リアル介護現場の実情

足し算で仕事を増やしていく働き者の介護職と引き算で仕事を減らしていく怠け者の介護職

投稿日:

 

仕事には「足し算」のやり方と「引き算」のやり方があります。

足し算のやり方は「あれもした方がいい」「これもしなきゃ」「もっとたくさんやらなきゃ」といった具合に、業務の幅を広げたり量を増やしていく方法です。

一見、向上心があって働き者のように見えます。

引き算のやり方は「あれはやめておこう」「これもしなくていい」「もっと仕事を減らしていかなきゃ」といった具合に、業務の幅を狭めて量を減らしていく方法です。

一見、やる気がなくて怠け者のように見えます。

ですから、「足し算が良くて引き算は良くない」というイメージがありますが、実際は「足し算は良くなくて引き算は良い」という場合もあります。

今回は、リクエストを頂きましたので、足し算で仕事を増やしていく働き者の介護職と引き算で仕事を減らしていく怠け者の介護職について記事を書きたいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)

足し算と引き算の介護職の実情

 

 

仕事を足し算していく介護職と引き算をしていく介護職の実情をみていきたいと思います。

 

足し算の介護職は働き者?

足し算をしていって、仕事の質を上げていこうとすることは良いことです。

介護現場においては、テキパキと動いてくれたり色々なことに気づいて提案をしたり、できるだけより良くしていこうと考えている介護職は働き者です。

但し、それは「足し算が可能な環境がある場合」に限られます。

介護現場では、時間や業務に追われたり「やりたくてもできない」という場合が多々あります。

そんな環境の中で「あれもやっていこう、これもやっていこう」と言って業務の幅や量を増やしていけば破綻してしまいます。

何故なら、時間も人員も限られている中で業務を足し算していくと負担がどんどん重くなっていき、限界を超えてしまうことで立ち行かなくなってしまうからです。

つまり、業務の幅や量が増えてしまったことで今までできていたことさえ満足にできなくなり、仕事の質が低下していく結果になるのです。

介護現場の現実をしっかりと見据えて適切な判断をした上でなければ「足し算はただの自分勝手な理想」になってしまいかねません。

介護現場の質は低空飛行「働き蟻の法則」に似ている?

 

 

引き算の介護職は怠け者?

引き算をしていって、どんどん仕事の量を減らしていくと最終的にはする仕事が無くなってしまいます。

自分勝手な考え方や好き嫌いで仕事を選り好みしている人は、人間性も疑ってしまいますし怠け者にしか見えません。

何故なら、勝手な引き算によって周りのスタッフに負担がいってしまうからです。

しかしその反面、介護現場全体で考えた場合は、適切な引き算も必要であると言えます。

限られた時間と人員の中で業務を行っているため、「業務の見直し」や「スマート化」は必要なことです。

逆に、それができていない介護現場の方が問題です。

引き算をすることで、「業務を減らす」というだけでなく、ひとつひとつの「業務の質を上げる」ことができます。

但し、これを個人レベルで判断してしまうとスタンドプレイになってしまったり、ただの怠け者になってしまうため、職場全体で引き算を検討していくことが大切です。

スタンドプレーが伝染し同調圧力となることで職場環境が悪化する介護現場の実情

 

 

省略したいけど引き算できない業務

実は、介護現場には「省略したいけどできない」「引き算したいけどできない」という業務も意外とあります。

例えば、服薬介助の際の薬袋の「日付・朝昼夕・利用者名」などの記載の確認と、介助前に利用者の顔を見て利用者の名前を声を出して確認し(利用者に対してだけでなく自分に対して音読することで再確認の意味も含む)、その上で服薬を介助します。

この一連の流れは、慣れてくると省きたくなりますし、一見「時間の無駄」にさえ思われてしまいますが、これを怠るといつか「恐怖の誤薬」をしてしまうリスクが高くなります。

誤薬や服薬ミスをしないためにも私はこれだけは省きません(自分のためでもあります)。

他にも、オムツ交換の際のベッドの高さ調整も省きたくなりますが、これも引き算できません。

古いタイプの介護用電動ベッドだと、リモコンのスイッチを押しても反応が鈍かったりキーキーと耳障りな音を立てながら動くため、時間短縮のためにも省きたくなるのですが省けません。

何故なら、ちゃんと高さ調整をしないと腰に負担が掛かり腰痛になりやすくなるからです。

自分を守るためにも引き算はできません。

また、オムツ交換終了後は必ずベッドを元の高さに戻すことも引き算できません。

ベッドの位置を戻さずに高いままだと、もし利用者がベッドから転落した場合、怪我をしてしまったり怪我の度合いが強くなったりするからです。

たかが20cm~30cmでも全然違ってきます。

介護現場では、引き算できそうなことでも引き算ができない業務というのが結構あるのです。

介護職員の腰痛は休み明けに多い?その理由は?

 

 

 

最後に

 

今回は、足し算で仕事を増やしていく働き者の介護職と引き算で仕事を減らしていく怠け者の介護職について記事を書きました。

介護職個人レベルで見れば「足し算は働き者で引き算は怠け者」と言えるのかもしれませんが、職場全体で見た場合はそうとも言い切れない部分があります。

どちらかと言えば、引き算をした方が業務の質は上がっていくのではないでしょうか。

個人的には頻度が多すぎる行事は引き算して欲しいところです。

介護施設での1日の流れ「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、ランキングの応援&シェアを宜しくお願いします^^
記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.