介護業界の異常性

【介護業界の闇】利用者に「胸を触らせること」が神対応なのか

更新日:

 

以前見たニュース報道で、あまり気分が良くないものがありました。

その内容としては

  • 介護現場ではセクハラみたいなことは日常茶飯事
  • セクハラを怒ることはプロとして失格
  • 失禁が多かった利用者が職員へのスキンシップで失禁が止まった
  • 職員の胸を触りたいと言う利用者に「麻痺側の手なら触っても良い」と言ったらリハビリを頑張った
  • そういうかわし方は神対応であり、おしゃれで粋

というものになります。

私は「利用者からのセクハラは受け入れる必要がない」と考えており、更には「今後の介護業界や現場からそういった職員への人権侵害がなくなっていけばいいなぁ」と念願しています。

今回は「同じ介護福祉士でもこうまで考え方が違うのか」と思ったニュースについて記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

ニュース概要

 

「胸触らせて」本当にあった介護セクハラ、美人介護士の“神対応”にSHELLYも驚き

 

キツそう、給料が安そう……などマイナスイメージがつきまといがちな介護の仕事。

毎週土曜夜23時からAbemaTV(アベマTV)で放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、番組MCを務めるSHELLYと共に「介護ほどステキなお仕事はない」をテーマに、現役の介護福祉士たちが介護現場の実態と本音を赤裸々に語った。

介護福祉士とモデル業を両立している上条百里奈さんは、利用者のお世話をする中で、おじいちゃんに「結婚したい!」と求婚されたことがあるという。

シングルマザー芸人・介護福祉士 “ももち”こと柏崎桃子さんも「セクハラみたいなことなんて日常茶飯事」と発言。他の介護福祉士たちも大きく頷いた。

続けて「ものすごく失禁が多かった男性の利用者さんが、私へのスキンシップによってか、シャキッとして、失禁が止まった」という不思議な体験も語った。

SHELLYは「そういうのを怒ったりしないんですね! 相手にするんですね!」と驚いた様子。

上条さんは「怒ることはありえないですね、プロとして失格。例えば私の場合、寝たきりで左側が半身麻痺のおじいちゃんに『どうしても胸が触りたい』と真剣にせがまれたことがあります。

なので『左手(麻痺している方)ならいいですよ~』って答えたら、今まで全然リハビリしなかったおじいちゃんが、その日から一生懸命リハビリしだした。

胸を触りたい、そんなことで『明日も生きたい!』と思ってくれたらそれで充分」と話した。

“欲望とは立派な生きる原動力”であるということを身を持って知っている介護福祉士のかわし方は、さすがプロ級だ。

上条さんの神対応にSHELLYは「夜のお姉さんじゃないけど、お酒の席みたいな、かわし方を身につけていくんですね!」とコメント。

上条さんは「銀座ホステスのクラブのママのブログを熟読し、おしゃれなかわした方や粋なかわし方を勉強した」という。

 

( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

【出典・引用元】livedoor.NEWS

http://news.livedoor.com/article/detail/13834742/

 

 

 

利用者のセクハラを肯定する内容

 

まずひとつ言えるのは、このニュースに書かれている内容は「セクハラを肯定する内容」であるということです。

相手は「高齢者」「利用者」「お客様」「認知症者」だから

  • セクハラは仕方が無い
  • 尚且つ、受け入れるべき

という内容には、正直鳥肌が立ちました。

介護現場において、セクハラを容認してはいけない環境づくりが必要なはずなのに、肯定されてしまっては元の木阿弥です。

 

セクハラを受け入れることを賛美

ニュースを読むと、

「どうしても胸が触りたい」

と真剣にせがむ利用者に

「麻痺側の手でなら触って良いよ」

と答える介護福祉士。

そしてそれによってリハビリを頑張る利用者。

「明日も生きたい」と思ってくれたらそれで充分

だそうです。

女性介護士へのスキンシップで失禁がなくなった男性利用者がいたという内容も書かれています。

「利用者の幸せ」を追求したらそういう対応になってしまうのでしょうか。

そしてそれを「神対応」と言って賛美し垂れ流すTV番組。

「何か違う」

「気持ちが悪い」

「気分が悪い」

「馬鹿にしている」

「馬鹿にされている」

という印象を受けてしまいます。

 

セクハラを受け入れないとプロ失格?

