介護職員の将来性

「綺麗ごとばかりの研修」でも会社から打診があれば受講した方が良い理由

投稿日:2019年6月22日 更新日:

 

介護業界には民間資格も含め様々な資格や研修が存在します。

現在、介護職員が取得しておいた方が良い王道の資格と研修は

  • 初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士国家資格

の3つになろうかと思います。

介護職員として働いている場合、「介護福祉士国家資格がほぼゴール」と言える最高潮の資格でした。

その後は、介護支援専門員(ケアマネ)資格や社会福祉士国家資格などの取得を目指す人もいらっしゃるかと思います。

他にも様々な民間資格や研修などがありますが、上記の「王道資格」さえ押さえておけば特に問題はない状態です。

なんせ、民間資格を取得したり研修を受講したところで

  • 資格手当がつかない
  • 使い道がほぼ無い
  • 綺麗ごとばかりで苦痛
  • 時間とお金が掛かりすぎる

というデメリットの方が大きかったのです。

しかし、介護報酬の改定や情勢の中で、「例え綺麗ごとばかりの研修でも会社から打診があれば受講しておいた方が良い研修」が出てきました。

今回は、会社から研修出席の打診があれば受講しておいた方が良い研修とその理由について記事を書きたいと思います。

「民間資格が異常に多い介護業界」資格取得で将来性はある?

 

 

 

(スポンサーリンク)

受講しておいた方が良い研修とその理由

 

 

綺麗ごとばかりで実際の現場にあまり活かせないような内容の研修は受講すること自体が苦痛になります。

右を向いても左を向いても研修だらけの業界ですから、十把ひとからげに「研修そのものに拒否反応」が出てしまいがちですが、この研修だけは押さえておいた方が良いと思うものをご紹介します。

 

受講しておいた方が良い研修

  • 喀痰吸引等研修
  • ユニットリーダー研修
  • (※認知症介護基礎研修→)認知症介護実践者研修→認知症介護実践リーダー研修

上記研修は会社から打診があれば、是非出席して修了しておくことをオススメします。

※認知症介護基礎研修は、実務経験が2年以上あれば受講しなくても認知症介護実践者研修から受講可能。

 

 

受講しておいた方が良い理由

一番大きな理由が「国が研修修了者を配置するよう推奨してきた」ということです。

つまり「加算」です。

役に立たない綺麗ごとばかりの研修でも修了者がいれば事業所が加算を取れるのです(喀痰吸引に関しては業務範囲が広がるので自分のためにも是非取得しておきたいですね)。

加算が取れるということは「職員としての価値が上がる」ということです。

そこには人間性だとか資質だとか能力は関係ありません。

加算という名の「お金」を多く取得できる存在である、という点で価値が上がるのです。

価値の高い職員ほど、事業所は欲しいはずです。

そうなると、現在の職場に貢献できるだけでなく「万が一の転職にも有利に働く」というメリットがあります。

ですから、「会社から研修受講の打診があれば受けておいた方が良い」と言えます。

 

 

自分のタイミングで受講することが難しい

普通の人は、会社から打診があれば拒否することなく受講されているかと思います。

会社からの打診は関係なしに自分が受講したいと思った時に自分のタイミングで受講しようとすると大きな問題が2つあります。

  1. 事業所の推薦が必要な研修が多い
  2. 受講料が高額

という問題です。

微々たる加算を取るために高額の受講費を集める胴元のやり方は「本当にいけ好かない」のですが、介護業界がそういう搾取方針を固めているので、今後も介護業界で働いていくのならば「会社から打診があれば受講して修了しておく方が無難」だと感じています。

 

 

 

最後に

 

今回は、綺麗ごとばかりの研修でも会社から打診があれば受講しておいた方が良い研修とその理由について記事を書きました。

修了しておけば事業所としても加算の対象となるため修了者の存在そのものが欲しいわけですし、ひいては自分のためになります。

2019年10月から始まる業界10年以上の新加算でも「ユニットリーダー研修修了者」は優遇される可能性もあります。

「認定介護福祉士」というちょっと意味がよくわからない民間資格も登場しています。

課金アイテムを次々と登場させ、「高額な課金をしなければクリアできないゲームと同じ状態なのが介護業界」だと言えます。

 

介護業界に存在する「無意味な研修やセミナー」を見分ける5つの視点

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-介護職員の将来性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.