介護職員の特徴

介護職員だからと言って「プライベートでは下(しも)の世話」は出来ない

更新日:

 

3大介護と言われているのは

  1. 食事
  2. 排泄
  3. 入浴

になります。

もちろん介護現場では、それだけをしていればいいというわけでもなく、最近では 「利用者の心身の状態に合わせた介護をしなさい」 という方針になっています。

他にも書類仕事やパソコン業務など、多岐に渡るわけですが、「プロの介護職員」ならば業務上オールマイティにこなす必要があります。

もちろん得手不得手や個々の突出した専門分野がある場合もありますが、どの分野でも最低限のボーダーラインを上回っているのが「介護職員の専門性」と言えます。

今回は「その専門性を業務外で発揮できるか?」ということについて記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

業務外とは

 

業務外とは仕事中以外の時になります。

つまり、公休などの「プライベートな時間」のことです。

そのプライベートな時間に「介護職としての知識と経験が活かせるのか」ということを考えていきたいと思います。

もちろん、「育児や親の介護の時に介護士としての専門性を活かせた」という人も多くいらっしゃるでしょうが、そういう予定されたものではなく、「業務外で赤の他人に発生した突発的な出来事や予期せぬ事態に介護職としての専門性を活かせるのか?」ということになります。

極端に言えば「日常の中で介護士が必要とされる時代は来るのか」ということになります。

ポジティブに考えれば

「これからは街の中でも介護士が必要とされる時代が来る」

「高齢者や認知症者が増えていくので、きっと介護士の専門性を発揮できる日が来る」

と思えるのですが、ハッキリとそのイメージがつかめないのも事実です。

具体的に日常の中で、どういう場合に介護士が必要とされるのでしょうか。

先日、何となく「こういうことではないか?」と考えていたことがあります。

 

 

 

それは出来ない「下(しも)の世話」

 

先日、健康診断のために病院へ行ってきました。

待合室を見渡すと、ほぼ全員が高齢者でした。

痰がらみの咳払いをしたり大きな声で話し込んだりされていました。

そういう風景を眺めていて

「もし万が一、今この高齢者の中の誰かに、すぐに排泄物や吐物の世話や処理が必要になった時、自分は即座に動けるだろうか?」

ということを考えてしまいました。

「う~ん…無理かも…」

公休なので私服でしたし、グローブ(手袋)もありませんし、仕事のスイッチが入っていない状況で

「下(しも)の世話はちょっと無理」

というのが私の正直な感想です。

もちろん、そういう感想を抱いたのは私だけで、他のプロの介護士は即座に動けるのかもしれません。

プライベートでも即座に排泄物の処理が出来るのが介護士の専門性だとすれば私はプロ失格です。

もし今後、排泄物を垂れ流している人が街にいた場合

「この中に介護士はいらっしゃいませんか?」

と探され指名されるのは少し悲しい気分です。

「この中にお医者様はいらっしゃいませんか?」の件とは雲泥の差があります。

もちろん、仕事ならやりますが「介護職員だからと言って、いつでもどこでも便の処理が出来るわけではない」のです。

 

 

 

最後に

 

今回は「介護職員ならプライベートでも突発的に発生した下の世話ができるのか」ということについて記事を書きました。

結論として「私は無理」です。

では、プライベートで突発的に発生した「食事介助や入浴介助であればできるのか」と聞かれれば、「そんな状況は尚更想像ができない」というのが正直なところです。

今後、日常の中で「この中に介護士の方はいらっしゃいませんか?」と言われるような時代は来るのでしょうか。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事

1

  介護現場の人間関係が劣悪なのは有名です。 「いじめ」「パワハラ」「モラハラ」「揚げ足取り」「吊るし上げ」が横行しています。 そういう劣悪な人間関係の具体的な例として 「気に入らない職員に ...

2

  介護職員をやっていると頻繁に「辞めたい」という気持ちが沸き起こってきます。 仕事自体は他者を支援する素晴らしい仕事だと思っているのですが、やはり退職原因トップ3にあがるような「低賃金」「 ...

3

  周りの人や同級生などから職業を聞かれることは誰でもあるかと思います。 「職業に貴賤は無い」という建て前上の社会なので、自分がやっている仕事に自信と誇りを持って「介護職員をやっています!」 ...

4

  介護事業所で介護サービスを提供したり受けたりする際に「介護士はプロなんだから完璧な介護をして当然」という考え方をしている人がごく稀に存在します。 そういう考え方をしているのは「利用者」だ ...

5

  介護業界が他の業界と比べて異質な理由のひとつとして「人間関係」がありますが、まず感じるのは「挨拶をしない、返さない人が多い」という社会常識では考えられない状態が普通にある、ということです ...

-介護職員の特徴
-, , , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.