リアル介護現場の実情

新人介護職員は思い悩んだ時に「誰を信用して誰に相談」すればいいのか

投稿日:

 

私が新人として介護職員になった時、世間一般の常識や今まで培ってきた経験が通用せず、思い悩んだことがありました。

  • 挨拶をしても返してもらえない
  • よくわからないことで怒られる
  • 怒られるというか嫌味を言われる
  • 職員によって指示や対応が違う

などなど、悩みは尽きませんでした。

また、教えられる事もバラバラで、人によってその内容ややり方が違っていたので、「一体誰を信用して誰に相談すればいいのか」さえわからない状態でした。

今回は、同じように思い悩んでいる「新人職員」に向けて、思い悩んだ時に「誰を信用して誰に相談すればいいのか」ということについて記事を書きたいと思います。

介護職員の「新人いじめ」の実態とその対処法

 

 

 

(スポンサーリンク)

誰を信用して誰に相談すればいいのか

 

 

新人の頃は、どの職員がどんな人間性でどんな性格なのかもイマイチわかっていないので、まずは「誰が信用できる人間なのか」ということを観察して「常識のある人」を見極める必要があります。

では、具体的にどういう人を信用して相談すればいいのでしょうか。

 

△上司

通常、こういう場合は上司に相談するべきなのでしょうが、介護業界は「悩みの種が上司そのものにある」ことが多く、まさか新人職員が当事者である上司に直接相談するということは出来ません。

仮に相談したところで

「そういうものだ」

「それがここのやり方だ」

などと言いくるめられて終わりです。

悩みの種になっている上司よりも更に上席の上司に相談することで解決することもありますが、そうなると「管理者」や「施設長クラス」の人になってしまうことがあり、勇気を出して言いに行っても

「現場のことはリーダーや主任に言いなさい」

「組織なんだから直接言いに来ずに段階を踏んで相談しなさい」

などと言われて軽くあしらわれてしまい、余計に思い詰めてしまう可能性があります。

 

×キラキラしている職員

では、いつもキラキラしていて利用者のために精一杯介護をしている職員に相談をしてみるという考えはどうでしょうか。

  • 性格が良さげ
  • やる気に満ち溢れている
  • 前向き

というように見えるので相談しやすいかもしれません。

しかし、それも間違いです。

何故なら、キラキラ職員は介護業界にどっぷり浸かっていて

  • 自己犠牲こそ介護
  • キラキラしている自分が大好き
  • 救世主妄想に侵されている

というタイプの人間です。

「もっと自己犠牲を払わないからだ」

「利用者のことだけを考えていれば不平不満は出ないはずだ」

などと言われるのがオチでしょう。

ちなみに私も新人の頃、こういう考え方の人に相談をしてみましたが、

「利用者に「ありがとう」と言って貰えるだけで幸せじゃないか」

「日々、勉強させてもらってるんだから働かせてもらっているだけでありがたいじゃないか」

というような事を言われ「ゲエ」が出そうになりました。

全く「的を得ていない」のです。

介護現場を知らない人には「キラキラ系介護士が良い職員」に見えてしまう謎

 

△文句や愚痴が多い職員

常に会社に対して不平不満を言っている職員はどうでしょうか。

この場合、あなたの相談をとても親身になって聞いてくれるか、全くスルーされるかのどちらかです。

会社の悪い部分に対しての愚痴や文句が的を得ていれば「本質が見えている職員」ですし、ただの陰口レベルであれば「性格がゆがんだ職員」であると言えます。

つまり、結構極端なタイプが多いので、「現実が見えているタイプ」の職員に相談すれば、悩みが解決することもありますが、「ただの悪口レベルの愚痴」を言っている職員に相談すると、あまり得るものがありません。

見極めの難しさがあるので、文句や愚痴が多い職員に相談することは(△)としておきます。

【キラキラ系介護士】介護現場における「理想主義者」と「現実主義者」の特徴を解説します

 

〇普通の職員

「普通」の定義が問題ですが、要は一般常識を持った介護業界に浸かりきっていない職員のことです。

そういう「普通の職員」がいれば、迷わず相談してみましょう。

きっと、自分と同じように思い悩みながら働いてきた職員です。

的を得た的確なアドバイスが貰えるはずです。

しかし、残念なお知らせがあります。

介護業界ではそういう「普通の職員」は絶滅危惧種となりつつあります。

自分が今まで培ってきた常識と介護業界の常識のズレや乖離に、今も尚、思い悩み続けている一人になるからです。

介護業界には性格が良くて優しい人間などいない

 

△インターネット

これだけインターネットが普及してきましたので、「TwitterなどのSNSや介護系のサイト」などで同じ介護職員の同士と知り合う機会も増えました。

そこで情報交換をしたり、相談をしたりすることも可能です。

「信用できるか」という点は未知数になってしまいますが、上手く活用できたら心強いはずです。

匿名でも相談できる点がメリットでもありデメリットとなります。

 

 

 

最後に

 

今回は、「新人介護職員が思い悩んだ時に、一体誰を信用して誰に相談すればいいのか」ということについて記事を書きました。

もちろん、相談したい内容によって人を選定する必要がありますが、「そもそも信用できて相談できそうな人があまりいない」というのも現実です。

同期入社の職員が居れば、お互い話もしやすいでしょうし、同じ悩みを持ちやすいので「お互いが良き相談相手」になることも珍しくありません。

しかし、暫くすると同期が辞めていってしまったり、そもそも同期が存在しない人にとっては「相談相手がいない」状態になります。

「的を得た適切なアドバイスができない事業所は離職率が高い」と言えるのではないでしょうか。

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ランキングに参加しています。

記事にご共感頂けましたら拡散・シェアをお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

退職代行アフィリ




【退職代行サービスのご紹介】

・会社を辞めたいけど勇気が出ない
・会社がなかなか辞めさせてくれない
・退職することでトラブルが発生してしまった
・会社に行かずに退職したい
・即日退職したい!

そんなあなたに朗報です!

「法律事務所の弁護士」が、あなたの退職を代行してくれます(相談無料)。

しかも「税理士事務所」「社会保険労務士事務所」「行政書士事務所」とも提携しているので、どんな状況でもバックアップが可能な退職代行サービスです。

>>>【汐留パートナーズ法律事務所】退職代行サービスの詳細


おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

3

  2019年4月10日に流れたニュースで、介護職員の給料に関するものがありました。 2018年9月時点で、「介護職員の平均月給が30万円を超えた」という統計を厚生労働省が発表したのです。 ...

4

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 「特養の七不思議」は石飛幸三医師がシンポジウムで使った資料から引用したもので、特養に限らず他の介護施 ...

5

  2018年の第21回介護支援専門員実務研修受講試験が去る2018年10月14日に行われました。 受験された方もいらっしゃるかもしれませんが、受験者数が激減しているという実態が明らかになっ ...

-リアル介護現場の実情
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.