リアル介護現場の実情

使っても使わなくても小言を言われるユニット費とは?その使い道は?

投稿日:

 

ユニット型の介護施設(主に特養)には、各ユニットに「ユニット費」というものが支給されているかと思います。

ユニットリーダーが管理しているユニット費ですが、どういう目的で支給されていて、どういう使い道があるのでしょうか。

今回は、使っても使わなくても小言を言われるユニット費について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

ユニット費とは

 

 

まずは、ユニット費とはどういうものなのかを解説していきたいと思います。

 

目的

ユニット費は利用者や職員から徴収されるものではなく、事業所からユニット運営のために支給される財的資源のことです(ユニットリーダーが出納帳に記入して管理します)。

このユニット費は、職員の親睦や経費で使いなさいというものではありません。

「ユニットの運営や利用者のために使いなさい」という目的の費用になります。

ユニットケアという性質上、「ユニットに権限委譲し運営権限を広く持たせて、自由裁量で使えるユニット費を支給することでより良いケアをしていきましょう」という趣旨のものです。

金額の基準は施設によって違うかと思いますが、「概ね年間1万円前後」ではないでしょうか。

しかし、利用者のために使うと言っても

  • 性別
  • 年齢
  • 趣味嗜好
  • 身体や認知機能の状態
  • 既往歴や現病歴

などが各々違うため、「全ての利用者に公平に何かを購入する」ということがなかなか難しいのが現状です。

ましてや、特養併設のショートステイであれば、利用者が毎日のように入れ代わり立ち代わりするので、益々ユニット費の使い道に困ってしまうことになります。

 

 

使い道

ユニット費は、先ほど申し上げた通り、「ユニット運営に必要なものをユニットの判断で購入できるよう権限を委譲された費用」です。

その使い道は、「入居者の嗜好品」「ユニット行事」「しつらえの費用」などになるわけですが、具体的にはどういうものになるのでしょうか。

  • 食事用具(箸やスプーンやコップ等)
  • 特別なお茶(高級緑茶や紅茶や抹茶等)
  • デジタルカメラ
  • レクリエーションに必要な物品
  • ひざ掛け

などになろうかと思います。

 

 

 

使っても使わなくても小言を言われる理由

 

 

ユニットリーダーが管理し、ユニットに権限委譲されている費用ですが、使っても使わなくても「上司」や「事務員」などから小言を言われることがあります。

 

使って小言を言われるケース

ユニット費で何かを購入した場合、全利用者に公平でなければ小言を言われます。

例えば「嗜好品」ですが、紅茶を購入した場合

  • 紅茶が嫌いな利用者
  • 薬の関係などで紅茶を飲んではいけない利用者
  • 嚥下状態によってとろみが必要な利用者

など、様々な状態の利用者がいるために公平ではなくなります。

レク用にカラオケ機能付きのマイクを購入した場合

  • 歌が嫌いな利用者
  • 歌が歌えない利用者
  • 寝たきりの利用者

など、様々な状態や趣味嗜好の利用者がいるために公平ではなくなります。

つまり、ユニット費を使う時は「全利用者に公平でなければならない」ということになります。

もちろんそれはそうなのですが、そうなってくると「嗜好品」や「レク用品」は初めから購入候補に挙げてはいけないことになってしまいます。

 

 

使わずに小言を言われるケース

あれこれ考えているうちに、結局ユニット費を使わずに1年が経過してしまうこともあります。

そうなると、せっかく支給された財的資源が無意味なものになってしまうため「ちゃんと計画を立てて何か購入しなさい」などと小言を言われてしまいます。

しかし、年間約1万円のため結局は大したものは購入できません。

デジカメを購入したいと思っていても、安物なら買えるでしょうが1万円では足りないことが殆どです。

そうなると、2年分か3年分貯めて購入することになります(若しくは協力ユニットで合算して購入)。

小言を言われないためにも「3ヵ年計画でデジカメを購入します」などと先に言っておく必要があります。

※しかし、3年間も自分が同じユニットにいるとは限りませんし、職員が辞めていくたびに行われる「無茶苦茶な異動」によって、その計画も頓挫してしまう可能性があります。

 

 

 

最後に

 

今回は、使っても使わなくても小言を言われるユニット費について、その目的や使い道をご紹介しました。

ユニット費で何かを購入する際は、業務外のプライベートな時間になってしまうところは違和感を感じるシステムです。

ちなみに、私は過去にユニット費でデジカメを購入しました。

もちろん1年分では足りませんので、数年間ユニット費を貯めました。

デジカメがあれば、レクや行事の様子を撮影できますし、物品や設備が破損した箇所を撮影して証拠として残すことも可能です。

ショートステイであれば、利用者の持参品などを撮影しておき忘れ物にならないようにデジカメを活用されている所もあると聞きます。

ユニット費の使い道に悩んでおられる人の参考になれば幸いです。

ショートステイ永遠のテーマ「忘れ物」ご家族様にご理解頂きたいこと

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたらシェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  ワンオペ夜勤をしている介護施設では、早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 介護施設の夜勤での「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します このワン ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  介護業界に限らず、社外の研修に参加する機会があるかと思います。 私も過去に、介護職員だけでなく、多職種が参加する社外の外部研修に参加したことがあるのですが、その研修で行われた「グループワ ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.