介護業界の異常性

介護の仕事は「やりがいだらけ」の「やりがい搾取」それでは人材が集まらない理由

投稿日:

 

介護の仕事は「やりがい」があります。

それは本当に間違いありません。

しかし問題なのは

  • やりがいしかない
  • やりがいだけなら他の仕事でも得られる

ということです。

つまり、介護業界は「やりがいだらけ」ではあるものの、その対価や賃金が労働に見合っておらず「やりがい搾取」が平然と行われている業界なのです。

そんな状態では人材が確保できるはずもありませんが、今なお「やりがい搾取」がスタンダードとなっている介護現場の実情について記事を書きたいと思います。

やりがい搾取(やりがいさくしゅ)とは、経営者が金銭による報酬の代わりに労働者に「やりがい」を強く意識させることにより、その労働力を不当に安く利用する行為をいう。

【引用元】ウィキペディア「やりがい搾取

 

 

 

(スポンサーリンク)

「やりがい」だらけ

 

 

介護現場には「やりがい」が沢山あります。

 

①休憩を削って利用者の対応をする

介護現場では、利用者という「人間」を相手にしているのですから、常に「待ったなし」です。

「ちょっと待って下さい」 などと言おうものなら「スピーチロック」と言われてしまう四面楚歌状態です。

お陰さまで、介護職員はゆっくり休憩をする時間もなく、利用者の見守りをしながら数分間で掻き込むように食事を摂るのがやっとの現状です。

自分の食事をしている最中に利用者がトイレに行こうとしていれば、モグモグと咀嚼をしながらトイレへ案内し排泄の介助をします。

介護業界では、この状態を「やりがい」と呼ぶようです。

休憩が取れないのも「サービス残業」皆さん休憩取れてますか?

 

②事務仕事はサービス残業

人員不足で現場対応ですらそんな状況ですから、書類やパソコン入力や事務仕事は現場で残業をした後に更に残業をして行うことになります。

その書類だってクオリティの高い内容でないと、上司やケアマネからダメ出しをされてしまいます。

介護職員が勤務中に椅子に座って事務仕事をしていると、「現場業務をさぼっている」という偏見の目で見られることがあります。

何故なら、常に現場では人手が足りていないので「介護職員がのんきに事務仕事をやっているなんてけしからん」と思われてしまう風潮があるからです。

しかし、「では、いつ事務仕事をすればいいのか」「細切れの時間ではクオリティの高い内容にはできない」という四面楚歌状態です。

仕方がなく、現場で残業をしたあとに、事務仕事を「サービス残業」で行っている介護職員も沢山います。

これが介護業界の言う「やりがいのある仕事」の正体なのです。

介護職員を苦しめる「モニタリング」をわかりやすく解説「本来誰がするもの?」

 

③利用者のニーズや自己実現を支援する仕事

介護職員は「利用者のニーズや自己実現を支援する仕事」と言われています。

  • 自立支援
  • 利用者本位

のケアを行うことで利用者を支援します。

介護職員は、力の限り自己犠牲を払い、自分の人格や人権を封殺された上で、利用者を幸せにするためだけに業務を行います。

「ありがとう」 と言ってもらうだけで心が救われることもありますが、認知症の利用者の場合はそういう言葉を期待することも難しいので、「恐らくそう思っているであろう」という空想と想像の上でケアを行います。

いつの間にか、

「利用者のためなのか、家族のためなのか」

「利用者のためなのか、加算を取るためなのか」

「利用者のためなのか、世間体のためなのか」

「利用者のためなのか、監査のためなのか」

がわからなくなりますが、次第にそれも気にならなくなってきます。

気にしていたら業務が回らなくなってしまうのです。

事業所の方針と実情にそぐわない研修の狭間で、介護職員は板挟み状態となり、自己犠牲を払うことで帳尻を合わせて働いています。

介護業界では、「やりがいと自己犠牲がイコール」なのです。

介護業界で出世したかったら「綺麗ごと」を言い続けよう

 

 

 

「やりがい」搾取

 

 

介護現場ではたくさんの「やりがい」があることは理解できました。

しかし、やりがいだけを強く意識させることで、介護職員の「自己犠牲」を引き出すことによって、その労働力を「不当に安く利用している」のではないでしょうか。

 

①労働と対価が見合っていない

確かに、介護職員にも事前に提示された給料がもらえます。

しかし、そこには「自己犠牲の分」まで含まれていません。

  • 休憩を削って利用者の対応をしている
  • サービス残業で事務仕事をしている
  • 職員4人で対応するはずの業務を職員2人で行っている

そういった部分を「やりがい」という言葉を使い、介護職員の労働力を不当に安く利用していないでしょうか。

つまり、「やりがいばかりの事業所」は「自己犠牲ばかりの事業所」なので、「ブラック事業所」なのです。

介護業界にブラック事業所が多い理由が理解できます。

 

②どんな仕事にもやりがいはある

介護の仕事に限らず、他のどんな仕事であれ「やりがい」はあります。

やりがいのない仕事を探す方が難しいのではないでしょうか。

つまり、介護業界は「やりがいがあるという当たり前のことを付加価値も付けずに言っている」ことに問題があります。

どの業界も産業も、「やりがいがあるのは大前提として、その上で付加価値があるから人材を確保できている」のです。

例えば

  • 高収入
  • 福利厚生
  • 退職金
  • キャリアパス
  • 将来性

などです。

介護業界では、「やりがいの付加価値がやりがい」になってしまっており、「ちょっと意味がわからない」ために、人材が集まらないのも無理はないでしょう。

 

③結局は国が手綱を握っている

野菜の価格や人件費でもそうですが、「需要と供給」があります。

そして、その価格は本来「需要と供給が一致」するように決まっています(均衡価格)。

長い間、介護士不足が叫ばれている現状は「介護を必要とする需要はたくさんあるのに、供給する側の介護士が不足している状態」です。

ですから、正常な経済の流れでいけば、「介護士の収入はもっと上がらなくては釣り合わない」と言えます。

それなのに、一向に給与水準は上がりませんし、未だ他産業よりも大幅に少ない現状です。

その原因は、介護職員の給料は「介護保険」で賄われていることにあります。

つまり、財源が足りていないのです。

この財源を握っている国が、どういう対応をするかで介護職員の収入が左右されると言っても過言ではありません。

例えば、外国人介護士を大量斡旋するために使った(使う予定の)税金を、日本人介護士のために使ってくれた方が良かったのに、と私は思っています。

外国人介護士が悪いわけではありませんが、このままでは「やりがい搾取をされる人を闇雲に増やすだけ」でしかありません。

つまり、結局は手綱を握っている国も「介護職員のやりがい搾取をする方針」であることがわかります。

【外国人介護士】「介護分野で最大6万人」政府の期待に反して業界では冷ややかな理由

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場で平然と行われている「やりがい搾取」について記事を書きました。

求人募集にも「やりがいだけ」をアピールしているものも目立ちます。

しかし、「それでは人材は集まらない」のです。

財源の問題もあるため、今日明日で賃金水準を大幅に上げることは難しいでしょうが、それならばまず「やりがいという名の自己犠牲を減らしていく」ことが人材確保のためのキーポイントになるのではないでしょうか。

やりがい搾取をしたまま人材を確保しようとする根性が図々しいのです。

「人員不足の介護事業所」に求人応募がこない3つの原因

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-介護業界の異常性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.