「セクハラは仕方がない」という考え方は、 百歩譲ってそういう考えの職員もいるのかもしれません。

もちろん、「仕方が無い」以前に「どうしようもない」という環境しか準備されていないのも事実です。

「セクハラを怒ることはプロ失格」というようなことが書かれていますが、「ダメなことを怒らないことがプロなのではなく、ダメなことをダメだと言えることが本当のプロ」なのではないでしょうか。

 

介護現場に「特別」は必要ない

こういった対応ができる介護福祉士が「資質が高い」と言われる業界なのでしょうか。

そもそも、介護現場には「統一した介護」が推奨されています。

誰かがセクハラを受け入れているなら、 他のスタッフも受け入れなければ「統一した介護」とは言えなくなってしまいます。

もし、一人でもセクハラを受け入れ、そしてそれが神対応だとするならば、利用者から

「あの職員は触らせてくれたのに、アンタは触らせてくれないのか」

という事になりかねません。

「この施設は統一した介護が出来とらん!」

とお叱りを受けるかもしれません。

それとも、情報を共有して統一した介護をするために、スタッフ全員が利用者から体を触られ続けなければならないのでしょうか。

そんなバカな話はありません。

たった1人の職員のスタンドプレー(神対応らしいですが)によって、他のスタッフも迷惑を被ることになります。

介護現場に「特別」は必要ないのです。

 

新たなハラスメントを生じさせる

もし、自分の職場に同じようなことをしている女性スタッフがいたらと想像すると、とてもおぞましい気分になります。

そういう対応をやめるように言ってしまうかもしれません。

しかし、そういった「セクハラを受け入れている現場」を見せられることによって、不快になる同僚や他利用者がいたとしたら、その行為自体が「セクハラ」や「モラハラ」ではないでしょうか。

1人でもセクハラを受け入れる特殊な対応をする職員がいるだけで、職場は更なる「ハラスメント」を生じさせる危険があるのです。

 

 

 

介護保険外でやればいい

 

介護現場の多くは「介護保険という税金で運営」されています。

財源が乏しく、なかなか介護職員の給与水準も上がらない状態の中で、わざわざそんなセクハラまで受け入れるサービスまで提供する必要はありません。

但し、介護の行きつく先として、「セクハラも受け入れる」という選択肢があるのだとすれば、介護保険外のビジネスモデルで検討されてはいかがでしょうか。

例えば

  • セクシャルケアセンター
  • 認知症対応型老人ケアキャバレー
  • セクシャル老人ホーム

などで実費で利用をしていけば問題はありません。

  • 欲求を満たされたい高齢者
  • 満たしてあげても良いと考える介護士

が集まるのですから、ビジネスとしては成立するのではないでしょうか。

そして誰も不快な思いもしませんし損もしません。

 

 

 

最後に

 

今回は「介護現場でセクハラを受け入れることが本当に神対応と言えるのか」ということについて記事を書きました。

介護現場では今なお

  • セクハラ被害に遭い、受け入れられずに一人で悩み苦しんでいる介護士
  • セクハラ利用者をどうにかしたいと奮闘している介護士や事業所
  • 利用者なら何でも許されるという悪しき習慣を断ち切るために努力をしようとしている人達

が存在します。

そういう人達にとって「セクハラを受け入れる介護士を神対応と賛美し、誤解を招く情報発信」は明らかに逆風となります。

このニュースを目にした一般の人や世間の人や高齢者やその家族などが「介護士はセクハラも受け入れてくれる」と思われてしまうことがあれば大変遺憾に思います。

介護現場ではセクハラは受け入れられませんし容認もできません。

むしろ排除していく必要があるものです。

同じ介護福祉士でも、こうまで考え方が違って、一方では賛美される内容に「違和感と不快感」を覚えてしまうところに「介護業界の闇」があるのかもしれません。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護業界の異常性
-, , , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.