介護職員の特徴

介護職員の「給料の話題」は金額もレベルも低い

更新日:

 

介護職員の収入が薄給なのはご周知の通りですが、仲間内や同僚などとの会話をしている中で給料の話になることがあります。

そんな話題の中で「嗚呼、なんだか色々水準の低い話だなぁ」と感じてしまうことがあったので、今回はそのことについて記事を書きたいと思います。

介護現場の質は低空飛行「働き蟻の法則」に似ている?

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護職員の収入は?

 

介護職員の収入は平均してどの程度の水準なのでしょうか。

 

額面月給と年収

介護施設で夜勤が平均5回程度ある場合、額面で

  • 月給20万円~27万円
  • 年収280万円~380万円(ボーナス込み)

といったところでしょうか。

当然、手取りはもっと低くなります。

 

夜勤が生命線

施設介護には夜勤があります。

ワンオペの夜勤体制の施設も多くあり、大変過酷な勤務になります。

この夜勤を1回すると「3000円~10000円(施設により異なる)の手当」がつきます。

中間を取って「夜勤1回5000円」とすると、月に5回程度夜勤をすることで「2万5千円前後」月収を増やすことができるのです。

逆に言えば 夜勤が無かったら介護職員の月給は額面で

「17万円~24万円程になり、手取りは10万円台の水準」

になってしまいます。

大の大人(しかも専門職)が、そんな水準では 「プロの介護職員」 などと名乗る以前に「ワーキングプアのボーダーライン」を競う水準になってしまいます。

ですから、そうならないためにも「回遊魚のように夜勤に入り続ける必要がある」のです。

余談ですが、夜勤がない居宅系介護サービス提供事業所(通所介護、訪問介護等)の介護職員の給与水準は既にワーキングプアのボーダーラインを競い合っている水準だと言えます。

 

 

 

給料の話題は色々「低水準」

 

書いていてイヤになるほど「金額」も「レベル」も低水準な話になります。

しかしこれが現実なのです。

 

「金額が低い」

他職員や他施設の給料が気になるのはとてもよくわかります。

研修で他の施設の職員が集まる場であったり、飲み会の場であったり、同僚との立ち話などで給料の話はよく出る話題です。

「うちは手取りで20万円くらい」

「うちは20万円いかないな~」

「うちは処遇改善手当がちゃんとついてるから手取り25万円くらい」

などという会話をしたりします。

しかしどうしても総じて「20万円台の金額」になってしまうので、金額水準の低い会話になります。

給料が30万円台の話は殆ど聞いたことがありません。

あるとすれば

「先月は夜勤を8回して残業を30時間もしたから手取り30万円あった」

くらいになります。

 

「レベルが低い」

給与について介護職員同士で会話をしていると

「手取り25万円あるなんてすごいな~」

「良い所あったら転職しようかな」

という展開になりがちです。

「少しでも給料の良い施設で働きたい」という気持ちはわかりますが 冷静に考えると

「決して手取り25万円が高いとは言えない」

「どんぐりの背比べに過ぎない」

「自分は何てレベルの低い会話をしているんだ」

とひしひしと感じる時があります。

そりゃ確かに薄給の介護職員にとって「数万円の差」は大きいです(夜勤5回前後に相当します)。

しかし、数万円の差をないがしろにしているのではなく、私がレベルが低いと感じるのは「自分がその水準の土俵にしか立てていない」ということです。

悲しい現実ですが、介護業界では「手取り30万円あったら神」扱いではないでしょうか。

その低水準と夢の無さには絶望感さえ感じてしまいます。

 

 

 

最後に

 

今回は「介護職員の給料の話題は色々低水準」ということについて記事を書きました。

これは「介護職員のレベルが低い」のではなく、「低水準な土俵の上でしか勝負ができない」というところに大きな問題があります。

2019年10月から「業界に10年以上の介護福祉士に月8万円」という新加算が始まりますが、詳細を見てみると恐らく月8万円も支給される人は殆どいないでしょう。

職員個々が資質や能力や経験をいくら向上させても「乗せられた土俵」「与えられた環境」が低水準のままだと「片手落ち」と言わざるを得ません。

【業界に10年以上の介護福祉士に月8万円】結局誰がどれだけ貰えるの?

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護職員の特徴
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.