介護職員の将来性

「素晴らしいのにお薦めできない」矛盾に満ちた介護の仕事をお薦めできる職業にする方法

投稿日:

 

以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。

【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由

これには賛否両論あって、「収入や社会的地位が低かろうが、介護の仕事は素晴らしいものなのだから誇りと自信を持つべきだ」という意見の人もいらっしゃることでしょう。

では、もう少し突っ込んで「自分の子供にも是非やって欲しい仕事か?」と聞かれたらどうでしょうか(子供がいると仮定した場合)。

本当に素晴らしい仕事だとすれば、自分の子供にも是非やって欲しいはずです。

私の個人的な意見ですが、もし自分の子供が「介護士になりたい」と言ってきたら、必死になってやめるように説得します。

身を呈してでも引き留めます。

もちろん、そういう「ひと悶着」があって、「それでも介護職員になりたい」という意志の強さがあるならやればいいかとは思いますが、最初から「どうぞどうぞ」とは言いにくいのが正直な気持ちです。

それは、自分が愛する大切な人には「もっと良い選択をして欲しい」と考えてしまうからです。

若者に介護の仕事をオススメしない3つの理由

今回は「介護の仕事は素晴らしくて自信と誇りを持つべきだ」という反面、「自分の子供にはお薦めしない」という矛盾に満ちた介護の仕事を「お薦めできる職業にする方法」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

親が自分のやっている仕事をお薦めする職業

 

 

毎年、「将来なりたい職業ランキング」というようなものがありますが、子供がなりたい職業に介護士がランキングしないのは現状では仕方がないとして、「親が子供に自分と同じ職業に就いてくれたら嬉しいなぁ」と思うであろう職業を考えてみたいと思います。

それは、親自身が自分の仕事に誇りを持っているからにほかなりません。

 

医者

親が医師の場合、子供も医師になる確率が高いように感じています。

それは子供の時から自分と同じ医者になれるような配慮や誘導があるのではないでしょうか。

目指すは「医学部」です。

 

弁護士

親が弁護士の場合、子供も弁護士や司法関係の仕事をしている確率が高いように感じています。

こちらも医者と同じように、子供の時からの配慮や誘導があるのではないでしょうか。

目指すは「法学部」です。

 

公務員、教師

親が公務員や教師の場合、子供も公務員や教師になっている確率が高いように感じています。

同じように、子供の頃から配慮や誘導があるのではないでしょうか。

教師であれば目指すは「教育学部」です。

 

政治家

親が政治家であれば、子供も政治家になる確率が高いように感じています。

政治家の場合もそれなりの配慮や忖度があるのではないでしょうか。

政治家で二世や三世が多いのも頷けます。

 

芸能人、タレント

親が芸能人やタレントであれば、その子供も芸能界でデビューする確率が高いように感じています。

普通の人ではなかなか入れないのが芸能界ですが、芸能界で「ある程度の地位」を築いた親の配慮があれば入りやすいと言えます。

二世タレントが多く存在するのもその証拠ではないでしょうか。

 

自営業や会社社長

親が自営業や会社の社長であれば、子供もその跡を継ぐ可能性が高いのではないでしょうか。

親が親方なのですからエスカレーター式です。

同族経営の会社や血脈相承されていく法人が多いのは、親の配慮があると考えれば当然と言えば当然です。

 

看護師

親が看護師だとその子供が女性の場合は看護師になる確率が高いように感じます。

「親の職業に憧れて、魅力を感じて」という理由もあるのかもしれませんが、どちらにしても親も嬉しさを感じるのではないでしょうか。

看護師も「お薦めできる素晴らしい職業」だと言えます。

 

 

 

介護士をお薦めできる職業にするためには

 

 

では、親が介護士の場合、子供にお薦めできるような職業なのでしょうか。

 

