介護職員の特徴

介護職員は冬でも半袖?暑くて汗をかく介護現場の実情

投稿日:

 

今年は今のところ私の住んでいる地域ではまだ雪が降っていません。

寒波がくるというような予報も今のところありません。

そうは言っても毎日寒いのは間違いないわけですが、「介護現場は暑い」のです。

「寒い寒い」と言われる季節ですが、介護職員として働いていると「半袖でも大丈夫」と言っても過言ではありません(実際、入浴介助は冬でも半袖で行います)。

認知症のある利用者の中には「暑さ」や「寒さ」がわからなくなってしまった人もいますが、「それとは違うものの、状況だけ見れば大差がない状態」です。

今回は、介護職員は冬でも暑くて汗をかいている実情について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護職員は冬でも半袖で汗をかいている実情

 

 

冬なのですから、当然施設内にはエアコンの暖房を入れています。

基本的には暖房を20度~21度設定にしていますが、外気温の冷え込み状態によってそれでも室温が21度を保てない場合があるので「室温が20度~21度」になるように調整しています(浴室や脱衣所はまた別な室温調整ですが)。

室温20度~21度というのが暑すぎず寒すぎず「丁度いい温度設定」になります。

但し、この室温は「普通に生活している人」に対する設定になります。

「動き回っている介護職員にしてみれば汗をかく暑さ」です(私だけかもしれませんが)。

実際、私は冬でも汗をダラダラかいています。

その最たるものが「夜勤での離床介助」です。

 

介護職員は冬でも暑い?

確かに私は暑がりなので、すぐに汗をかきます。

ワンオペ夜勤での朝の離床介助では汗が止まらないことが多々あります。

普通に介助をしていても一人で何人もの利用者の対応をしなければならないために暑く感じるのですが、その時間に固形ではない排便の介助が加わると暑さが増します。

衣服やシーツ類まで汚染していれば尚更です。

先日も、そういった状況があり汗が吹き出し止まらない状態になっていました。

介助がひと段落した後に換気も兼ねて窓を開けると冷たい風が吹き込んできて、「涼しくて気持ちいい」と感じてしまった季節はずれな自分を見て「介護職員は冬でも暑いなぁ」とひしひしと感じました。

 

 

介護職員は冬でも半袖?

私の勤務している事業所の制服(ユニフォーム)は半袖のポロシャツです。

では、冬場はどうしているのかと言うと、半袖のポロシャツの下に長袖のTシャツなどを着ています。

それでも寒い場合は、ジャージ風の上着を着て働いています。

しかし、入浴介助では半袖のTシャツと短パン(ハーフパンツなど)で行っていますし、前述したようにワンオペ夜勤の離床介助など暑くてたまらない時は長袖のTシャツの袖を捲り上げて介助をしています。

ジッとしていれば寒くて少し動くと暑くなる冬の介護現場は、なかなか衣服の調整が難しいと言えます。

 

それでも夏よりはマシ

「冬でも暑い」「衣服調整が難しい」とは言うものの、個人的には夏よりもマシです。

夏場はじっとしていようが窓を開けようが暑くて汗が止まりません(窓を開ける方が暑くなりますね)。

冬場の「暖房20~21度の介護現場」の方が夏場の「冷房28度の介護現場」よりはまだ働きやすいと感じてしまうのは暑さが一因と言えます。

介護施設のエアコンの温度設定「夏は冷房28度、冬は暖房20度」の勘違い

 

 

介護現場にありがちな二極化

冬場になると出勤してきた職員や、介護業務に入らない他職種の人は口を揃えて「寒い寒い」「寒くなったねぇ」などと言います。

当然、制服(ユニフォーム)の上に上着を着ています。

そんな中、介護現場で介助をしているこちらは「暑い」のです。

上着さえ不要です。

冬の介護現場ではこうした「二極化」がみられます。

「寒い寒いと言って上着を着込む職員」と「暑い暑いと言って半袖で汗をかいている職員」の二極化です。

冬は当然に寒いものですから、普通は前者です。

後者は大体が介護職員です。

「こういった二極化は介護現場の特徴」と言えます。

ですから、ひとつの指標として「介護施設内で冬に半袖や袖を捲り上げている職員は十中八九、介護職員」だと言えます。

 

 

 

最後に

 

今回は、冬でも暑くて半袖で働いていたり汗をかいている実情について記事を書きました。

もちろん中には「私は介護職員だけど冷え性だから何をしようが寒くて寒くて仕方がない」「寒がりだから汗なんか一切かかない」という人もいらっしゃるでしょうが、私の周りでは「冬でも暑い」と言っている介護職員が多いように感じています。

特にワンオペ夜勤での離床介助と日中であれば入浴介助をすると冬でも汗をかきます。

少しすれば汗は引きますが、汗が冷えて風邪をひいたり体調を崩しやすくなるので注意が必要ですね。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

追伸:記事に書いて欲しい内容や情報がありましたら、お気軽にコメントやTwitterなどでお知らせ下さい。前向きに検討します。

コメントは「ブログ運営者がチェックし承認した上で表示される設定」になっています。

書き込み後、すぐには反映されませんが、その旨ご了承下さい。

ブログランキングに参加しています。
是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

3

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由 これには賛否両論あって、「収 ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

-介護職員の特徴
-, , , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.