介護職員の特徴

介護現場では言い方の善し悪しもあるけど一言多いのも問題

投稿日:

 

介護現場には上から目線だったり、高圧的な言い方をしてくる同僚や上司が存在します。

もちろん、介護現場に限らずどこでもそんな人が存在するのでしょうが、人間関係の劣悪さが有名な介護業界では尚更顕著だと言えます。

言い方の悪さの典型として、例えば、

「そんなことしちゃダメでしょ!」

「わからなかったら聞いてって言ったでしょ!」

というような感情に任せたきつい言い方をしてしまうと、相手は萎縮してしまいます。

この言い方を、

「そのやり方よりもこういうやり方の方がこういう理由で良いと思うよ」

「起きてしまったことは仕方がないから、次から最初に聞きに来てね」

という言い方に変えるだけで印象も心象も精神的ダメージも雲泥の差があります。

ですから、「言い方」というのは非常に重要なわけですが、もう1つ重要なことがあります。

それは「余計なことを言わない」ということです。

つまり、言葉の最後に言わなくてもいいことを敢えて言ってしまう人がいるのです。

今回は、「介護現場では言い方の善し悪しもあるけど一言多いのも問題」ということについて記事を書きたいと思います。

【介護現場の人間関係】注意の仕方が精神的ダメージを与えるやり方ばかりの実情

 

 

 

(スポンサーリンク)

一言多いのも問題

 

介護業界は「言ったもの勝ち」の世界なので人間関係が良くならない「原因と改善方法」

 

相手に与える印象や精神的ダメージが全く違ってくるのですから、言い方には十分配慮する必要があります。

しかし、言い方に配慮しても「一言多い」と結局は本末転倒で、相手に嫌な思いをさせてしまうことになります。

 

一言多いとは

「一言多い」とはどういうことを言うのでしょうか。

例えば、

「〇〇して下さいね、どうせできないでしょうけど」

「〇〇して下さいね、常識があればわかるでしょうけど」

「〇〇して下さいね、今まで何回も言ったけど」

「〇〇して下さいね、誰でもできることだけど」

「〇〇して下さいね、ちょっと考えればわかることでしょ」

などです。

「〇〇して下さいね」のあとの一文が「一言多い」ということになります。

つまり、言わなくてもいいことなのです。

これを言わなければ角が立たず相手にもダメージを与えることがないのに、何故か言わずには居られないという時点で「性格の悪さ」が滲み出てしまっています。

こういう「一言多い性格の悪い人」がいるだけで職場の雰囲気や人間関係が悪くなる原因になります。

介護事業所に存在する「お局職員」の10の特徴と対処法

 

 

一言多い人の特徴

一言多い人の特徴は前述したように「圧倒的に性格が悪い」ということになります。

そして、他にも「相手より優位に立ちたい」「そういうキャラになってしまった」「人の気持ちがわからない」という特徴があります。

例えばネット上でも、「敢えて言う必要はない」ということにもわざわざ何かを言う人がいます(Twitterではクソリプなどと言ったりします)。

言ったことによって、角が立ってしまったりいざこざやトラブルに発展してしまう可能性が出てきます。

そういった場合は、スルースキルを駆使することによってトラブルを回避できるわけですが、スルーしているのは決まって「言われた側」です。

こういった状況も、一種の介護現場の人間関係の縮図と言えるのかもしれません。

但し、残念ながら一言多い人は「論破されてグダグダになるまで言うのをやめない」という特徴があります(Twitterではミュートやブロックができますが、現実世界ではミュートやブロック機能がないため深刻です)。

つまり、言われた側が我慢する方法以外で一言多い人の愚行を根本的にやめさせるためには「こちらも臨戦態勢になり徹底的に叩きのめさなければやめてくれない」というジレンマがあります。

そうなると、言葉の銃弾が飛び交うカオスな状態になるのは介護現場も変わりません。

言い方が悪かったり、一言多い人がいるだけで人間関係が悪化していくため大変問題であると言えます。

介護職員を悩ませる人間関係のストレスの多くは同僚介護職員にあり

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護現場では言い方の善し悪しもあるけど一言多いのも問題」ということについて記事を書きました。

「一言多い発言」は明らかに判断ミスです。

何故なら、相手にとって何もプラスを生まないばかりか、ひいては自分にも跳ね返ってくることになるからです。

要は、その場の感情や配慮不足によって、ほとばしる性格の悪さが溢れ出てしまったに過ぎません。

介護現場では、チームとして介護を行っているのですから、言い方も含め余計な一言を言わないような配慮も重要です。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

追伸:記事に書いて欲しい内容や情報がありましたら、お気軽にコメントやTwitterなどでお知らせ下さい。前向きに検討します。

コメントは「ブログ運営者がチェックし承認した上で表示される設定」になっています。

書き込み後、すぐには反映されませんが、その旨ご了承下さい。

ブログランキングに参加しています。
是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

3

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由 これには賛否両論あって、「収 ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

-介護職員の特徴
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.