「 介護施設 」 一覧

介護施設入所者が利用する成年後見制度をわかりやすく解説

  成年後見制度とは、判断能力が不十分になった認知症高齢者などで自己判断や意思決定が困難な人が、自分の行った行為で不利益を被らないように保護や財産を管理する制度のことです。 となると、介護施 ...

介護施設の敬老祝賀会によって職員が疲弊する実情

  本日2019年9月16日(月)は祝日法で定められた「敬老の日」です。 老人福祉法では9月15日から9月21日までの1週間を老人週間とし、9月15日を「老人の日」と定めています。 全国の介 ...

「自分が入所したいと思えるような施設づくりを目指そう」という理念の違和感

  介護施設にありがちな理念で「自分自身や自分の親を入所させたいと思えるような施設づくりを目指そう」というような内容のものがあります。 また、研修の場での講師や介護現場の上司などが介護職員に ...

派遣社員の介護職員を雇用している介護施設がヤバい理由

  現在は個々の働き方も多様化してきて、介護職員でも派遣社員として働いている人も増えてきました。 派遣社員として働くメリットとデメリットはそれぞれあるので、それを否定するつもりはありません。 ...

利用者の家族が介護施設へ抱く本音?「親を人質に取られている」

  介護施設には色々な人が入所していますが、その家族もまた様々です。 施設での介護に協力的で理解を示して下さる家族もいれば、非協力的でクレーマー気質な家族もいます。 また、一見協力的に見えて ...

介護施設のワンオペ夜勤の暗黙の了解「利用者を起こす時間帯は早朝」

  多くの介護施設の夜勤はワンオペ(一人体制)です。 1人の介護職員で約20人の利用者の介護を行う必要があるために、その過重な肉体的精神的負担と重責だけで大きなストレスを感じます。 これを2 ...

介護職員の異動が頻繁に行われる介護施設がヤバい5つの理由

  介護施設で働く介護職員にも異動があります。 介護職員の異動とは、所属するユニットやフロアが変わる介護施設内の異動のことを指します。 中には、法人内の別事業所や別施設に異動(転勤)となるこ ...

介護施設の避難訓練の実情「ワンオペ夜勤では全員を避難させられない可能性がある」

  介護施設では、年に何回か「避難訓練」があります。 避難訓練の種類は 防災訓練(地震や台風などの自然災害を想定) 消火防火訓練(火災を想定) 水難訓練(津波や河川の氾濫を想定) などになり ...

介護施設のワンオペ夜勤は「夜明け前が一番暗い?」

  介護施設でのワンオペ夜勤の過酷さは今までも色々書いてきましたが、通常の流れの中で共通して言えるのは「朝の離床介助の時間が一番過酷」ということです。 もちろん介助自体の重労働もありますが、 ...

介護施設のワンオペ夜勤で救急車に同乗したくない3つの理由

  介護施設でワンオペ夜勤をしていると、利用者の 急変 病状悪化 外傷等のアクシデント などが発生し救急搬送が必要になる場合があります。 夜勤リーダーや待機看護師の指示判断、又は家族の希望で ...

介護施設の「日勤リーダー」「夜勤リーダー」という当番制の謎

  介護施設では 日勤リーダー 夜勤リーダー と呼ばれる当番制のポストがあります。 「ポスト」と書きましたが、名刺に書けるような役職でも肩書きでも無いですし、出世したわけでもありません。 要 ...

介護施設に多い「不毛な会議」7つの原因と5つの改善策

  介護業界で働いていて感じるのは「会議が多い業界だなぁ」ということです。 しかも「不毛な会議が多い」と感じます。 役職や職種や役割や担当によって参加する会議は職員それぞれ違ってきますが、だ ...

介護施設での終末期の看取り介護「不安を感じる介護職員が多い?」

  「看取り」を行っている介護施設も増えてきたので、介護職員として働いていると「看取り介護」を経験する機会も増えてきました。 人の生死に関わることですし、人生の終焉を目の当たりにすることで、 ...

退職時に「全部の部署やユニットに菓子折りを配って回る」介護施設の悪しき慣習

  日本には退職する時に会社やお世話になった人に「菓子折り」を渡す風習があります。 もちろん、渡さない場合もありますので、結局は「事業所個々の慣習とかしきたり」による部分が大きいかと思われま ...

特養の七不思議(4)「胃瘻(いろう)をつけて注入量は変えない」

  今回は、介護の都市伝説とも言える「特養の七不思議」について記事を書きたいと思います。 他の七不思議については、下記記事をご参照下さい。 特養の七不思議(1)「食べられないのに食べなさい」 ...

介護施設の夜勤での「恐怖体験」5選

  「介護施設」「夜勤」「恐怖体験」というワードが並ぶと、何となく「霊的な体験」を想像されてこのページを開いた方も多いかもしれません。 しかし、介護士が夜勤で一番怖いのは「幽霊やおばけよりも ...

【介護施設の面会】保証人以外の家族対応が難しい3つの理由

  介護施設において、家族の面会頻度から感じる特徴については過去記事で書きました。 介護施設での家族の面会頻度にありがちな特徴   もうじき世間ではGW(ゴールデンウィーク)という ...

介護施設の「翌月の勤務表の完成」が遅い6つの理由

  介護施設は24時間体制で介護職員が勤務しているため、勤務表はシフト制になります。 勤務時間は施設によってまちまちですが基本的に 早出 日勤 遅出 夜勤 になるかと思います。 様々な事業所 ...

介護職員の夜勤出勤前の過ごし方

  介護施設の多くは、16時間勤務のワンオペ夜勤となります。 自分1人で翌朝まで乗り切らなければならない責任感と使命感と重圧があり、日勤帯の出勤前よりも夜勤出勤前はナーバスになりがちです。 ...

「プラセボ効果?」高齢者は医者の言葉だけでも痛みが取れる

  プラセボ(プラシーボ)効果とは「偽薬効果」とも言われています。 本来は薬効として効く成分がない薬(偽薬)を投与したのに、病気が快方に向かったり治癒したりすることがあります。 恐らく、偽薬 ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.