介護職員の特徴

介護現場にこんな介護職員がいたら注意が必要3選

投稿日:

 

介護現場には色々な職員がいます。

新人職員も居ればベテラン職員も居て、無資格者も居れば有資格者も居ます。

また、介護職員個々の性格や資質も人それぞれで、人員不足もあり入職条件のハードルを下げていることで様々な人間性や経歴の職員が存在します。

そういう状況も「人間関係」が複雑になり悩まされたり嫌気が差して辞めたくなってしまう一因であると言っても過言ではありません。

ですから、介護職員の中には「注意が必要な人」がいるわけです。

注意が必要とは、自分自身が注意をして接する必要があるという意味と、正常に介護業務を行うために当人に注意をしていく必要があるという2つの意味があります。

今回は、私自身が経験したり見聞きした中で「介護現場にこんな介護職員がいたら注意が必要3選」をご紹介したいと思います。

 

 

 

(スポンサーリンク)


介護現場にこんな介護職員がいたら注意が必要3選

 

 

それでは早速、介護現場に居たら注意が必要な介護職員についてご紹介していきます。

 

①サボる介護職員

多くの介護現場では、一生懸命頑張っていてもサボっていても同じ給料が支給されます。

介護現場では職員個々の実績や成績が数値化しにくいため、真面目に働こうがサボろうが給料もボーナスも大差はありません。

そういう状況の中では、「サボった方が得」と考える介護職員が出てきてしまいます。

確かにそういう考え方になってしまうのもわからなくもありませんが、それでは他の職員にしわ寄せがいったり利用者に迷惑が掛かったりしてしまいます。

ですから、「世間の常識や道徳心や倫理観」を持っていればそういう考え方にはならないのですが、介護現場では非常識さえもまかり通ってしまうため注意が必要です。

そういう考え方をしてしまう介護職員の特徴として、「給料が安いのだからサボってもいい」というような身勝手な屁理屈を述べたり己を正当化をする傾向にあります。

しかし、労働契約を締結しているのですから権利だけを叫ぶのではなく義務も誠実に果たしていかなければなりません。

法的根拠としては、民法1条になります。

(基本原則)

第一条 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。

2 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。

3 権利の濫用は、これを許さない。

【引用元】民法

上記条文の「信義誠実の原則(通称:信義則)」によって、契約上の期待を裏切らないように誠実に実行し、公共の福祉に適合しないことをしたりサボったり権利の濫用をしてはいけないのです。

つまり、「サボるということは法律違反になるため注意が必要」ということになります。

介護現場で全く仕事をしないサボる介護職がいる場合、同僚としてどうすればいいのか

 

②中二病の介護職員

中二病という言葉はネットスラング(隠語・略語・俗語)ですが、要は「中学2年生頃の思春期にありがちな赤面してしまうような空想や思想表現や背伸びをしたような言動」を指します。

大人になりきれていないのか、中二病を地でいく人間性になってしまっているのかはわかりませんが、こちらが赤面してしまうような表現や言動をするため注意が必要です。

例えば、

「俺が介護業界から虐待を無くす」

「自分こそが法律であり介護保険法」

「私にできないことはない(自分が神だ)」

などの言動になります。

自信の表れとも取れますが、根拠無き自信ほど怖いものはありません。

赤面するだけならいいですが、一般的に中二病は大人になると自然治癒すると言われているため、成人してからも中二病気質がある場合は何かしらの問題がある可能性も否定できないため注意が必要です。

介護業界に存在するサイコパス職員の5つの特徴

 

③滅茶苦茶な介護職員

中には滅茶苦茶な介護職員もいます。

どう滅茶苦茶なのかと言えば、

  • 世間の常識が通用しない
  • 面白くないことを面白いと思っている
  • 他者を害してでも自分の欲求を通したいエゴイズム

などです。

介護職員に限らず、他職種や経営者であったりします。

そういう人の特徴として、

  • 「常識は固定概念」と言いながら、そもそも常識を知らない
  • 「面白ければ何でもあり」と言うものの、多くの人が面白いと思わない
  • 「他人を不快にするのも価値観」と言うものの、そもそも権利侵害であり法律違反

という火種そのもののような人になります。

そんな人が介護現場に居れば、同僚だけでなく利用者さえも不幸となるため注意が必要です。

滅茶苦茶なことをする恐怖の新人が介護現場にやって来た時どうすればいいのか

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護現場にこんな介護職員がいたら注意が必要」ということについて記事を書きました。

こちらから注意をしたり改善を促しても信義則に反する価値観を持っているため、「聞き入れてくれない」「直してくれない」という場合が殆どです。

ですから、自分自身が注意をして接したり利用者に迷惑や被害が出ないように配慮をしていく必要があります。

独自の価値観や理想を持つことも大切ですが、他人に迷惑を掛けたり独りよがりにならないようにしたいものです。

人間関係悪化の権化「人を不快にさせてもいい」と思っている人の3つの特徴

 

アドセンス

(スポンサーリンク)


アドセンス

(スポンサーリンク)


ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護職員の特徴
-, ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.