介護業界の異常性

介護職員は高齢者が大好きでなければ勤まらないのか

投稿日:2020年2月12日 更新日:

 

介護職員に必要な資質は様々ありますが、よく勘違いされがちなのが「介護職員は高齢者が大好きでなければ勤まらない」という内容です。

確かに高齢者などの要介護者を相手にして仕事をしていく必要があるため、大好きとまではいかなくとも苦手ではない方が良いことは事実です。

しかし、恐らく介護職員の資質のひとつとして「高齢者が大好きであること」を列挙する人は介護職員としての経験が乏しいのではないでしょうか。

何故なら、介護職員は高齢者が大好きでなくとも勤まるからです。

その理由について以下で詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)


介護職員は高齢者が大好きでなくとも勤まる理由

 

 

介護を生業とする以上は、対象となる相手に苦手意識を持っていては仕事になりませんが、だからと言って大好きである必要はありません。

 

理由①:要介護者は高齢者だけではない

「介護と言えば高齢者」という印象を受けますし、私自身が高齢者を対象とした介護現場しか経験がないため当ブログの多くも高齢者介護について言及した内容のものですが、そもそも要介護者は高齢者だけではありません。

高齢者の終の棲家として知られている特別養護老人ホーム(以下、特養)であっても、要介護認定を受け入所要件を満たせば40代50代の人も入所できます。

また、介護という業種自体が高齢者介護だけではなく、障害者介護などもあるため高齢者に限られる話ではありません。

したがって、「介護職員に必要な資質として"高齢者"が大好きであること」ということは一概には言えないのです。

「高齢者」の部分を「要介護者」だとか「障害者」に変換してみると少々異様な感じもします。

つまり、「大好きでなければならない」というそもそもの部分がおかしいのです。

もっと言えば、仕事なのですから大好きでなくとも十分勤まります。

介護職員の資質として、そういう要件を口にする人は少々介護現場での経験の有無が疑わしいと感じてしまいます。

 

理由②:認知症介護と高齢者介護は別物

高齢者になれば認知症を発症する確率や頻度が高くなります。

だからと言って、「認知症介護=高齢者介護」ではありません。

例えば、「頭がしっかりした高齢者は大好きだけど認知症状があり危害を加えてくる高齢者は苦手だ」ということはあり得ます。

その場合、「認知症介護」と「高齢者介護」は全く別物として考えなければなりません。

ですから、「高齢者が大好きだから認知症で自分に危害を加えてきても大好きだと思える=介護職員の資質がある」というのは、おかしな理論であることが理解できるかと思います。

認知症介護と高齢者介護をごっちゃにした考え方で「介護職員は高齢者が大好きでなければ勤まらない」と言い切ってしまうのは違和感しか感じません。

利用者からの暴力を容認する人の分類と特徴

 

理由③:高齢者を好きでなくても続けられるのがプロ

そもそも、仕事なのですから、その対象となる利用者に対して「大好き」だとか「特別な感情」を抱く必要はありません。

介護職員も人間ですから、好意や苦手意識も当然あるでしょうが、「高齢者を大好きであることが介護職員に必要な資質」だと言い切ってしまう人にはやはり首を傾げてしまいます。

例えば、病院などの医療機関で医師や看護師が、「患者が大好き」「病人が大好き」と思って仕事をしているでしょうか。

そうではなくて、職責や職務を全うし、患者や病人に最善を尽くしていくことが求められているはずです。

それが何故か介護職員になると「高齢者を大好きでなければ資質を欠いている」「苦手意識を持つことはプロ失格で高齢者を大好きでいなければならない」というような奥が浮くような台詞が出てきてしまうことは、違和感を通り越して異常です。

高齢者であろうと誰であろうと、目の前の利用者をケアしていき最善を尽くすのが本当のプロでしょう。

「高齢者を好きとか嫌いとか考えなければならない福祉こそ異常」です。

本当のプロは、好きとか嫌いとか関係なく、「良いことは良い」「ダメなことはダメ」と冷静に判断できる人材のことを指すのではないでしょうか。

介護現場は仲良しクラブの集まりではないのですから、「高齢者が大好きであるべき」などという戯言は不要なのです。

情熱に燃えている職員よりクールな職員の方が介護に向いている理由

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護職員は高齢者が大好きでなければ勤まらないのか」ということについて記事を書きました。

まとめとしては、「介護職員は高齢者を大好きでなくとも十分勤まる」ということになります。

実際に現場を知らない人や、認知症介護の経験が少ない人から「介護職員に対して」こういったセリフをよく耳にします。

介護職員は「高齢者が好きとか嫌いとかの表面上の基準で仕事をしているわけではない」のです。

「介護職員に必要な資質は高齢者が大好きであること」という思い違いをしている人のご参考になれば幸いです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護業界の異常性
-, ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.