介護職員の特徴

介護職員として何歳まで働き続けることができるのか

投稿日:

 

介護職員として働いていて、「自分は何歳まで介護職員として働き続けることができるのだろう」と考えたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もその一人です。

制度や社内規程などの体制的なことで言えば「自分が働き続ける限り何歳まででも働ける」ということにはなりますが、そうではなくて「自分自身が何歳まで持つのか」という不安の方が大きいのが現実です。

今後、介護職員も高齢化していくでしょうから、働ける環境があるのはありがたいようにも見えますが、本当にそれが手放しで喜べるかと言われればそうでもありません。

今回は、「介護職員として何歳まで働き続けることができるのか」ということについて記事を書きたいと思います。

【2025年問題】老老介護は介護現場にも及んでいる

 

 

 

(スポンサーリンク)


介護職員として何歳まで働き続けることができるのか

 

 

個人個人で寿命も違えば健康状態も違ってくるため、「何歳まで」というライン引きをするのは適切ではないかもしれません。

また、「働けるうちは働き続けたい」という人もいれば「老後の見通しさえ立てば早々にリタイアしたい」という考え方の人もいることでしょう。

そういったことも踏まえながら考えていきたいと思います。

 

定年後も嘱託職員として働ける

多くの介護事業所では定年があり、その年齢は「60歳~65歳の間のいずれか」となっているのではないでしょうか。

この年齢も「少し前までは60歳で定年だったのに、現在は65歳が定年となっている」という形で段階的に上がってきている事業所もあります。

また、定年となった後も、再雇用という形で「嘱託などの非正規職員」として働き続けることが可能な事業所も多いようです。

そうなると、「自分の体が元気なうちは何歳でも働ける」という体制や環境があることになります。

 

 

腰痛の悪化など健康状態が心配

介護職員の代表的な職業病が腰痛ですから、仕事を続ければ続けるほど腰痛の悪化が心配になります。

今のところ軽症だったり致命的ではないにしても、「あと数十年も持つだろうか」という不安は払拭しがたいものがあります。

腰痛だけでなく、自分の精神状態や他の持病などの健康状態が悪化すれば「介護職員を続けたくても続けられない」ということになってしまいます。

ノーリフティングケアもなかなか浸透していきませんし、仮に今後導入されることになってもひとたび悪化してしまった致命的な腰痛は元には戻りません。

ノーリフティングケアが日本に浸透しづらい理由とは?高知県がノーリフティング宣言をした結果

 

 

周りにいる高齢職員をチェック

今、自分の周りにいる高齢の職員は、ひとつの「自分の将来を映す鏡」と言えます。

自分が高齢になった際のモデルケースとして、自分の将来を重ねて見ることができるからです。

自分の周りを見渡してみると、50代60代の職員は正職員として普通に働いていますし、70代の職員も嘱託などの非正規職員として何名かいます。

但し、70代以上となるとその絶対数は多くありませんし、定年前に辞めていった人も結構います。

つまり、「健康状態が良好で定年後もバリバリ働ける人でなければ続けていくのは難しい」という当たり前の結論になりますが、もっと言えば「致命的な腰痛や持病を持っている高齢職員は辞めていってしまった」ということがわかります。

やはり、介護職員を長く続けていけるかどうかは、「腰痛や健康状態次第で大きく分かれる」ということになります。

しかし、自分の将来がどっちに転ぶかがわからないため不安があるわけです。

どんなに気をつけていても、意図せぬキッカケで発生することもあります。

そうなれば、「定年前にリタイアせざるを得ない」ということも十分に考えられます。

 

 

そもそも定年後はゆっくりしたい

「歳を取っても元気なうちは働きたい」という考え方の人が多いのかもしれませんが、個人的には「定年後はゆっくりしたい」という気持ちがあります。

「何歳になっても働ける環境」よりも「定年になったら働かなくても生活ができる環境」の方が何倍もありがたいと感じます。

しかし、年金もアテにならない時代ですし、急速に「自己責任論」の風が強まってきている社会情勢がありますので、そうも言っていられないのが現状です。

今後、どっちに転ぶにしても「腰痛などの健康状態で介護職員としての寿命が左右される」ということになります。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護職員として何歳まで働き続けることができるのかということについて記事を書きました。

環境的には、何歳になっても介護職員を続けていくことが可能ですが、個々人の健康状態によってその年齢は変わってくることになります。

腰痛リスクを抱えながら働く毎日の中では自分の将来の不安も大きくなってしまいます。

介護職員を続けていくにしても、そうではないにしても、腰痛や健康管理には十分注意をしていきたいところです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護職員の特徴
-, ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.