介護職員の求人

1年中求人募集をしている介護事業所は恥ずかしくないのだろうか

投稿日:

 

多くの介護事業所は人員不足です。

人員不足の介護現場で働く介護職員は、過重労働により劣悪な環境の中に身を置いています。

反対の側面から見れば「人員不足の介護事業所ばかりのお陰で業界全体で有効求人倍率が高く転職しやすい」とも言えます。

しかし、「求人募集が多くて食いっぱぐれがない」と言えば聞こえは良いですが、要は「いくら募集をしても人員が満たされることのない業界」ということになります。

中には、いつ見ても求人募集をしている「常連介護事業所」も多々あります。

今回は、「1年中求人募集をしている介護事業所は恥ずかしくないのだろうか」ということについて記事を書きたいと思います。

「人員不足の介護事業所」に求人応募がこない3つの原因

 

 

 

(スポンサーリンク)

1年中求人募集をしている介護事業所

 

 

求人募集はハローワークであったり転職エージェントや自社ホームページなどで行われるわけですが、どの媒体であっても「人員不足だから募集をしている」わけです。

ハローワークや自社ホームページであれば無料で求人募集ができますし、エージェントなどは有料であったり仲介手数料が発生するものの、お互い(事業所と求職者)の希望がマッチングしやすいというメリットもあります。

ハローワークを通せば事業所は助成金が貰えたり、求職者は再就職手当が支給される制度があるため、お互いにとって大きなメリットだと言えます。

しかしながら、様々な媒体で「1年中求人募集をしている介護事業所」は恥ずかしくはないのでしょうか。

 

自分が事業主だったら恥ずかしい

物の考え方や価値観は人それぞれですから、1年中求人応募をしていても恥ずかしくない人もいるのかもしれません。

しかし、もし私が事業主だったら「とっても恥ずかしい」です。

募集し続けても応募が来ず、通年して「ずっと応募が来ない常に人員不足の悲惨な事業所です」という札をぶら下げているのと同義だからです。

 

 

募集しないと応募は来ない

いくら求人募集を掲げ続けることが恥ずかしいとは言っても、募集をしなければ応募者も来ないわけです。

ひょっとしたら、「1年中求人募集をしているのは恥ずかしいけど応募が来ないから仕方がない」という状況なのかもしれません。

しかし、闇雲に募集し続けるのではなく「応募が来ない理由」を考えて改善していくことが大切ではないでしょうか。

 

 

精一杯の変更点は「急募」

いくら募集しても応募が来ないのは「何か問題や理由があるから」です。

それは例えば、

  • 給料が低い
  • ボーナスが無い(又は少ない)
  • 退職金がない
  • 年間休日が少ない
  • 事業所の評判が悪い

などですが、これらを改善しようとすると事業所の根幹から改革していかなければなりません。

しかし、そもそもそんな改革ができる事業所であれば「人員不足にはなっていない」のです。

人員不足になった原因も追究せず、精一杯絞り出した変更点は求人票に「急募」とするくらいです。

急募としても誰も応募しない状況は恥ずかしいとしか言いようがありません。

 

 

ブラックの可能性大

求職者もバカではないので、いつ見ても募集している事業所はチェックしていますし、最近はハローワークの職員が「ここはずっと募集しているからちょっとねぇ…」などと教えてくれることもあります。

つまり、1年中求人募集をすることで逆に応募が来なくなるという悪循環に陥っていることになります。

そして、多くの人の共通認識として「1年中求人募集をしている=ブラックの可能性が高い」ということがあります。

そして、事実そうなのです。

1年中求人募集をすることで、ブラックの可能性を介護事業所自らが公言していることになり、恥ずかしさを通り越えて図々しいのです。

 

 

情報弱者を待っている

1年中求人募集をしている介護事業所は、恥も外聞もなくクモの巣のように張り巡らせた糸に「情報弱者が引っ掛かるのを待っている」のです。

そして、応募があればどんな人材であろうが誰でも雇い入れることでしょう。

とりあえずの「頭数」が必要なのです。

そんなことをしているからどんどん職員が辞めていくことになり、1年中求人募集ばかりしているのが介護業界の現状です。

介護現場では優秀な人材から先に辞めていく3つの理由

 

 

 

最後に

 

今回は、「1年中求人募集をしている介護事業所は恥ずかしくないのだろうか」ということについて記事を書きました。

人員不足や求人応募が来ない原因を突き詰めることなく、恥も外聞もないブラック体質の介護事業所が、情報弱者の求職者を捕まえるためにクモの糸のように1年中求人募集を張り巡らせているのが現状です。

そんな事業所には「応募が来ない来ないと嘆いているだけでは何も変わりませんよ」「自分が変わらないと人は変わりませんよ」とお伝えしたいところです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】

・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

・介護のお仕事が初めての方
・無資格で働きながら、資格取得をしたい方
・ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
・すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
・経験や資格があり、好条件で転職をしたい方


>>>無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

3

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由 これには賛否両論あって、「収 ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

-介護職員の求人
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.