介護の基礎知識

「統一した介護」は一番未熟な職員に合わせなければならないのか

投稿日:

 

私はよく「統一した介護」という言葉を使いますが、介護現場ではそれだけ重要なことだと思っています。

しかし、そこには問題点があって、「技術や能力や経験の少ない職員に合わせなければ統一できない」ということです。

つまり、新人職員や経験や知識が少ない職員がいた場合の「最大公約数が低い水準になってしまう」という問題です。

高い専門技術や水準で統一しようとすると

  • 新人職員などの未熟な職員に無理をさせなければならない
  • 無理をすることで新人職員や利用者に負担が生じる
  • アクシデントや事故の発生原因になる

という問題が発生します。

ひいては、ついていけない職員を排除してしまうことになり、益々人員不足になってしまいかねません。

そうならないように「統一した介護は一番出来ない職員に合わせる必要がある」ということになりますが、それではいつまで経ってもケアの質や水準が低いままです。

今回は「統一した介護は一番未熟な職員に合わせなければならないのか」ということについて記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護技術や身体的な問題

 

 

まず抑えておかなければならないのは、経験や技術が未熟というものの多くは「介護技術」や「身体的な問題」であるということです。

対応方法や受け答え方法については、ある程度常識を持っていれば対応可能です。

「こう言われたらこう対応する」

「こういう時はこう対応する」

ということは経験や知識がなくても「情報さえ頭に入っていてそれをアウトプットできれば対応可能」なことです。

ですから、統一した介護の水準を考える必要があるのは「身体介護等の介護技術」である場合が多くなります。

例えば「移乗方法」などです。

これは例えベテランであっても「腰痛などの職業病やその他の持病など」で他の職員と同じ介助が出来ない場合もあります。

また、体が小さかったり、力が弱い職員が、他の職員と同じように一人で移乗などの介助が困難な場合もあります。

この場合、「統一した介護」をするとしたらどの職員を基準にするのが一番良いのでしょうか。

新人職員に先輩職員が「皆その人の移乗は一人でやっている」と言われ、実際にやってみたら転倒させてしまった!ということはあり得ます。

そしてそのことを先輩職員に報告すると「一人で無理なら何で他の職員を呼ばないの!」と叱責を受ける理不尽な状況は介護現場ではあるあるとなっています。

Twitterのフォロワーさんの「介護漫画」がもの凄く的を得ているのでご紹介しておきます。

※ツイート主の「晩御飯はありませんよ(@Lost_dinner)」さんには事前にブログ掲載の許可を頂いています。他にも「介護あるある」的な漫画をツイートされていますので、興味がある方は是非!

しかしそれにしても、これでは「統一した介護」である以前に、介護現場の常識を疑ってしまいます(でも本当にこんなことがあるのです)。

 

 

 

未熟な職員に合わせた上で幅を持たせる

 

 

「統一した介護は一番未熟な職員に合わせなければならないのか」という質問の答えは「YES!」です。

全スタッフが実行可能なことでなければ意味がないのです。

しかし、「それでは介護の質や水準が上がらない」と思われるかもしれません。

そんな時こそ「介護に正解はない」という呪文を唱えればいいのではないでしょうか。

「介護に正解はない」ということの3つの危険性

 

ケアプランに幅を持たせる

介護方法は介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成する「ケアプラン(施設介護サービス計画書)」に記載されています。

そのケアプランに沿って介護サービスを提供するわけですが、例えば移乗方法に関して

「一人介助でトランスファー移乗を行う」

と書いてあるとどの職員もそうすることで統一した介護となります。

しかし、何らかの理由で「一人介助」で「トランスファー移乗」ができない職員がいた場合、統一した介護になりません。

この場合、出来ない職員に合わせて全員が「二人介助で行う」としてしまうのもつらいものがあります。

ですから、幅を持たせて、但し書きのようなものを付け加えれば良いのです。

「状況に応じて二人介助で移乗する」

この一文を付け加えることによって、一人介助で行っても二人介助で行っても「統一した介護」になるのです。

しかも、質や水準は保たれますし、未熟な職員の負担も減り事故も防げます。

 

職員の考え方に幅を持たせる

ケアプランを作成するのは施設ケアマネの仕事ですが、現場の介護職員もそういう選択肢があることを知っておく必要があります。

それによって、未熟な職員も守れますし、利用者も守れます。

また、「水準を維持した統一した介護」も行えます。

これこそ「三方良しの統一した介護」と言えるのではないでしょうか。

 

現場の対応に幅を持たせる

統一した介護では画一的なケアしか出来ないように感じるかもしれません。

しかし、利用者の体調や状態は日々変化していきます。

立位が取れていた利用者が急に立てなくなることだってあり得ます。

ですから、時として昨日とは違った臨機応変な対応をしなければならないこともあります。

大切なのは「画一的な介護」にこだわることではなく「現状の利用者の状態に合わせて情報を共有した介護を行うこと」です。

「統一した介護」も「現場の対応」も、利用者の状態に合わせて変化していくものだということを知っておく必要があります。

未熟な職員も含めてスタッフ全員がそのことを理解できていれば、現場の対応に幅を持たせることが出来るので「一定水準以上の臨機応変なバランスの取れた統一した介護が可能」になります。

要は「技術以前に取り組み方」が重要なのです。

 

 

 

最後に

 

今回は「統一した介護は一番未熟な職員に合わせなければならないのか」ということについて記事を書きました。

その答えは「一番未熟な職員に合わせつつ幅を持たせることが大切」という結論になります。

介護の質や水準を維持向上させていこうとするならば、新人や未熟な職員への配慮が必要です。

決して「新人ばかりだから質の高い介護ができない」「統一した介護ができない」ということではありません。

もしそんなことを言っている事業所や介護現場があるのだとすれば「統一した新人教育制度と新人を育てる能力のなさ」を自ら公言していることと同義なのです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護の基礎知識
-, , , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.