リアル介護現場の実情

介護の判断基準が「上司に怒られるか怒られないか」になってしまう実情

投稿日:

 

介護現場では「利用者本位」や「パーソン・センタード・ケア」や「ユマニチュード」など様々な対人援助法やメゾットが採り入れられています。

しかし、教科書上の理屈は理解できるものの、実際の介護現場ではなかなか実践が困難であったりするのも事実です。

もうそれは現場レベルでどうこうできるものではなく「事業所単位」「業界単位」「国レベル」で再検討が必要なのですが、相変わらず「現場職員からできることをやっていこう」などと随分前から念仏のように唱えているのが実情です。

恐らくこういった体質はこれからも変わっていかないことが予想されます。

何故なら、「変わった試しがないから」です。

それだけでは根拠としては弱いかもしれませんが、例えば「少子高齢化問題」であっても、50年ほど前から推計で懸念されていたにも関わらず、何の有効な手立ても取られないまま現在に突入していることを考えれば、「介護職員の人員不足」だとか「2025年問題」だとかもこのまま有効な手立てなく突き進んでいっても何の不思議もない国家なのです。

さて、そういう実情の中で働いていると現場職員も理想と現実の狭間で悩み、不健全な環境に適応をしていかないと働き続けられないというリアルな現実があります。

今回は、介護の判断基準が「上司に怒られるか怒られないか」になってしまう実情について記事を書きたいと思います。

【2025年問題】介護職員は今より「幸せ」になれるか?

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護現場での判断基準は「怒られるか怒られないか」

 

 

基本的に多くの介護事業所では「利用者最優先」という方針です。

しかし、そうは言ってもそれでは業務が回らない現実があったり、そもそも利用者の全てのニーズに応えられるような制度でも環境でもないために「板挟みになった介護職員が苦しむことになる」のです。

ちなみに、介護業界以外の会社であっても結局は「上司の顔色を見て働く」「判断基準が怒られるか怒られないか」という状況はあり得ますが、この記事では「制度や環境」と「現実」との板挟み感がより強い介護業界の実情についてご紹介していきます。

 

人員不足の問題

介護現場は常に人員不足です。

そもそも「人員配置基準」を満たしていても人手が足りない摩訶不思議な業界なのです。

そんな人員不足の環境の中で、理想に踊らされていると自分の身が持ちませんし、利用者のことを思ってやったことでも上司などから注意されたり揚げ足を取られてしまうことがあるため、判断基準を「上司に怒られるか怒られないか」という考え方にシフトしていかざるを得ないのが実情です。

 

 

自分の思い通りにしたい上司の存在

色々な上司がいますが、中には「自分が法律」「自分の言うことが全て正しい」「自分の思い通りにしたい」という自己中心的な上司も存在します。

そういう上司がいる場合は、利用者よりもその上司の方針に合わせなければ働き続けることが難しくなってしまいます。

つまり、介護の判断基準が「怒られるか怒られないか」というものになってしまうのです。

介護事業所に存在する「お局職員」の10の特徴と対処法

 

 

視線の先は制度や行政

介護保険制度上、「利用者本位」ということになっていますが、矛盾点が沢山あります。

例えば、入浴拒否をする利用者であっても週2回以上入浴(又は清拭)をしなければ減算になってしまったり、利用者が「家に帰りたい」と言ってもそうはいかない現実があります。

監督権限を行政が持っているために、「利用者のためというよりは行政に突っ込まれないための介護」になってしまっています。

事業所の視線の先には利用者よりも制度や行政があります。

そうなると、介護の判断基準は「怒られるか怒られないか」という不健全な状態になってしまうのも当然です。

「そこは介護技術で何とかするべき」「それを上手く調整するのが介護の専門性」という反論もあろうかと思いますが、「言うは容易く行うは難し」という言葉の通りで、まずはお手本を見せて頂きたいところです。

そもそも、「最低の待遇で最高のサービスを求めること自体があまりにも図々しい」のではないでしょうか。

【介護保険制度破綻②】最低の待遇で最高のサービスを求められる「異常な介護現場」

 

 

生き残るために仕方なく

前述してきたような実情の中で働いていれば、介護職員としても働き続けるために仕方がなく「怒られるか怒られないか」を判断基準としてしまうことになります。

しかし、それはそれで介護職員が責められてしまう要因ともなります。

介護職員だって「怒られるか怒られないか」ということを基準とすることは不健全であることは重々承知しているのですが、「板挟み状態」「四面楚歌」「フルボッコ」の環境の中では、苦肉の策としてそういう判断基準を持ってしまうことはあってもおかしくないのです。

それをしなければ生き残れないのです。

そして介護職員を責めるばかりではなく、そういう環境や制度になってしまっている現実に目を向けていく必要があるのではないでしょうか。

それができない間は、こういった「怒られるか怒られないか」を判断基準とするような摩訶不思議な状態が続いていくことでしょう。

 

 

 

最後に

 

今回は、介護の判断基準が「上司に怒られるか怒られないか」になってしまう摩訶不思議な実情について記事を書きました。

こういった状況は、毎日汗水垂らして一生懸命働いている人ほど陥りやすくなります。

何故なら、働けば働くほど現実が鮮明に見えてくることと、そもそも歩いた距離(働いた頻度や頑張り)が長いほどつまずく回数が多くなるからです。

そして、自分のそういう不健全な考え方に葛藤したり自己嫌悪に陥ったりします。

こういった基準で考えてしまう介護職員が悪いのではなく、そこまで追い詰めてしまった事業所や業界や国がもっと介護職員をフォローできるような体制づくりをしていかなければならないのではないでしょうか。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.