介護業界の異常性

人間関係悪化の権化「人を不快にさせてもいい」と思っている人の3つの特徴

投稿日:

 

介護業界や介護現場に限らずの話になりますが、世の中には「人を不快にさせてもいい」と思って生きている人がいます。

裏を返せば「自分が不快でなければ他人を不快にさせても構わない」という自己中心的で自分勝手な思想であるわけです。

日本国憲法第19条においても、「思想信条の自由」は保障されていますが、それは「その思想や価値観が自分の内心に留まる限りは絶対的自由」とされているのであって、口から発してしまったりSNSなどで発信してしまった場合は、それを受け止める側の人の権利や思想を侵害してはなりません。

それを「公共の福祉による制限」と言います。

人間と人間ですから、意図せぬ形で相手を不快にさせてしまうことはあり得ますが、この世の中には「人を不快にさせても構わない」と思っている人がいるのですから驚きです。

そういう人がいると人間関係が悪くなってしまうのは当然です。

介護現場で言えば、「法人を私物化したワンマン経営者」「高圧的なお局職員」などになるでしょうか。

そういう人がいるから介護現場の人間関係が良くならないのかもしれません。

今回は、人間関係悪化の権化である「人を不快にさせてもいい」と思っている人の3つの特徴について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)


人間関係悪化の権化「人を不快にさせてもいい」と思っている人の3つの特徴

 

 

それでは早速、人間関係が悪化する権化とも言える「人を不快にさせてもいい」と思っている人の3つの特徴についてご紹介していきます。

 

特徴①:道徳心がない

「人を不快にさせてもいい」と思っている人は道徳心や倫理観が欠如してしまっています。

親からの躾や保育園や幼稚園でも「人が嫌がることを言ったりしてはいけない」と教わるはずです。

これは国家的に統治機構が未熟又は不健全で道徳心が欠如してしまっている国でない限りは全世界共通のはずです。

道徳心がない人のパターンとしては、

  • 自己中心的
  • 高圧的
  • 性癖の暴露(セクハラ)
  • 品性下劣
  • 不謹慎な発言や行動
  • してはいけないことをせずにはいられない

などがあるのが特徴です。

道徳心が欠如した人が介護現場にいれば人間関係も良くはならないでしょう。

介護業界に存在するサイコパス職員の5つの特徴

 

特徴②:他人を不快にさせることも価値観だと思い込んでいる

「人を不快にさせてもいい」と思っている人は、「そういう価値観もある」と思い込んでいます。

その思想信条が内心に留まる限りは「そういう価値観もある」のは間違いありませんが、ひとたび口から発したり人の目につく場所で表現してしまうと公共の福祉による制限がなされる思想や価値観になるのです。

ですから、「他人を不快にさせてもいい」と思い込むことは自由ですが、「実際に誰かを不快にさせてはならない」「可能な限り不快にさせない配慮をしなければならない」ということが理解できていない可哀想な人だと言えます。

つまり、「故意的に実際に誰かを不快にさせてしまうことは価値観としては認められない」のです。

介護現場にそういう勘違いをしてしまっている人がいた場合は、人間関係が良くはならないことでしょう。

 

特徴③:「嫌なら見なければいい」という責任転嫁

「人を不快にさせてもいい」と思っている人は、不快に感じた人に対して「嫌なら見なければいい」と思っていたり言ってしまうという特徴があります。

もちろん、SNSなどではブロック機能などがありますがそれも万能ではありません。

また、日常や職場の中であればブロック機能はありませんし、「嫌なら見なければいい」では済みません。

更には、「見る方が悪い」「勝手に見て勝手に文句を言うな」という横暴さがあります。

どちらにしても、不快な言動や行動を先に口に出したり表現してしまっている本人が許されない存在であるのに、それを受け止める側に自己防衛を求めたり責任転嫁をしてしまうのが特徴です。

悪意や他意はなくたまたま相手を不快にさせてしまったのなら仕方がない部分もありますが、初めから「人を不快にさせることも価値観」などという道徳心の欠如した勘違いをした上で、他人に迷惑を掛け責任転嫁をしながら生きている人がいれば敬遠したくなって当然でしょう。

「類は友を呼ぶ」ということわざ通り、そういう人の周りには同じような価値観の魑魅魍魎がうごめいています。

介護現場でも、「裸の王様の経営者」や「お局職員」の周りに無法者や腰ぎんちゃくが集まり派閥を作っていることがあるのではないでしょうか。

そんな職場では人間関係が良くなるはずがありません。

介護事業所に存在する「お局職員」の10の特徴と対処法

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場に限らずですが人間関係悪化の権化である「人を不快にさせてもいい」と思っている人の特徴について記事を書きました。

意図せずに相手を不快にさせてしまうことはあるでしょうが、「最初から相手を不快にさせるという価値観はありでも表現した時点で無し」という結論になります。

世の中には色々な人がいて色々な価値観があって多様性を認めていく社会情勢ですが、「そんな人が職場にいたら人間関係が良くなるはずがない」ということは間違いありません。

いや、ひょっとしたらそういう人がいる職場には「似たもの同士の魑魅魍魎」が集まっていているのかもしれません。

もしそうだとすれば、そういう部分をどうにかすれば介護現場の人員不足も少しは解消されるのではないでしょうか。

退職者続出の介護事業所の経営者が無能な5つの理由

 

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護業界の異常性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.