介護の都市伝説

特養の七不思議(3)「望まないのに胃瘻(いろう)」

更新日:

 

今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。

他の七不思議については、下記記事をご参照下さい。

特養の七不思議(1)「食べられないのに食べなさい」

特養の七不思議(2)「終わりが来ているのに病院へ」

特養の七不思議(4)「胃瘻(いろう)をつけて注入量は変えない」

特養の七不思議3つ目は「望まないのに胃瘻(いろう)」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

胃瘻(いろう)とは

 

胃瘻は「PEG(ペグ)」とも言います。

口から食事がとれない人や、食べてもむせ込んでしまったり、誤嚥して肺炎になる可能性が高い人などが「胃に直接取り付けられたカテーテルから栄養を入れる経管栄養のひとつ」になります。

 

特徴

鼻からの経管栄養に比べて本人や介護する人の負担が少ないと言われています。

但し、胃瘻造設のためには、内視鏡を使って腹壁と胃壁に穴を開けてカテーテルを留置する必要があります。

取り外すことも可能ですし、傷口は殆ど目立たなくなると言われていますが、「自分が老衰で口から食べられなくなったらやりたいか?」と聞かれれば「いや~ちょっと…」と思ってしまうのも事実です。

 

種類

胃瘻は抜けてしまわないように腹壁と胃壁を固定されています。

その種類は4種類あり、以下の図がとてもわかりやすいのでご紹介しておきます。

 

【出典】NPO法人PDN

http://www.peg.or.jp/eiyou/peg/about.html

どの種類の胃瘻が適しているのかは、本人の状態に合わせて決める必要があります。

 

 

 

望まないのに胃瘻

 

胃瘻によって、長期の栄養管理が可能になりましたし、口から食べれない人の命を繋ぐ選択肢のひとつとして、必ずしも否定的に捉える必要はないかと思います。

一時的に口から食べれなくなった場合や、機能回復やリハビリのために胃瘻を造設することは効果的です。

 

本人の意思ではない

介護施設の場合、認知症などによって本人の意思が不明であるのに「家族の意思」によって胃瘻が造設されることがあります。

また、「介護施設の都合」もあります。

誤嚥するリスクの高い利用者への食事介助は時間も掛かりますし、とても難しくなります。

どんなに慎重に介助していても誤嚥してしまったり肺炎になってしまう可能性がありますし、事件として取り扱われて最悪の場合「犯罪者」になってしまうリスクさえあります。

また、誤嚥によって入退院を繰り返していると、何のための施設入所なのかわからなくなってしまいます。

そんな「家族や施設の都合」で胃瘻が造設されるのです。

本人の意思確認ができない以上、致し方のないことになるのですが、もし本人が胃瘻を望んでいないのだとすれば「望まないのに胃瘻をしている」ことになります。

 

本人にも負担が大きい

明らかに老衰であるのに胃瘻を造設することは、本人にも負担が掛かります。

老衰の場合は「栄養を口から摂れないから胃に直接送り込もう」と単純にはいかず、嚥下機能だけでなく消化機能なども低下しているために、無理やり栄養を送り込んでも消化しきれなかったり体が受け付けなくなっていきます。

つまり「自然の摂理に逆らっている」のです。

 

胃瘻を造設して介護施設で寝たきり状態

医療の発展により、ある程度の延命が可能な時代になりました。

自分の親や肉親なのですから、誰しも長生きして欲しいと願うのは当然です。

家族や親戚一同で話し合った結果が「延命であり胃瘻」ということであれば、誰も文句は言えません(本人以外は)。

しかし、胃瘻を造設することで幸せな在宅生活を送っているのならまだしも、胃瘻を造設して介護施設で寝たきり状態の利用者はどう感じているのでしょうか。

 

本人の生き方を尊重する時代へ

延命や胃瘻という選択肢があるからこそ、本人の生き方を真剣に考えていく必要があります(昔は選択肢さえ無かったのです)。

人の命が関わるデリケートな問題であるため、家族の意思や希望に他人が口を出しにくいのですが、介護従事者や医療従事者として「自然に看取る」という選択肢を提案していくことも必要になってきます。

もちろん、最終決定をするのは家族ですし、どちらを選択するにしてもその結果に対して前向きにバックアップしたりフォローをしていくことが専門職としての努めになります。

今後益々「超高齢社会」となり、こういった問題に直面する機会が増えてくることが予想されます。

その時に忘れてはいけないのが「まずは本人の生き方を尊重する」ということと「正しい知識と情報を持ち、正確に伝えること」です。

 

 

 

最後に

 

今回は特養の七不思議の3つ目「望まないのに胃瘻」について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

日本は世界でも上位に位置する「長寿国」である反面、「世界一の胃ろう大国」としても有名です。

今後は平均寿命の延びより「健康寿命の延び」が意識されていく時代です。

最期の晩餐は「自分の好きなものを食べたい」ものです。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事

1

  介護現場の人間関係が劣悪なのは有名です。 「いじめ」「パワハラ」「モラハラ」「揚げ足取り」「吊るし上げ」が横行しています。 そういう劣悪な人間関係の具体的な例として 「気に入らない職員に ...

2

  介護職員をやっていると頻繁に「辞めたい」という気持ちが沸き起こってきます。 仕事自体は他者を支援する素晴らしい仕事だと思っているのですが、やはり退職原因トップ3にあがるような「低賃金」「 ...

3

  周りの人や同級生などから職業を聞かれることは誰でもあるかと思います。 「職業に貴賤は無い」という建て前上の社会なので、自分がやっている仕事に自信と誇りを持って「介護職員をやっています!」 ...

4

  介護事業所で介護サービスを提供したり受けたりする際に「介護士はプロなんだから完璧な介護をして当然」という考え方をしている人がごく稀に存在します。 そういう考え方をしているのは「利用者」だ ...

5

  介護業界が他の業界と比べて異質な理由のひとつとして「人間関係」がありますが、まず感じるのは「挨拶をしない、返さない人が多い」という社会常識では考えられない状態が普通にある、ということです ...

-介護の都市伝説
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.