悪の場合、穴が空いてしまうことになります。

会社から支給されている制服にしろ、自前のズボンにしろ、物は大切に扱いたいですし、わざわざ自分からズボンの生地を傷めるような体勢を取る必要はありません。

 

 

片膝をつかずに傾聴するために

では、片膝をつかずに車椅子などに座っている利用者の傾聴をするにはどうすればいいのでしょうか。

片膝をつくことのメリットは

  • 体勢が安定する
  • 利用者の目線に合わせられる

ということになろうかと思います。

確かに、片膝をつかずにしゃがんだ状態で傾聴をしていて、自分がバランスを崩して尻もちをついてしまえば本末転倒です。

利用者の傾聴をする時は、「介護職員も椅子に座る」ということで解決ができます。

その方が、体勢も安定しますし落ち着いて傾聴できます。

すぐ近くに椅子が無かったり、そんなに落ち着いて傾聴できないは結局はしゃがんだ体勢を取るなどで片膝をつかないようにして傾聴することになってしまうかと思います。

しかし、そもそも「落ち着いて耳を傾けられない」「椅子が無い状態で話を聞く」「介護職員が椅子に座っているとサボっていると思われる」ということが常態化してしまっている環境であれば、潜在的な問題が潜んでいると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

最後に

 

今回は、座っている利用者の傾聴をする時には片膝をつかない方が良い理由について記事を書きました。

既に介護現場で働いている人にとっては重々承知のことかと思われますが、まだご存知ない人に向けた記事になります。

ただ、重々承知をしていても、無意識だったり致し方なく床に膝をつけてしまう場合もあり得ますし、介護職員が業務中に椅子に座って傾聴していることに対して批判的な目が向けられることもあります。

介護職員の意識や知識も大切ですし、介護職員を取り巻く体制や環境づくりも非常に大切です。

介護職員が書類仕事をサービス残業で行わざるを得ない実情とは?

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

追伸:記事に書いて欲しい内容や情報がありましたら、お気軽にコメントやTwitterなどでお知らせ下さい。前向きに検討します。

コメントは「ブログ運営者がチェックし承認した上で表示される設定」になっています。

書き込み後、すぐには反映されませんが、その旨ご了承下さい。

ブログランキングに参加しています。
是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

3

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由 これには賛否両論あって、「収 ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

-介護の基礎知識
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.