「 介護職員 」 一覧

介護職員の質と量と対価の関係性

  介護職員の処遇改善や賃金水準のアップを訴えると、様々な人から様々な意見があるわけですが、「明らかに極論暴論」というものは除いて「色々な意見があっても良い」と思っています。 その中で度々出 ...

介護現場で上司から「えこひいきされている介護職員」の特徴と対処法

  どの業界、どの産業、どの職場でも「上司からえこひいきされる部下」という存在がいます。 上司の管理マネジメントや能力の欠如によって、「ひいきされる職員」と「ひいきされない職員」が居れば不平 ...

介護職員がいつまで経っても低賃金である本当の理由

  介護職員の収入は低水準を這いつくばっています。 2019年10月から「介護職員等特定処遇改善加算」がスタートしますが、最終的に「事業所の柔軟な運用と裁量に委ねられている」ため、事業所個々 ...

「介護職員を辞めたい?」介護の仕事がイヤなのではなく環境がイヤだった

  介護の仕事は11K(きつい、汚い、危険、帰れない、給料が安い、休憩が取れない、休暇が取れない、腰が痛くなる、厳しい、格好が悪い、窮屈)くらいは軽くあるお陰で、誰もがあまりやりたがらない職 ...

介護職員は豊かな感情だけで利用者に接してはいけない5つの理由

  「介護の仕事は誰でもできる」という発言が賛否両論を巻き起こしましたことがありましたが、無資格未経験であろうと誰であろうと介護職員になる間口が広いのは事実です。 ただ、実際に介護の仕事をや ...

「これから夏本番」体調管理のプロである介護職員も熱中症に注意しましょう

  多くの地域でやっと梅雨が明けてきました。 これから夏本番です。 梅雨のジトっとした絡みつくような気だるい暑さも不快ですが、カラッとしてはいるものの真正面から剛腕でぶつかってくるような真夏 ...

「介護職員も貰うことだけ考えていてはダメ」という論調の3つの違和感

  介護業界には、「福祉と奉仕を混同する風潮」があるため、まだまだ「介護の仕事はお金や対価を求めてはいけない」というようなことを言っている事業所や福祉屋が存在します。 いつまでもそういった時 ...

「介護職員が低賃金なのは最初からわかっていたこと」では片づけられない5つの理由

  介護職員の給与水準が低いことを嘆いたり改善を訴えたりすると、必ず出現するのが 「介護職員の給料が安いことは初めからわかっていたことでしょ?」 「介護職員が低賃金だとわかった上で働き始めた ...

若い介護職員が自分の職業を言うと世間から「若いのに偉い」と言われる5つの理由

  年齢が若い介護職員が、自分の職業を世間や周りの人に「介護職員です」と言った時の反応でありがちなのが「若いのに偉いね」という台詞です。 この「偉い」という言葉の本質には、様々な印象や感想が ...

介護職員の異動が頻繁に行われる介護施設がヤバい5つの理由

  介護施設で働く介護職員にも異動があります。 介護職員の異動とは、所属するユニットやフロアが変わる介護施設内の異動のことを指します。 中には、法人内の別事業所や別施設に異動(転勤)となるこ ...

介護職員が体調不良で仕事を休む時に症状を根掘り葉掘り聞かれる理由

  介護職員だって体調を崩してしまう時があります。 そんな時は、その旨を会社の電話して休むことが必要です。 それは、自分のためでもあり、利用者のためでもあります。 一般的に考えると、「体調不 ...

介護現場は「クレームを言ったもの勝ち」の世界なので介護職員が疲弊していく実情

  介護現場の悩みの種のひとつが「家族からのクレーム」です。 「苦情やクレームは宝の山」という言葉もありますが、悪質なクレームになれば「ただただ現場が疲弊するもの」でしかありません。 もちろ ...

「介護職員の給料は安いのだから適当に働けばいい」という考え方が間違っている5つの理由

  介護職員の給与水準が低いことは周知の事実です。 人材不足で労働環境が劣悪なことも多く過重労働になりがちです。 ですから、介護職員の働き方として、過剰に自己犠牲を払う必要はなく「まずは自分 ...

介護職員を錯誤させる「高収入求人」の3つの特徴「時給や月給の表示方法に注意」

  最近は徐々に介護職員の処遇(給料)も改善されてきたと言われています。 「介護職員の平均月収が30万円を超えた」という統計を持ち出したり、2019年10月から新加算が開始されることで、国や ...

介護職員の私がアラフォーになり感じる様々な変化や気づき

  私は現在アラフォーなのですが、やはり20代や30代前半の頃と比べると様々な変化を感じています。 それは体力的なものであったり、体調であったりするのですが、「これが歳を取るということか」と ...

介護職員が書類仕事をサービス残業で行わざるを得ない実情とは?

  介護職員は介護を行う仕事ですが、実際に働いてみるとその書類仕事の多さに驚きます。 利用者の日々の生活の記録だけでなく、モニタリングや議事録やリスク報告書の作成など、結構な時間を取られます ...

介護職員を追い詰める「プロ意識を持て」と言う人の強迫観念の押し売りとは?

  介護職員として働いていると、様々な現実や問題点が見えてきます。 例えば 「人員不足で通常の2倍近い働きをしなければならないのに給料が安すぎる」 「上司に責任を押し付けられるので働きにくい ...

安易に介護職員の転職を勧める人には注意が必要な3つの理由

  介護職員をやっていると、待遇の悪さや人間関係などで「辞めたい」「転職したい」と思う時があります。 もちろん、自分の判断で熟慮した結果、辞めたり転職することはあるかと思います。 その過程で ...

介護職員がヒヤリ・ハットやインシデント報告書を書きづらい3つの理由

  介護現場では、リスク報告書というものがあります。 リスク報告書は大きく分けて以下の3分類になります。 【リスク報告書】 ひやり・はっと報告書 インシデント報告書 アクシデント報告書 「ひ ...

【介護職員】仕事が遅い人は「優先順位がわからない」ことに原因があった

  世の中や職場には色々な人間がいますし、長所や短所は誰にでもあります。 介護現場でも「仕事ができる」「仕事ができない」という判断をされることがあります。 仕事をする上で大切なのは「優先順位 ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.