介護業界の異常性

介護事業所の経営者がこんな人物なら足掻いてでも全力で逃げよう5選

投稿日:2020年1月27日 更新日:

 

以前、「こんな勉強会やセミナーやイベントには参加したくない5選」という記事を書きましたが、セミナーなどであれば自分が嫌だと感じたのなら参加しない選択肢があります。

しかし、もし自分が働いている法人や事業所の経営者が人格破綻していたり考え方が常識を外れているような人物だった場合は厄介です。

何故なら、毎日そういう人物の下で働かなければならないため、日々、違和感を感じ、調子が狂い、ストレスを感じなければならなくなるからです。

また、そんな経営者は自分の周りには身内や自分と同じような考え方の人物やイエスマンばかりを置くため、「事業所全体で常識を外れている」ということが往々にしてあります。

ですから、もしもそんな経営者がいる介護事業所からは全力で逃げなければなりません。

今回は、介護事業所の経営者がこんな人物なら足掻いてでも全力で逃げよう5選をご紹介したいと思います。

介護事業所がこんな雰囲気なら逃げる準備をした方が良い「ブラック臭バージョン」は下記記事をご参照下さい。

入職した介護事業所がこんな雰囲気なら逃げる準備を「ブラック臭5選」

 

 

 

(スポンサーリンク)

介護事業所の経営者がこんな人物なら全力で逃げよう5選

 

 

福祉・介護事業は参入障壁が低いため、様々な経営者が存在します。

中には、介護現場の実情を聞きかじっただけの経営者もいますが、やはり最後にモノを言うのは「人格」だとか「人間性」です。

もしも介護事業所の経営者の人格や人間性が以下に当てはまれば早々に逃げ出す準備をした方がいいかもしれません。

 

①従業員の写真を無断でネット上に晒す

これをやってしまっている法人や事業所をたまに見掛けますが、もちろん本人に承諾が得られていれば問題がありません。

但し、その場合でも「承諾の範囲」が問題になります。

つまり、介護職員などの従業員が思っている使用範囲と経営者が思っている使用範囲に食い違いがある場合は問題があるのです。

例えば、従業員としては「社内報に自分の写真を載せることは許可したがネットに載せることは許可していない」という場合に、会社が勝手な思い込みや判断で「社内報ごとネットに載せてしまう」ということがあります。

これは「承諾の範囲を逸脱している」ことになります。

また、仮に承諾がちゃんとあった場合でも、「この承諾は退職後には及ばない」とされており、退職後、暫く経ってもネット上の写真や画像が削除されない場合は「プライバシー侵害や肖像権侵害及び個人情報保護法違反になりうる」のです(参考:「神奈川県ホームページ(リンク切れ)」「弁護士ドットコム」)。

こういった行為を平然と行ってしまう経営者の場合、あまりにも配慮が欠けるため足掻いてでも逃げ出しましょう。

 

②ギブのないテイクばかり

「ギブアンドテイク(Give&Take)」という言葉がありますが、これは「何かを貰うためには何かを与える」「何かを与えれば何かを貰える」ということを意味します。

経営者と従業員の関係も同じで、「給料を貰うために労働力を提供する」「労働をして貰うために給料を与える」という関係で成り立っています。

もちろん、介護職員も給料をちゃんと貰っているから労働力を提供しているわけですが、「同じ給料であれもこれもさせようとするテイクばかりの経営者」であれば足掻いてでも逃げ出しましょう。

俗に言う「やりがい搾取」というものです。

「今の給料が自分の能力に対する評価」であることは間違いありませんが、その評価の基準もない上に、そもそも評価する気もない経営者であれば不健全な自己責任論の押し付けになってしまいます。

そのまま働き続けても不毛な日々を過ごさなくてはならないばかりか、身体を壊してしまいかねません。

介護の仕事は「やりがいだらけ」の「やりがい搾取」それでは人材が集まらない理由

 

 

③情緒不安定で感情的にキレる

経営者が情緒不安定で感情的にキレる人物であれば堪りません。

そういう人に限って、表面上は当たり障りない良い人に見えたり、外づらだけは丁寧な内弁慶であったりします。

表面上はもっともらしいことや綺麗ごとを言うのに、意見されたり指摘されると感情的になりキレるのが特徴です。

急に豹変し、巻き舌で「コォラァ~」「お前」などと恫喝するような言葉遣いで相手を威圧します。

そんな経営者の下で働いていると、いつ怒られるのかビクビクしながら働かなければなりませんし、社内の空気も悪くなってしまいます。

そもそも、「経営者としてよりも人間としてどうなのか」という大前提に違和感を感じてしまいます。

こんな経営者の下からは一刻も早く逃げましょう。

園児に暴行し逮捕された「恐怖の副園長」介護業界との類似性

 

④ワンマン&聞く耳を持たない

人間性に問題があるからワンマン経営なのか、ワンマン経営だから人間性に問題が生じてくるのかはわかりませんが、聞く耳を持たない人格破綻しているような経営者が独裁経営をすると従業員は疲弊し会社は衰退していきます。

嫌気が差した介護職員がどんどん退職していき人員不足となり、残った職員の負担も大きくなる悪循環に陥ります。

現場の声を拾い上げることもしない経営者は、そういった状況さえも介護職員の責任かのような言動をします。

「こうすれば介護職員の質や価値は上がる」

「愚痴や文句ばかり言っているから上手くいかないんだ」

などと常套句を口にしますが、まずは自分の姿を鏡で見てみてはいかがでしょうか。

介護職員の資質を問う前に、経営者としての資質を問う方が先です。

面の皮が厚くなりすぎて現場との温度差を感じ取ることができない厚顔無恥な経営者の場合は全力で逃げ出しましょう。

「介護職員はこうあるべき」と語る介護職員以外の人は温度差を埋める努力が必要

 

⑤主役が常に自分

経営者は会社の顔ですが、必要以上に目立ちたがる経営者には異常性を感じます。

そういう経営者は大体の場合が独裁経営ですし、そもそも利用者や従業員が人生の主役になれるようにバックアップしていくのが経営者の努めです。

常に神輿で担がれたくて、周りからチヤホヤされたくて、称賛されたくて、自分が主役でなければ我慢ならないような経営者は注力する箇所を見誤ってしまっていますし、そもそも七面倒くさいので全力で逃げましょう。

介護事業所の経営者や管理者が目立ちすぎるとヤバい3つの理由

 

 

 

最後に

 

今回は、介護事業所の経営者がこんな人物なら足掻いてでも全力で逃げよう5選をご紹介しました。

内容が介護事業所に限らずの内容になりましたが、大切なのは「自分の中の違和感を封殺してしまわない」ということです。

「全力で逃げよう」とは、退職や転職を指していますが、すぐにそうできない場合は、

  • 極力接点や関わりを持たない
  • 被害に遭いそうになったらその場から離れる
  • 無理なことは無理とハッキリ伝える
  • 写真撮影や写真の使用は断固拒否をする
  • ICレコーダーなどで証拠を残す

という対応で自分を守っていく必要があります。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護業界の異常性
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.