介護の基礎知識

ショートステイは特養より仕事が楽なのか?「両者の具体的な違いは?」

投稿日:2019年4月28日 更新日:

 

よく言われたり小耳に挟んだりするのですが、「ショートは特養より仕事が楽ですよね」と言っていたり思っている職員が結構多いようです。

どちらが楽か楽じゃないかは、業務の内容や質が違ってくるので一概には言い切れないのですが「ショートステイの方が楽」と言いきれてしまう人は、「業務をケア(介助)だけに限定した見方しかできない短絡的な思考の人」ではないでしょうか。

ショートステイも特養も、どちらも数年ずつ働いていた経験がある私が、その質問の答えを書いていきたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

そもそも介護サービスの種別が違う

 

そもそも、特養とショートステイは介護サービスの種別が違います。

種別とは「施設系介護サービス」か「居宅系介護サービス」かの違いのことです。

特養は「施設系介護サービス」になり、ショートステイは「居宅系介護サービス」になります。

まずはこの違いを理解しておく必要がありますが、よくわかっていない介護職員も多いのではないでしょうか。

毎日ただ単純に「目先の介護業務をこなしているだけ」の介護職員では情報弱者となってしまいます。

自分の働いている業界の制度や情勢にもっとアンテナを張っておくことが大切です。

ショートステイも介護施設という建物で泊まりの介護サービスを提供するので「施設系介護サービス」だと誤解をしやすいのですが、厳密には「短期入所生活介護」という名称の「居宅系の介護サービス」になります。

特養は「施設系介護サービス」を「施設で提供する」のでわかりやすいかと思います。

 

 

 

特養とショートステイの具体的な違い

 

 

特養とショートステイの違いを具体的に書き出して確認していきたいと思います。

 

【特養】

サービス種別 施設系介護サービス
担当ケアマネ 施設ケアマネ
入所条件 要介護3以上(特例あり)
利用方法 長期的な利用(終の棲家)
その他の特徴 ・看取り介護あり

・入所者の住所は施設の住所となる場合が多い

【主な業務内容】

  • 要介護3以上の利用者の介護
  • 施設内の多職種との連携
  • ほぼ決まった人数と同じ利用者の介護(居室も変わらない)
  • 1~2週間に一度リネン交換(汚染時は都度)
  • 施設行事の強制参加
  • 日用品などの購入管理

【介護保険制度破綻①】特養の入所を要介護3以上に制限したことで「ねじれた介護現場」

 

 

【ショートステイ】

サービス種別 居宅系介護サービス
担当ケアマネ 居宅ケアマネ
入所条件 要支援1~2、要介護1~5
利用方法 短期的な利用、宿泊
その他の特徴 ・看取り介護なし

・入所者の住所は自宅の住所のまま

【主な業務内容】

  • 要支援1以上、要介護1以上の利用者の介護
  • 施設内の多職種と外部事業所の多職種との連携
  • 毎日、入退所の送迎、翌日以降の送迎手配
  • 利用者の居室の設定(部屋割り)
  • 実績表の作成、食事箋の確認
  • 毎日、違う人数と違う利用者の介護(居室が変わる)
  • 毎日、退所者の居室のリネン交換(汚染時は都度)
  • 入退所の迎い入れと送り出し
  • 入退所利用者の荷物チェック、ボディチェック
  • 退所利用者の連絡ノートの記載
  • 月次報告書の作成

 

 

介護度が高いほど業務負担や量が多いわけではない

こうして書き出してみると、特養は「重度の要介護者を介護する必要があるが、その他の業務量は多くない」、ショートステイは「重度の要介護度の利用者は特養よりも多くはないが、その他の業務量が多い」ということがわかります。

しかし、介護度が高いからと言って介護が大変で、軽いから楽というわけではありません。

要介護5の寝たきりの利用者は生活の全てに介助が必要ですが、要介護1~2の「一部介助」「半介助」の利用者の方が介護が大変な場合があります。

三大介護と言われている「食事」「排泄」「入浴」にしてみても、一部介助の利用者は「自分でできる所や自分で行いたい所は自分でやってもらって、介護職員はできない部分を介助する必要がある」ので、それまで待っておく必要があります。

つまり、一部介助の方が時間が掛かるのです。

また、認知症があるのに体は元気な利用者の場合、

  • 徘徊
  • 帰宅願望
  • 異食や盗食
  • 暴言や暴力
  • 転倒などのリスク

の対応が必要になってくる可能性が高くなります。

これらの行動をする利用者の介護は、寝たきりの利用者の介護よりも大変になってきます。

暴力を振るう利用者さえ容認するのが介護なのか

 

 

 

結論

 

最後に、結論を申し上げようと思います。

当たり障りのない結論になってしまい申し訳ないのですが、結論として「特養もショートステイもどっちも大変」だと思います。

では何故、「ショートの方が仕事が楽」と言い切ってしまう職員が出てくるのでしょうか。

恐らくそういう人は「利用者の介護度や自立度」だけを見て「肉体的疲労」のことしか思いを馳せられないのだと思います。

そういう意味で、冒頭で申し上げました通り、「業務をケアだけに限定した見方しかできない短絡的な思考の人」と言えます。

確かにショートは介護度が軽い人も利用できますし、利用人数が少ない日もあります。

退所者が多い日は日中は荷物チェックやボディチェックや送り出しなどでてんやわんやになりますが、泊まりの利用者の人数が減るので夜勤者にとっては「少しはマシな環境」であると言えます。

そういったことを総合的に判断すると、「結局、どっちも大変」と言えます。

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護の基礎知識
-, , , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.