介護の基礎知識

介護職員が体調不良で仕事を休む時に症状を根掘り葉掘り聞かれる理由

投稿日:2019年7月8日 更新日:

 

介護職員だって体調を崩してしまう時があります。

そんな時は、その旨を会社の電話して休むことが必要です。

それは、自分のためでもあり、利用者のためでもあります。

一般的に考えると、「体調不良であれば休む」ということは当たり前のことになるのですが、人員不足の介護事業所では「とりあえず出勤してから考えよう」などと言うトンデモナイ上司が居ることは過去記事にも書きました。

介護現場の上司の「しんどい時は遠慮なく言いなさい」という無意味な配慮

そんな頭が沸いていて気が確かではないことを言う上司は滅多に居ないでしょうが、共通して言えるのは「体調不良の症状を根掘り葉掘り聞かれる」ということです。

「頭痛がある」「腹痛がある」「熱がある」「熱はいつからで何度くらいか」「症状はいつから出ているのか」「何か変な物を食べた記憶はあるか」等、プライベートにまで踏み込んだ質問がされることになります。

正直、こちらとしてはしんどくて早く会話を終わって病院受診をしたり、ゆっくりと休みたいのに、長々と根掘り葉掘り質問をされることでもの凄くストレスを感じたり、「仮病を疑われているのか?」と疑心暗鬼になったりします。

今回は、「介護職員が体調不良で会社を休む時に、症状を根掘り葉掘り聞かれる理由」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

症状を根掘り葉掘り聞かれる理由

 

 

体調不良なのですから、せいぜい「熱が38℃あるので今日と明日は休ませて頂きます」程度の内容で充分な理由付けになるはずです。

もちろん、常日頃の勤務態度や休みがちな出勤状況であれば「仮病」や「ズル休み」を疑われている場合もありますが、そんな人はごく稀でしょう。

では何故、症状を根掘り葉掘り聞かれるのでしょうか。

 

理由①「症状を聞いて病気を予測する」

もちろん、病名の最終的な診断は、体調不良で休んだ職員が病院受診をして医師の診断が出たあとになります。

しかし、その受診と診断が何時間後になるかわからないため、介護事業所の医療職(看護師等)が、大体の予測をします。

予測と言ってもハッキリとした病名や診断はできないので「取り急ぎ感染症の疑いがあるかないか」を予測します。

感染症の蔓延は介護事業所が恐れるもののひとつであるからです。

例えば、「インフルエンザ」や「感染性胃腸炎(ノロウイルス等)」です。

感染症が疑われる場合は、事業所内で早急な対応が必要となります。

体調不良で休む職員だけの問題ではなくなります。

その理由は次に書きますが、その「初動」が早ければ早いほど、万が一の施設内感染の蔓延を最小限に抑えることができるのです。

介護職員は生牡蠣を食べてはいけない?その理由は?

 

 

理由②「グレー扱いの対象や対応方法を絞り込む」

「いつから症状があるのか」という質問は感染症の場合「潜伏期間」を考慮するためです。

感染症によっては、症状がなくても感染力がある「潜伏期間」が存在する場合があります。

その潜伏期間と思われる期間に、体調不良になった職員が出勤をしていた場合、その職員が接した「利用者や職員をグレー扱い」にする必要があります。

グレー扱いとは、「感染しているかもしれない人物として扱う」ということです。

グレー扱いとなる対象を絞り込んで、改めてバイタル測定や体調の確認を行う必要があります。

また、「対面での対応を禁止」したり、「集団で行うレクや体操を自粛」したりすることで、更なる感染のリスクを潰していく対応が必要です。

もちろん、感染症の疑いがないことが分かればそういった対応をする必要もなくなります。

ですから、体調不良で休む介護職員は症状を根掘り葉掘り聞かれるのです。

 

 

 

病院受診と結果の報告も求められる

 

 

介護職員が体調不良で休む場合は、前述したような理由があるため根掘り葉掘り症状を聞かれます。

それと同時に、介護事業所は「感染症かそうでないか」の確定診断の結果も欲しいので、病院受診と受診結果の報告も求めてくる場合が多いと言えます。

診断結果が感染症でなかった場合は、介護事業所内のグレー対象や感染症対応を解除できますし、万が一、感染症だった場合は、対応や対策を緩めることなく、益々感染拡大防止に努めていく必要があります。

また、感染内容や状況によっては、地域を管轄する保健所への報告や届けも必要になってきます。

したがって、介護職員(だけに限りませんが)が体調不良で休む時は

  • 症状を根掘り葉掘り聞かれる
  • 病院受診を指示される
  • 受診結果の報告を求められる

ということになります。

普通の会社とは違い、介護事業所は「免疫力が低下した高齢者が集まり共同生活をしている場」になりますので、感染症や施設内感染の対策には特段の配慮が必要になってきます。

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護職員が体調不良で仕事を休む時に症状を根掘り葉掘り聞かれる理由」について記事を書きました。

「介護職員のプライバシーを侵害しやがって」

「仮病を疑っているのではないか?」

と言って事業所の体質を責めたくなってしまう気持ちもわからなくもありませんが、「感染症対策」であることに鑑みれば「致し方がない当然のこと」であることも理解が出来ます。

もちろん、体調不良で休む時は介護職員でなくても全職種が同じような対応が必要なのですが、現場最前線で業務を行い、一番利用者に接する機会の多い介護職員は特に神経質な扱いをされます。

今回の記事の内容は、介護従事者であれば「そんなことは既に知っている」という人も多いことでしょう。

しかし、もしまだ知らない人がいるのだとすれば「そういう経緯や情報を周知させていない事業所にも問題がある」と言えます。

また、介護従事者以外の人にも「そういうこともあるんだなぁ」程度で、介護現場の実情について知って貰う材料にして頂けたら幸いです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護の基礎知識
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.