介護の基礎知識

介護職の「専門性」とは一体なんなのか?

投稿日:

 

「介護の仕事は誰でもできる」などと言われたことが介護業界に波紋を広げたこともありましたが、実際問題「介護職の専門性」とは一体なんなのでしょうか。

この部分が明確ではないために「誰でもできる」という印象を持つ人も出てきてしまうことも否めません。

介護業界で働いている多職種の担当している専門分野は以下の通りです。

【各専門職の専門分野】

  • 介護支援専門員はケアマネジメントや苦情の受付等
  • 医療職(看護師等)は医療行為や薬や体調の管理等
  • リハビリ職(理学療法士等)は機能訓練やADLの評価等
  • 管理栄養士は栄養管理や療養食の提供などの食事に関すること等
  • 介護職はケアの内容に関わること等

確かに、この中で「資格が無くても行えるのは介護業務」になります。

今回は「介護職の専門性は一体なんなのか」ということについて記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護職の専門性とは

 

 

そもそも、「介護職の専門性」を個人レベルで考えなければならない時点で、その存在自体が「危ういもの」である気がします。

本当に確立したものがあるのならば、介護職全員が声を大にして同じ答えが出せるはずですが、確立したものがないので個人の価値観や取り組み方や経験や能力で内容にバラつきが出てしまいます。

介護職員を試すように上から目線で「介護職の専門性を答えてみよ!」という質問をする人が出てくるのも特徴的です。

では、実際に「介護職の専門性」について具体的にみていきたいと思います。

 

 

介護福祉士会の見解

「公益社団法人日本介護福祉士会」の見解をご紹介します。

但し、「介護職の専門性」ではなく「介護福祉士の専門性」とされています。

 

介護福祉士の専門性

「介護福祉士の専門性」と言われることはよくありますが、その内容についてはっきり示されたものはありませんでした。 日本介護福祉士会では26年度、研修委員会において都道府県介護福祉士会からのご意見をもとに「介護福祉士の専門性」について明文化できるように検討しました。

【出典・引用元】公益社団法人日本介護福祉士会「介護福祉士の専門性

 

介護福祉士会によると、介護福祉士の専門性は「より良い方向へ変化させるために、根拠に基づいた介護の実践とともに環境を整備することができること」とのことです。

そもそも、「介護福祉士の専門性」について「はっきりと示されたものがなかった」と書いてあります。

つまり、介護福祉士会でさえ、平成26(2014)年になってやっと考え出されたのが「介護福祉士の専門性」ということになります。

 

 

介護職に必要なスキルは?

介護職に必要とされるスキルは色々ありますが、一般的に言われるのが

  • 気づき
  • 共感力
  • 発想力
  • 想像力
  • 傾聴力
  • 観察力
  • 人間力
  • 分析力
  • 判断力

などです。

確かに、それらのスキルが備わっていれば「素晴らしい介護職員」と言えるでしょう。

しかし、よく考えればそれらのスキルはどの職種であっても当てはまるものです。

逆に言えば、それらのスキルを備えていれば、あとは資格さえあれば他の職種でも成功をおさめることができる人だと言えます。

もっと言えば、上記のスキルを全く備えていない人でも、介護職として働けてしまっている現状の方が問題なのではないでしょうか。

「介護職に向いていないから辞める?」向いている人と続けられる人は全く別

 

 

「自己犠牲」が必要不可欠な現状の問題点

今まで、利用者の幸せの追求や自己実現のために、介護職員が「自己犠牲」を払うことで何とか成り立たせてきた経緯があります。

  • 利用者のために自分を犠牲にする仕事
  • 奉仕やボランティアの延長にある仕事
  • サービス残業は当たり前の仕事
  • 見返りや対価を求めないことが前提の仕事
  • 耐えることが美しいとされる仕事

というような風潮がありました。

したがって、介護職に必要不可欠だったスキルが「自己犠牲」です。

段々とそういった風潮は淘汰されてきていますが、今も尚、自己犠牲を払う職員は存在しますし、そうしなければ業務が回らない職場環境があるのも確かです。

しかし、「職員の自己犠牲の上に利用者の自己実現」があり、「職員の不幸の上に利用者の幸福」があるという状況はとても不健全です。

この不健全な状態を改善していかなければ、本当の意味での自己実現は成し遂げられないでしょう。

 

 

介護職の専門性は「自己実現の支援」

介護職員は利用者への間接的直接的な介護によって、その自己実現を支援及び援助しています。

必要なスキルを駆使して(自己犠牲以外)、自己実現が達成されるように介護職は日々、状態の把握や介助などで支援を行っています。

もし、「介護職の専門性」をひと言で言い表すとすれば「自己実現の支援」と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

最後に

 

今回は「介護職の専門性は「自己実現の支援」である」ということについて記事を書きました。

しかし、まだまだ「自己実現の支援」のために「自己犠牲」を払う必要があると考えている上司や事業所もあります。

そういう人達は、介護職の専門性を「自己犠牲」だと思っているのではないでしょうか。

業界全体で、職員の自己犠牲を排除した健全な「自己実現の支援」が行えるようになっていって欲しいと願います。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護の基礎知識
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.