介護職員の特徴

介護職員にストレスを与える「こんな上司は嫌われる5選」

投稿日:2019年10月26日 更新日:

 

介護業界に限らず、上司という存在は部下から疎まれやすいものです。

しかし介護業界では「独特の世界観」を持っている上司が多いため、部下である介護職員はストレスを抱えやすく「上司と合わない」「上司が苦手」「上司が嫌い」という感情を持ちやすい傾向があります。

今回は、介護職員にストレスを与える「こんな上司は嫌われる5選」をご紹介したいと思います。

介護現場のリーダーや上司が部下に舐められる5つの理由

 

 

 

(スポンサーリンク)

こんな上司は介護職員から嫌われる5選

 

 

部下に慕われるような上司であれば一番良いのですが、実際は慕われるどころか嫌われている上司の方が多いのではないでしょうか。

その最大の原因は「人間性が普通じゃない」という一言につきます。

人間誰しも完璧ではなく長所や短所があり、価値観の違いはあるものの、介護現場に存在する上司の多くは「偏り方が極端」なのが特徴です。

では早速、介護職員から嫌われる上司5選をご紹介したいと思います。

 

①えこひいきが酷い

部下である介護職員に対するえこひいきが酷い上司は嫌われます。

派閥と言うと大げさですが、「仲良しクラブ」が公私混同で蹂躙し仲良しクラブに属さない介護職員との扱いの格差が激しいことが特徴です。

そうなると仲良しクラブに媚びを売ったりゴマを擦らなければならないような同調圧力が発生してしまいます。

媚びを売らなければ村八分にされる一種の「ムラ社会」です。

対処法などは下記記事に詳しく書いていますのでご参照下さい。

介護現場で上司から「えこひいきされている介護職員」の特徴と対処法

 

 

②ハラスメントが酷い

介護業界はまだまだ排他的な世界なので、上司からのハラスメントが多い職場です。

  • パワハラ
  • セクハラ
  • モラハラ

などが横行しています。

最近は少しずつ表沙汰になってきたり、コンプライアンスの遵守をうるさく言われる社会情勢になってきたために、徐々には改善傾向にはありますが、それでもまだまだ根強く暗躍しています。

男性上司から女性介護職員に対するセクハラはすぐに御用となりますが、女性上司から男性介護職員に対するセクハラは何故か許されてしまうような風潮があるのが特徴的です。

そもそも、「利用者からのハラスメントを容認」している時点で、それも一種のパワハラでありモラハラです。

ハラスメントが酷く、また、容認しているような上司は部下である介護職員にストレスを与え続けていることになるため、嫌われて当然でしょう。

「利用者からのセクハラやパワハラ74%が経験」現役介護士が考える改善策

 

 

③自分のシフトだけ優遇

部下である介護職員には連休や有休をなかなか与えなかったり、無茶苦茶なシフト、例えば「夜勤→明け→日勤→夜勤→明け→休み」のような組み方をしておきながら、自分は連休や有休を取って悠々自適としている上司はすべからく嫌われます。

要は「自分は棚上げ」「自分を特別扱い」「権限の濫用」なわけです。

部下が納得できないことを平然と行ってしまうデリカシーの無さと図々しさが部下にストレスを与えます。

介護施設の「翌月の勤務表の完成」が遅い6つの理由

 

 

④裏表がある

表面上は良い上司を演じていますが、実は裏では別の顔を持っている上司は部下である介護職員から嫌われてしまうでしょう。

誰しも「裏と表」はありますし、そもそも「介護の仕事自体が介護職員を演じるもの」という面があることは否定できません。

しかし、問題なのは「裏の顔がバレてしまっている」という点です。

演じるなら演じ切らねばなりません。

表では「〇〇く~ん」と猫なで声を出していても、裏で「〇〇(呼び捨て)は面倒くさいやつだ」などと愚痴をこぼしているのを聞かれてしまえば「嫌われる上司の出来上がり」です。

もうその後で、どんなに猫なで声を出そうが取り繕おうが信頼関係が築けることはありませんし、信用されることもないでしょう。

裏の顔を持つ介護職員について

 

 

⑤会話が成立しない

会話の主旨を取り違えたり、文章の読解能力が欠如している上司は部下である介護職員から嫌われてしまいます。

何故なら、話にならないからです。

話にならない上司に存在価値はありません。

日本語はわかっても理解ができず、文字は読めても行間が読めず、「何故こんな人が上司なんだろう」と不思議に思うのですが、上司は上司なので仕方がありません。

この場合に注意しなければならないのは、「上司の指示通り動いたら失敗する可能性がある」ということです。

それで失敗した場合に上司が責任を持ってくれればいいのですが、多くの場合はそうなりません。

ですから、会話が成立しないような上司の場合は「上司の指示を鵜呑みにせずに吟味したり検討したり確証を得てから実行に移す」必要があります。

何とも手間が掛かって世話が焼けて面倒くさいことでしょう。

二度手間三度手間となる上に、上司が存在しない方がスムーズに業務が遂行できるような存在であれば、介護職員はストレスが溜まってしまい相手にさえしたくないと思われてしまうことでしょう。

【介護現場のリスク管理】目の前の業務を疑いながら働くことの重要性

 

 

 

最後に

 

今回は、介護職員にストレスを与える「嫌われる上司5選」をご紹介しました。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということわざもあるように、上司という立場になったり人間として熟していく過程において「謙虚さ」というものは非常に大切です。

逆に言えば、一見筋が通っていたり正論に見える人ほど稲穂の中身はスカスカなのかもしれません。

上司が嫌われないために必要なのは「独特の世界観ではなく常識的な判断」なのです。

「こんなリーダーは嫌だ!」介護現場に求められる「リーダーに必要な資質」は〇〇の人

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護職員の特徴
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.