介護職員の特徴

介護事業所に存在する尊敬できない上司の特徴5選

投稿日:

 

介護事業所には色々な上司が存在します。

色々な上司がいるのは介護事業所だけには限りませんが、介護職員の離職理由の上位に常に「人間関係」があるため、介護事業所に存在している上司そのものの人間性であったり、上司の管理能力の問題が大きいと言えます。

確かに、介護事業所において「この上司についていこう」と思えるような人物の存在はあまり聞いたことがありません。

つまり「介護事業所に存在する上司は大体が尊敬できない人達」なのです。

今回は、介護事業所に存在する尊敬できない上司の特徴5選をご紹介したいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護事業所の尊敬できない上司の特徴5選

 

 

介護事業所の上司は、何か実績を残したり指導力が認められて出世していく人は殆どいません。

多くは「縁故入社のエスカレーター式の既得権益」「ポストを埋めるための消去法」で人の上に立つ立場になっているという悲しい現実があります。

ですから、指導力やリーダーシップがないどころか人間性にも問題がある場合が多くあります。

では、そんな「尊敬できない上司の特徴5選」をご紹介していきたいと思います。

 

特徴①「人格破綻している」

特に同族経営で縁故入社した場合は、誰も具申したり反対意見を言ったりすることができず「既得権益による法人の私物化状態」になります。

縁故入社ではなくても、勤続年数が誰よりも長かったり、「お局化」することで「無敵状態」になります。

そういう立場にいる上司の特徴の多くは「人格破綻している」のです。

冷静に話し合うということはまず不可能です。

笑っていたかと思うと急に怒り出したり、ネチネチと嫌味や支離滅裂なことを言ったり、とにかく情緒が不安定なのです。

そんな人格破綻した上司が尊敬できるはずがありません。

介護事業所に存在する「お局職員」の10の特徴と対処法

 

 

特徴②「高圧的」

常に高圧的で、何でも自分の思い通りにしたい上司もいます。

ただただ「偉そう」で「押しつけがましく」「神経を逆撫でし」「話が通じないわからず屋」で非常に気分が悪い存在です。

「偉そうに指示を出すことが上司の役割」だと勘違いしているのです。

上司であれば「正しい指示や判断が出せるような配慮が必要」なのですが、何の配慮もないため尊敬できるはずがありません。

 

 

特徴③「何も判断できない」

上司であれば、報告や相談をした際に何かしらの指示や判断をする必要があるのですが、「何も判断できない上司」もいます。

何か相談しても第一声が「まぁまぁまぁ…」から始まり、最終的には「仕方がないね」「どうしようもないね」で終わります。

自分に責任が降りかかるのを避けるための責任逃れだったり、そもそも判断能力さえ無い場合があります。

結局は現場に判断や責任を押し付けたり、上からの指示を下に伝えるだけの「伝書鳩」の役割しか果たしていません。

何も判断できない上司に存在価値はありませんし、尊敬できるはずがありません。

介護現場の上司の「しんどい時は遠慮なく言いなさい」という無意味な配慮

 

 

特徴④「綺麗ごとばかり言う」

介護現場には理想も大切ですが現実もしっかり見据える必要があります。

現実の悲惨な状況に蓋をして

「介護の仕事はお金に代えられないやりがいがある」

「しんどい時こそ頑張ろう」

などという綺麗ごとばかり言う上司も存在します。

しかし、現場介護士が欲しいのは、綺麗ごとだけの精神論ではなく「現場の実情に沿った現実的な解決策」です。

介護現場を精神世界の新興宗教と勘違いしているようです。

そんな地に足がついていないような綺麗ごとばかり言う上司には誰もついていきたくないでしょうし、尊敬もできるはずがありません。

介護業界で出世したかったら「綺麗ごと」を言い続けよう

 

 

特徴⑤「仕事の大部分が勤務表作成」

介護事業所であれば、勤務表はシフト制となり毎月上司が作成しているかと思います。

「忙しい忙しい…」が口癖の上司をよくよく観察してみると、「1日の大半を勤務表作成」に充てています。

1日の大半ならまだ良いですが、「1ヶ月の大半を勤務表作成」に費やし、他の仕事は殆どしていません。

勤務表を作成するためだけに毎日毎日時間を掛けているのです。

それだけ時間を掛ければ素晴らしい勤務表が完成するのかと思いきや、完成した勤務表を確認すると滅茶苦茶だったり間違いだらけだったりします。

ダラダラと時間を掛けて間違いだらけの勤務表を作ることしかしない「出来損ないのAIのような上司」が尊敬できるはずがありません。

介護施設の「翌月の勤務表の完成」が遅い6つの理由

 

 

 

最後に

 

今回は、介護事業所に存在する尊敬できない上司の特徴5選をご紹介しました。

全てとは言いませんが、介護事業所には記事に書いたような上司が多いのではないでしょうか。

尊敬できないだけならまだ良いですが、ひいてはそれが「退職理由」になってしまうことも往々にしてあります。

介護事業所に存在する尊敬できない上司たちは、部下や一般職員に迷惑を掛けないような働き方と意識改革が必要だと言えます。

介護現場で上司から「えこひいきされている介護職員」の特徴と対処法

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護職員の特徴
-, ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.