リアル介護現場の実情

介護施設に監視カメラを設置することの可否「監視することで虐待が防げるか」

投稿日:

 

介護職員が利用者に対して虐待をしたり暴行をするなどの事件のニュースが後を絶ちません。

その対策のひとつとして「介護施設に監視カメラを設置する」という方法があります。

要は、虐待などが発生しないように、また、仮に発生してもその証拠が残せるようにするための対策になります。

今回は、介護施設に監視カメラを設置することの可否について記事を書きたいと思います。

介護現場で虐待や介護事件が続発する本当の理由

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護施設に監視カメラを設置することの可否

 

 

最近、女性介護職員が利用者を投げ飛ばし骨折をさせたという介護事件のニュースがありましたが、その犯行の決め手は監視カメラでした。

このニュースでわかるのは、「監視カメラがあっても事件は発生してしまうものの、犯人は特定できる(及び証拠が残る)」ということです。

しかし、本来であれば虐待などの事件そのものが未然に防止できるのが一番良いはずですが、今までの介護事件のニュースでも監視カメラがあっても事件が発生していることは度々あったように記憶しています。

つまり、監視カメラの存在は、「事件を未然に防げるものではなく証拠としての役割」と言えるのではないでしょうか。

では、監視カメラを設置することの可否についてはどうでしょうか。

【介護事件考察】三重県の特養で84歳の利用者を投げ飛ばして骨折させた容疑で逮捕された24歳女性介護士

 

どこに設置するのか

そもそも、監視カメラをどこに(どこまで)設置するのでしょうか。

介護施設では玄関先や駐車場など施設の周辺に向けて監視カメラが設置されていることはよくありますが、施設内に設置する場合はどの場所にどの範囲まで設置が可能かということを考える必要があります。

何故なら、監視カメラを設置することによってプライバシーを侵害してしまうことにもなるからです。

職員や利用者及び家族の承諾が得られれば、どこであっても設置可能ではありますが、さすがに

  • トイレ内
  • お風呂内
  • 居室内

などの場所は承諾が得られない場合もありますし施設側が率先して監視カメラを設置することは問題もあるでしょう。

したがって、オーソドックスな監視カメラの設置場所は、

  • ホール
  • 廊下や回廊
  • 共同生活室(リビング)

などになります。

 

介護施設内に監視カメラを設置することの可否

介護施設で介護職員として働く身としては、何もやましいことはないものの施設内に監視カメラがあることで窮屈な印象を受けます。

ただ、設置されたらされたですぐに慣れるでしょうし、やましいことは無いので最終的にはどちらでもいいと思うわけですが、せっかく防犯も兼ねてカメラを設置するのですから、介護職員を監視するという目的だけでなく、介護現場の実情全てをしっかりと監視して欲しいと思います。

例えば、

  • 上司からの各種ハラスメントの証拠
  • 利用者から介護職員への各種ハラスメントの証拠

なども監視して然るべき対処を取っていけるのなら監視カメラの設置は大賛成です。

しかし、それらはスルーされてしまい介護職員のことばかり監視する目的であれば片手落ちもいいところですし、そもそも「監視カメラの前で利用者を投げ飛ばした事件や肘打ちをした事件」が発生したように、監視カメラがあれば虐待は発生しないということにはなりません。

あくまで、若干の抑止力と映像として証拠が残るという役割になります。

ですから、監視カメラを設置するにしても片手落ちにならないように「虐待の防止や証拠」という目的とともに「介護職員を守っていくためのツール」という当然の目的として役立てることが重要です。

 

虐待は密室で発生しやすい

「監視カメラを設置することで虐待はなくならない」ということを前述しましたが、その理由のひとつに「虐待は密室(マンツーマン対応)で発生しやすい」ということがあげられます。

介護施設内で密室と言えば、

  • トイレ内
  • お風呂内
  • 居室内

になります。

つまり、これらは監視カメラが設置されていない場所です。

虐待が発生しやすい場所には監視カメラがないのですから、監視の目も届かず抑止力にもなりません。

「それならば全てに監視カメラを設置する」という話になってくるのかもしれませんが、それでは「刑務所でもあり得ないような異様な監視をする姿がユニットケアの成りの果て」と暗に言っているように聞こえてしまいます。

ユニットケアは「既に破綻している空想理論」である理由をわかりやすく解説

 

 

 

最後に

 

今回は、介護施設に監視カメラを設置することの可否について記事を書きました。

まとめると、

  • 監視カメラを設置することで上司や利用者からの各種ハラスメントの証拠及び対処も目的とするなら大賛成
  • 監視カメラを設置することで虐待に対する多少の抑止力と証拠にはなるが虐待はなくならない
  • 虐待は監視カメラが設置されていない密室で発生しやすい
  • トイレ内やお風呂内にも監視カメラを設置することは虐待防止の効果が多少はあるかもしれないがその姿は異様

ということになります。

監視カメラは抑止力や証拠としてのツールになりますが、まずは虐待が発生しないような根本的な取り組みが必要ではないでしょうか。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、ランキングの応援&シェアを宜しくお願いします^^
記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.