介護業界の異常性

「男性介護士の寿退社」が相次ぐ類い稀なる介護業界

投稿日:2019年3月17日 更新日:

 

基本的に「寿退社」と言えば女性がする退職方法の俗称です。

結婚を機に会社を退職することを指します。

女性の場合、結婚を機に

  • 家庭に入る
  • 旦那の収入だけで生活することを選択する
  • 旦那と同居するために遠方へ引っ越す

などの理由で勤め先を退職します。

会社とも円満に話がつきやすく理解も得やすいので、独身女性は寿退社に憧れを抱いている人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、その先にあるであろう「幸せな夫婦生活」にも夢と希望が膨らむことでしょう。

介護業界にもそういう類いの「女性の寿退社」は存在します。

しかし、介護業界には類い稀なる「男性職員の寿退社」というものが相次いでいる業界なのです。

今回は「男性介護士の寿退社が相次ぐ異常な介護業界」について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)


男性介護士が「結婚を機に…」

男性が結婚をする場合、一家の大黒柱となり家庭を支えていく必要があります。

独身の時は自分だけが生活していければ良かったのですが、結婚後は様々な責任が肩にのしかかってきます。

反面、夢と希望が膨らみ自分たちがこれから築き上げていくであろう「幸せな将来」に対して

  • やる気がみなぎる
  • 気力が充実する

という「ポジティブエネルギー」によって「益々、仕事を頑張ろう」と思うことでしょう。

ですから男性の場合、普通は

「結婚を機に退職します」

「結婚をするので辞めさせて下さい」

などと言うことは考えられません。

しかし、介護業界は普通ではありません。

男性介護士が「結婚を機に退職させて下さい」と申し出る「異常な事態」が続出しています。

 

 

 

男性介護士の寿退社が続出する理由

何故、介護業界では男性介護士の寿退社が続出しているのでしょうか。

 

理由①「介護職員の収入では一家を支えていけないから」

介護職員としての収入では一家を支えていけないということが最大の理由と言えます。

非常にシンプルでわかりやすくて深刻な理由です。

結婚資金を貯めたり、今後一家を支え養っていくために自分の想像する将来あるべき輝かしい家庭生活を築き上げることについて真剣に考えれば考えるほど「明らかに介護職員の収入では実現不可能」という結論が容易に導き出されてしまいます。

ましてや「介護職員は新築の家を購入し「一国一城の主」になることは可能なのか?」という記事にも書いたように、一国一城の主にさえなれない可能性が大きいのです。

 

理由②「将来性がないから」

介護職員としてキャリアアップしたり資格を取得しても大した増収は見込めませんし、仮に定年まで勤めても手取り月収は30万円に遠く及ばないでしょう。

ただ単に今現在収入が少ないだけでなく「将来に渡って収入が少なく大幅に増える見込みもなく夢も希望も将来性もない」という理由が男性介護士を寿退社させる理由になります。

退職金も勤続30年でも雀の涙ほどでしょうし、老後の生活にも不安しかありません。

今現役の我々の年金が、今後何歳から支給されるようになるのかはわかりませんが、仮に支給されたとしても、介護職員では現役時代の収入が著しく低いため、年金額もそれに見合った少額のものになる可能性が極めて高いと言えます。

現役時代の介護士でさえ生活するのにギリギリ状態なのに、老後の生活はもっと不安要素が大きくなるのです。

そういった現実を真剣に考えると「このまま介護職員として働き続けることは人生の罰ゲームでしかない」という結論が導き出されるのはごく自然なことだと言えます。

 

理由③「元々辞めたかった」

介護職員として働いていると、現場での業務以外にも人間関係やブラックな職場環境に心身共に疲弊してしまうことはよくあることです。

常々「もう辞めたい」と思ってはいたものの、上司に言い出せずにいたり、伝えているのに引き留められていたりする場合に「結婚を機に…」と言い出すのはとても有効な手段です。

上司に「介護士の収入では生活していけない」「家族を養っていけない」「一家で路頭に迷ってしまう」ということを真剣に伝えれば男性介護士であっても「寿退社」をすることが出来るはずです。

しかし、女性のそれとは違って「あまり喜ばしいものではない」というのが特徴的です。

 

 

 

最後に

今回は「介護業界に続出している男性介護士の寿退社の理由」について記事を書きました。

仮に男性介護士が

「これからも介護職員として働き続けたい」

「介護の仕事が好き」

「介護職員を辞めたくない」

と思っていても、結婚を機に自分の将来設計をしていくと「辞めざるを得ない」「辞めるという選択肢以外はない」という結論が導かれることになります。

また、元々辞めたいと思っていた人にとっては「辞意を伝える良いチャンス」であるとも言えます。

ましてや、まだまだこれから先が長い結婚適齢期の男性介護士なら、進路変更の選択肢は他にも多く残されています。

そういった理由で「介護業界には結婚を機に退職する男性職員が相次ぐ類い稀なる業界」なのです。

男性介護士の寿退社を無くしていけるような活気ある業界を目指して欲しいと思います。

同じ職場で介護職員同士が結婚する場合に男女とも退職していく3つの理由

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護業界の異常性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.