リアル介護現場の実情

【介護あるある】利用者の衣服にティッシュが入ったまま洗濯してしまった場合の対処法

投稿日:

 

介護現場で利用者の衣服を洗濯する際に、介護職員が入念にチェックをしているのが「ポケット内に何か入っていないか」ということです。

利用者にとって大事な物が入っている場合もありますし、ティッシュなどの紙類が入っている場合もあります。

ポケットに物が入った状態で洗濯機を回してしまうことを避けたいのは家庭でも同じでしょうが、利用者の衣服には高確率でティッシュなどの紙類が入っています(寝たきりなどで自発的動作が無い利用者は除く)。

高齢者が「紙類が好きな理由」については過去記事でも触れました。

しかし、介護職員がポケット内の確認を忘れてしまったり、至る所や思いもよらぬ所に紙が紛れ込んでいる場合も結構あります。

水に溶けない紙なら衣服への被害は少なくて済みますが、水に溶けるティッシュなどは衣服に散り散りになってへばりついてしまい、後処理が大変になります。

今回は、介護現場あるあるの「利用者の衣服にティッシュが入ったまま洗濯してしまった場合の対処法」について記事を書きたいと思います。

高齢者が「紙」を好きな5つの理由

 

 

 

(スポンサーリンク)

ティッシュが衣服にへばりついてしまった時の対処法

 

 

既に介護現場で働いていらっしゃる方はご存知の内容になってしまうかもしれませんが、対処法を2つご紹介します。

 

対処法①「乾燥機にかける」

水に溶けるティッシュなどは、濡れた状態や湿った状態のままだとどんどん細かくなっていきます。

ですから、まずは「乾かす」ことが大切です。

乾燥機にかけて衣服を乾かすことで、乾燥機の遠心力で衣服からティッシュは剥がす効果と、乾燥させることで散り散りにならずに取り除きやすくなります。

もちろん、乾燥機だけでは全てを完璧に取り除けないでしょうから、乾いてからガムテープやコロコロなどで丁寧に取り除いていく必要があります。

 

 

対処法②柔軟剤で取りやすくする

ティッシュがへばりついてしまった衣服を再度洗濯機に入れ「柔軟剤ですすぎと脱水」をします。

すると、殆どのティッシュが綺麗に取れるのです。

これは、柔軟剤に含まれる「界面活性剤」の効果です。

「柔らかく仕上げるのが柔軟剤」ですから、服が絡まないようにする成分である界面活性剤によって静電気を防止し衣服とティッシュが再びくっつかないようにする効果があるからのようです。

介護事業所ですから、そもそも柔軟剤が無い場合もあるかと思いますが、大体の「おしゃれ着用洗剤」にも界面活性剤が入っているので効果があります。

柔軟剤もおしゃれ着用洗剤もない場合は、「ガムテープやコロコロ」で頑張りましょう。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護現場で利用者の衣服にティッシュが入ったまま洗濯してしまった場合の対処法について記事を書きました。

家庭でもありえる話ですが、介護現場では「衣服を洗濯する頻度」「ポケットにティッシュが入っている確率」が高いために、圧倒的な高確率で介護現場で発生しがちです。

利用者の衣服のポケットに注意して確認していても見落としてしまうこともあれば、忙しい流れの中で確認を失念してしまうこともあり得ます。

「衣服ひとつであっても利用者の財産」なので十分に注意したいところです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

追伸:記事に書いて欲しい内容や情報がありましたら、お気軽にコメントやTwitterなどでお知らせ下さい。前向きに検討します。

尚、コメントは荒らしやスパムや公序良俗に反する内容のものを表示しないよう「管理者が承認した上で表示される設定」になっています。

書き込み後、すぐには表示されず時間差が生じますがブログ運営側でチェック後に表示されますので、その旨ご了承下さい(毎日チェックしています)。

ブログランキングに参加しています。
是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

・介護のお仕事が初めての方
・無資格で働きながら、資格取得をしたい方
・ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
・すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
・経験や資格があり、好条件で転職をしたい方


>>>かいご畑


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

3

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由 これには賛否両論あって、「収 ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.