Twitterのアンケート結果

皆さんの意見も聞きたくて、Twitter上で以下のアンケートを行いました。

アンケートにご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

結果は、総票数221票で集計すると以下になります。

絶対お薦め!是非やって欲しい! 2% 4人
お薦めはしないけど自分がやりたいなら 60% 133人
絶対お薦めしない!身を呈してでも止める 36% 80人
その他 2% 4人
合計 100% 221人

※小数点以下四捨五入

介護の仕事を「お薦めしない人」が全体の96%(213人)でした。

その上で「自分がやりたいならやればいい」という人が全体の60%(133人)です。

「絶対お薦めしない!身を呈してでも止める」という人も全体の36%(80人)いらっしゃいました。

正直、その気持ちはよくわかります。

特筆すべきは「絶対お薦め!是非やって欲しい!」という人が全体の2%(4人)で、殆ど存在しなかった点です。

この結果から、結局は自分の子供には「是非やって欲しい!」と断言できる職業ではないことがわかります。

 

子供には子供の選択肢がある

「子供自身がなりたい職業に就けばいい」というご意見はごもっともです(私もそう思います)。

しかし、私が今回指摘したいのは「介護の仕事は素晴らしいのにお薦めできない」という矛盾についてです。

「素晴らしいからお薦めしたい」

「素晴らしくないからお薦めしない」

ということならシックリくるのですが、

「素晴らしいけどお薦めしない」

というのは違和感を感じてしまいます。

つまり「介護の仕事自体は素晴らしいのだけど、金銭的将来性的には底辺を這いずる仕事だから最愛の人にはお薦めできない」ということになろうかと思います。

それでも自分の子供が強い意志を持って「介護の仕事をしたい」というのなら、それはそれで最終的には胸が引き裂かれる思いをするものの子供の人生として応援してあげればいいかとは思います。

では、子供は特に介護士なんかやりたくないと思っているのに「それでも介護の仕事を是非お薦めする」と思う人はいるのでしょうか。

そんな人はごくごく少数という結果でした。

 

お薦めできる職業にするために

介護職員の仕事をお薦めできる職業にするためには「職場環境」や「賃金の改善」、「社会的地位の向上」が必要なのは火を見るよりも明らかです。

「介護の仕事は素晴らしい」ということは、既に多くの人がわかっていることなのですから、「もうそのポジティブアピールはあまり意味がない」のです。

それなのにいつまで経っても介護業界では「次世代をクリエイトするやりがいのある素晴らしい仕事」などと言うアピールが続きます。

肝はそこではないのです。

中には「人の人生を救っているのだから低賃金でもいいじゃないか」というような人まで出てきてしまう始末です。

こういう人がいる限り、介護職員はいつまで経っても「お薦めできない職業のまま」でしょう。

お薦めできる職業にするために、しっかりと介護職員のネガティブな部分を受け止め、自分とその家族が幸せになれるような職業にならない限り、このままの状態が続きます。

ですから、今後は自分の子供にもお薦めできる将来性のある職業にするために「職場環境」「賃金水準」「業務負担」については訴え続けていかなければならないと感じています。

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護の仕事は素晴らしいのにお薦めしない」という矛盾と、「お薦めできる職業にする方法」について記事を書きました。

介護の仕事が素晴らしいのはもうわかっているので、これ以上のポジティブキャンペーンは無意味どころかマイナスでしかありません。

受験やテスト勉強でも「得意科目を伸ばすか、不得意科目を克服するか」という問題がありますが、介護分野の良さはもう伸びしろがありません。

伸びしろのないポジティブな部分ばかりに拘るのではなく、地中深く埋まってしまっているネガティブな部分を地面から掘り起こし、プラスに変えていく方が明らかに得策です。

そこに気づける人が介護業界に増えていってくれたら、本当の意味で介護業界は良くなっていくのではないでしょうか。

 

※今回の記事のアイキャッチ画像は、フリー素材サイト「PAKUTASO(ぱくたそ)老人と介護士」より使用させて頂きました。

このモデルの女性介護士は、Twitterフォロワーの「yumiko(@yummy_ko963852」さんです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護職員の将来性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.