介護職員の特徴

介護現場でうだつの上がらない「おじさん介護士」が編み出した自己防衛法

投稿日:2019年7月29日 更新日:

 

介護現場はまだまだ女性の割合が多いため、特に中高年の男性介護士は第一印象や日々の言動などで敬遠されやすい環境があります。

とは言っても、確かに「おじさん介護士」には

  • 清潔感
  • 仕事ぶり
  • 言葉遣い

に問題がある場合も少なくなく、改めて自分を見つめ直してみることも必要ではないかと感じています。

そんなおじさん介護士ですが、年齢的なこともあり「辞めても次の職場が見つかるかわからない背水の陣」を感じているからかどうかはわかりませんが、周囲に敬遠されても辞めることなく働き続けている人が多い印象です。

それが良いか悪いかはさておき、今回はそんな「うだつの上がらないおじさん介護士」が編み出した自己防衛法について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

うだつの上がらない「おじさん介護士」の自己防衛法

 

 

うだつの上がらないおじさん介護士はどこの介護事業所にもいるのではないでしょうか。

一度「うだつの上がらないおじさん」というレッテルを貼られてしまうと、常に目をつけられてしまい、やることなすこと注意されたり文句を言われるという状況に陥ってしまいます。

なかなかその負の連鎖から抜け出すことは難しいのですが、私が実際に見た「おじさん介護士が編み出した自己防衛法」をご紹介したいと思います。

 

①「一切気にしていない」

うだつの上がらないおじさん介護士は、常に誰かに何かを言われるかもしれない状況にあります。

必要以上に揚げ足を取る方も問題ですが、確かに突っ込みどころが多いのも問題です。

しかし、海千山千のおじさん介護士は「言われて当たり前」になってしまっているため、一切気にしていないのです。

何か注意されても「はいはいはいはーい♪」などと返答し、逆に楽しそうです。

もう「行ききってしまった感」があります。

それがまた逆に自分の価値を下げてしまうことになるのですが、落ちる所まで落ちたらもう落ちようがありません。

そんな介護士がいることも問題ですが、それが介護現場の現実です。

「勤続年数だけ長いダメな介護職員」の5つの特徴

 

 

②「何か言われそうになったらお菓子を渡す」

私が「これは斬新だな」と思った自己防衛法が、「何か言われそうになったら相手にお菓子を渡す」という方法です。

注意されたり怒られそうな雰囲気を察知すると、お菓子やチョコレートを取り出し「はい、これどうぞ」「いつもお世話になっています」などと言って相手に渡すのです。

急に差し出されたお菓子を受け取ってしまった相手は、「貰ったからにはまずはお礼を言わなくてはならない」と思い「あ、ありがとうございます」「いえいえ、こちらこそお世話になっています」などと返答せざるを得ません。

うだつの上がらないおじさん介護士に場の空気を変えられてしまい、「お礼を言ったあとに怒りにくい」という状況になってしまいます。

しかしお菓子を貰ったからと言って、言わなければならないことは言わなければならないわけですが、そんな空気感なので必然的に言い方が柔らかくなります。

おじさん介護士の斬新であり、涙ぐましい自己防衛法です。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場のうだつの上がらないおじさん介護士が編み出した自己防衛法をご紹介しました。

「お菓子を渡す」という方法は斬新でしたが、いつまでも同じ手は通用しないのではないでしょうか。

しかし、非常に興味深く感じたため今回記事に書きました。

揚げ足を取ったり声を荒げて怒る職場も問題ですが、つっこみどころが多いおじさん介護士も問題です。

「問題」と「問題」が化学反応を起こして「悪化しなければ、それはそれで良いのかな」と思ったりしています。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護職員の特徴
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.