介護職員の特徴

介護現場で上司から「えこひいきされている介護職員」の特徴と対処法

投稿日:

 

どの業界、どの産業、どの職場でも「上司からえこひいきされる部下」という存在がいます。

上司の管理マネジメントや能力の欠如によって、「ひいきされる職員」と「ひいきされない職員」が居れば不平等で不健全な状態となり、ひいきされていない職員にしてみれば不満が募ってしまいます。

今回は、介護事業所において上司から「えこひいきされている職員」の特徴と対処法について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

えこひいきされている職員の特徴

 

 

えこひいきされる職員の特徴は、介護事業所に限らずどこ業界であっても共通するものもあります。

 

特徴①「媚びを売るのが上手い」

上司のイエスマンとなり、ゴマを擦ったり媚びを売ることでえこひいきされる対象となります。

介護現場で言えば、上司のケアに対する提案や運営の方針に対して突き詰めて考えることなく手放しで受け入れて常に賛成をします。

「どんなに見え透いたゴマ擦りでもゴマを擦ることに効果がある」という内容が某テレビ番組で放送されたこともありますが、確かに結果的には「ひいきされる」ことで得をしているわけです。

しかし、周りから見ればあまり気持ちの良いものではありませんし、嫌悪感を抱いてしまう人もいるかもしれません。

 

 

特徴②「綺麗ごとばかり言う」

介護現場において、「介護の仕事はお金じゃない」「見返りを求めないのが介護」「利用者のために身を粉にして働く姿が美しい」というような綺麗ごとばかりを言っていれば上司に気に入られることでしょう。

何故なら、介護業界の「やりがいだけを意識させた精神論だけの方針」にマッチするからです。

しかし、そういった「綺麗ごと」を地でいってしまうと、「低賃金」や「サービス残業」や「過重労働」を肯定することになってしまうため、改善するものも改善しません。

介護業界で出世したかったら「綺麗ごと」を言い続けよう

 

 

特徴③「公私混同」

職場の同僚などと、気が合ったり仲良くなればプライベートでも一緒に遊びに行ったりご飯を食べに行ったり飲みに行ったりすることもあるかと思います。

その関係が「上司と部下」で発生してしまうとお互いに公私混同してしまい、えこひいきされやすくなります。

また、介護事業所にありがちなのが「同族経営」や「縁故入社」です。

経営者や上司の血縁関係にあるような人が縁故入社してくると、えこひいきされることになります。

最初はいち介護職員として入ってくる場合もありますが、経営者や上司の血縁なので公私混同によってえこひいきされることでしょう。

そもそも介護職員という一番重要な現場業務をすっ飛ばして、いきなり管理職として入職してくることも多いため、その時点で「既得権益のえこひいき」になります。

「現場経験が無い介護事業所の経営者」色々悲惨な3つの理由

 

 

 

えこひいきへの対処法

 

 

「えこひいきへの対処法」については、既にえこひいきされている職員はどうしようもないので、「えこひいきをしている上司」をどうにかしなければなりません。

上司にどういった対処法が効果的なのでしょうか。

 

対処法①「自分も媚びを売る」

自分の性格上、出来るか出来ないかは別として、自分もえこひいきされている職員と同じことをすれば、えこひいきされるわけです。

しかし、よく考えれば「自分もえこひいきをして欲しい」わけではなく「職場からえこひいきを無くして欲しい」わけですから、ミイラ取りがミイラになってしまうことになります。

 

 

対処法②「理路整然と指摘する」

上司に対して、特定の職員ばかりえこひいきしている事実を理路整然と突きつけ改善を促す方法です。

上司との摩擦や衝突や軋轢を恐れる必要はありませんが、上司もえこひいきを否定するでしょうから話が平行線になってしまう可能性があります。

また、介護現場では「意見(愚痴や文句)を言う方が一方的に悪い」「自分を犠牲にしてでも利用者を最優先させるべき」という風潮が強いため一蹴されてしまいがちです。

ただ、中には「貴重なご意見をありがとう、えこひいきにならないように改善させて頂きます」と真摯に受け止める上司がいる可能性でもゼロではありません。

まぁ、ほぼそんな上司は居ないでしょうが、「言わないとわからない」ということもあるかもしれません。

 

 

対処法③「えこひいきをお願いする」

えこひいきをやめて欲しいのに「えこひいきをお願いする」とはどういうことかと言うと、上司に対して正々堂々と

「私もえこひいきして下さいよ」

と言う方法です。

恐らくそんなことを言われた上司は面食らいます。

「こいつは急に何を言っているんだ」と思われることでしょう。

そこで、現にえこひいきされている職員に対するえこひいきの事実を指摘し、

「私も同じようにひいきして欲しいんです」

と伝えます。

上司に媚びを売るわけでもなく喧嘩を売るわけでもなく、えこひいきの事実を正々堂々と伝え自分へのえこひいきを促します。

これを言われると上司も、えこひいきを否定しつつも「不健全に不健全でぶつかってきたこと」に混乱します。

最後に「ただ同じ対応をして欲しかっただけなので他意はありません」と自分の正当性も添え伝えることで、「えこひいきへの抑止力」になります。

もしまた今後えこひいきが行われれば、すぐに上司の所へ行って「私も同じ対応でお願いします」と伝えると効果的です。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場で上司から「えこひいきされている職員」の特徴と対処法について記事を書きました。

どの業界のどの職場であっても、えこひいきする上司とえこひいきされる従業員は存在するのかもしれませんが、周りから見れば気分も良くありませんし、上司の能力も疑わざるを得ません。

特に介護業界においては、実績や管理マネジメント能力が高いから昇格した上司という人はほとんど存在せず、どんどん辞めていく職員の中から「残った人物」だったり、「ただの縁故」という場合が多いため、上司個人の好き嫌いや公私混同、派閥のムラ社会によってえこひいきが行われやすいのが特徴です。

対処法についても触れましたが、一番大切なことは「自分が有利になるような働き方をする」ということです。

介護現場では「言った者勝ちの世界」であることは過去記事でも書きましたが、自分を守るためには「言われっぱなしではなく自分の意見を声に出していく」ということは間違いなく重要です。

介護業界は「言ったもの勝ち」の世界なので人間関係が良くならない「原因と改善方法」

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護職員の特徴
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.