「介護職員の特徴」 一覧

介護職員の私がアラフォーになり感じる様々な変化や気づき

  私は現在アラフォーなのですが、やはり20代や30代前半の頃と比べると様々な変化を感じています。 それは体力的なものであったり、体調であったりするのですが、「これが歳を取るということか」と ...

【介護職員】仕事が遅い人は「優先順位がわからない」ことに原因があった

  世の中や職場には色々な人間がいますし、長所や短所は誰にでもあります。 介護現場でも「仕事ができる」「仕事ができない」という判断をされることがあります。 仕事をする上で大切なのは「優先順位 ...

【介護職員の体型】男性は痩せ型、女性はぽっちゃり型が多い理由

  介護職員の体型について「男性は痩せている人が多く、女性は太めの人が多い」という印象があります。 もちろん人それぞれ体質が違ったり、遺伝的先天的なものもあるので一概には言えないのは大前提と ...

キラキラ系介護士ってそんなにダメなの?キラキラすることはそんなに悪いこと?

  以前、介護現場に存在する「理想主義者」と「現実主義者」に関する記事を書きました。 【キラキラ系介護士】介護現場における「理想主義者」と「現実主義者」の特徴を解説します 記事の結論としては ...

【格言から考察】徳川家康は「介護職員の素質があったのではないか」

  今まで介護職員という職種で介護という仕事をしてきて、色々思うことがありこのブログを書いているわけですが、現状では 自己犠牲 忍耐 根性 不平不満を言わず尽くしあげる精神 対価を求めない精 ...

介護職員が本音や愚痴を漏らしにくい「5つの理由」

  最近ではインターネットが発達し、SNSやTwitterや匿名掲示板などで 介護職員の現状 介護職員の悲痛な訴え 介護職員の生の声 などが発信しやすくなってきました。 しかし、それでもまだ ...

介護現場を知らない人には「キラキラ系介護士が良い職員」に見えてしまう謎

  「キラキラ系介護士」とはなんなのか、どういう介護士のことを指すのかは、以前の記事で書きました。 「キラキラ系介護士」とは?わかりやすく解説します 同僚や後輩や部下にとっては敬遠をされがち ...

介護職員の「給料の話題」は金額もレベルも低い

  介護職員の収入が薄給なのはご周知の通りですが、仲間内や同僚などとの会話をしている中で給料の話になることがあります。 そんな話題の中で「嗚呼、なんだか色々水準の低い話だなぁ」と感じてしまう ...

花粉症がひどくて「介護中に何度も鼻水が垂れてきた時」の対処法は?

  最近、私の花粉症がピークを迎えています。 今の時期(4月)はヒノキ花粉でしょうか。 くしゃみ 鼻水 目の痒みと涙 といった症状がひどいです。 家にいる時はそれほどでもないのですが、自然豊 ...

介護職員はGWも関係ない「世間を羨ましく思わない理由」と「羨ましい点」

  介護施設で働く介護職員には、盆暮れ正月やGW(ゴールデンウィーク)も関係なく仕事があります。 今年のGWは10連休にも及ぶ「大型連休」となるようです。 職業柄、世間の人が休める時に休めず ...

介護職員だからと言って「プライベートでは下(しも)の世話」は出来ない

  3大介護と言われているのは 食事 排泄 入浴 になります。 もちろん介護現場では、それだけをしていればいいというわけでもなく、最近では 「利用者の心身の状態に合わせた介護をしなさい」 と ...

介護現場の質は低空飛行「働き蟻の法則」に似ている?

  介護現場の質は年々、いや日に日に低下していっているような気がしますが、もしそうなら既に現場は崩壊してしまっているでしょう。 崩壊寸前の現場が多いのは確かですが、「崩壊してしまった」という ...

「利用者に言われて嬉しいセリフ」を自慢げに言う介護職員に感じる違和感

  利用者に言われて嬉しいセリフは多々あります。 「あんたには何でも言えるし頼みやすい」 「あんたがいてくれたら安心するわ」 等々、現場職員としては介護冥利に尽きるセリフです。 そういうセリ ...

10年以上の現場経験があるのに「介護福祉士資格を持っていない人」がヤバい理由

  介護現場で働く介護職員が目指す、とりあえずの終着点とも言える資格は「介護福祉士国家資格」になります。 現場での実務経験が3年以上必要なのですから、せっかく介護職員として働いているなら、介 ...

「勤続年数だけ長いダメな介護職員」の5つの特徴

  どこの事業所にもいるのではないかと思うのですが、「大して仕事もできないしミスや失敗も多いのに勤続年数だけは長い介護職員」が存在します。 毎日のようにミスを連発し、ダメ出しをされ、仕事も遅 ...

介護士をしていると声が大きくなる?

  介護士の職業病で有名なのは「腰痛」ですが、介護士を長く続けていると「声が大きくなる」というイメージを持っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。 確かに、高齢者を相手にしていると、耳 ...

介護職の私が「ご近所から無職に見られているのではないか」と思う理由

  私は介護職員です。 介護職になってからずっと感じていたことがあります。 それは、「私は近所の人から見たら無職だと思われているんじゃないだろうか」ということです。 ご近所や他人にどう思われ ...

女性介護士の「離婚率」が高く男性介護士の「離婚率」が低い理由

  女性介護士の離婚率について、確かな統計があるわけではありませんが、私の周りの状況や見聞きした情報によると、非常に高い確率で離婚されている職員が多いように感じます。 反面、男性介護士の離婚 ...

泣き寝入りをする介護職員が多いことにも問題がある「その改善策は?」

  どの業界でも言えることですが、雇い主と従業員の関係はまだまだ主従関係にあります。 介護業界においては尚更その風潮が強いと言えます。 その理由は 「まだまだ奉仕に属する仕事」 「働かせてや ...

【キラキラ系介護士】介護現場における「理想主義者」と「現実主義者」の特徴を解説します

  「理想は高い方が良い」というのは、世間一般でも周知の通りです。 介護現場でも「理想」と「現実」があります。 介護現場においては「理想は高ければ高いほど良いとは言えない部分」もあります。 ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.