介護職員を辞めたい

「介護職員を辞めたい、もう限界」と思ってしまう介護現場のストレス5選

投稿日:2019年12月30日 更新日:

 

介護職員の退職理由は統計で確認をすると「人間関係」や「法人の理念や職場の方針への不満」が上位になっています。

つまり、介護業務そのものだけでなくそれを取り巻く人間関係や職場環境に大きなストレスを感じていることがわかります。

もちろん、介護業務の中でもストレスを感じることは多々ありますし、介護職員は「ストレスフルな状態」だと言えます。

そして、そんな状態であれば当然「介護職員を辞めたい」「介護の仕事はもう限界」と思う人が多く発生し、実際に辞めていってしまう人も後を絶たないのが現状です。

今回は、「介護職員を辞めたい、もう限界」と思ってしまう介護現場のストレス5選をご紹介します。

「介護職員を辞めたい?」介護の仕事がイヤなのではなく環境がイヤだった

 

 

 

(スポンサーリンク)

「介護職員を辞めたい、もう限界」と思ってしまうストレス5選

 

 

ストレスフルな介護現場では、介護職員を退職に追い詰めてしまう確率が高くなってしまいます。

本来であれば、人間関係や職場環境を改善していくのは上司や事業所の責務なのですが、表面上しか改善されていなかったり、そもそも改善する気もないような事業所もあるのではないでしょうか。

結局は、介護職員個々が「ストレスを溜め込まない努力」「ストレスを発散する方法」「自分を守る方法」を実行していくしかないわけですが、そういったことまで「自己責任」かのように扱われることに新たなストレスを感じてしまいかねません

では早速、介護現場でのストレス5選を詳しくご紹介していきたいと思います。

 

①「問題行動のある利用者の対応」

認知症があったり無かったり様々な利用者がいますが、問題行動がある利用者の対応にストレスを感じます。

問題行動とは、

  • 暴言
  • 暴力
  • 強烈な帰宅願望
  • 物盗られ妄想
  • 徘徊

などを指します。

いくら仕事だとは言え、介護職員も人間なのですからストレスを感じます。

アンガーマネジメントやストレスを溜め込まないような注意喚起をするだけでなく、職場全体で具体的な対策を取っていくことが重要なのですが、現状では非常に抽象的でぼんやりとした対策しか取られていないために「辞めたい」と思ってしまう介護職員が後を絶ちません。

介護職には必須?介護現場でのアンガーマネジメントの効果と問題点

 

 

②「クレーマー家族の対応」

介護の仕事は利用者との家族にも理解が得られるような対応を行い、信頼関係を構築していくことも必要です。

しかし、中にはクレーマーのような家族も存在し、その対応をすることでストレスを感じます。

例えば、

「介護施設に入所させたら認知症が進んだので責任を取って欲しい」

「お金を払って介護のプロに任せているのに転倒させるなんて、責任を取って欲しい」

などです。

もちろん、中には真摯に受け止めなければならない苦情もありますが、毎日のように何か言ってくるというような頻度の多さも一種のクレーマーと言えます。

通常の介護業務をしているだけでもストレスを感じている中で、クレーマー家族の対応もしていればストレスフルな状態となり「辞めたい」と思ってしまうことでしょう。

【理不尽】「クレームを言ったもの勝ち」の世界なので介護職員が疲弊していく実情

転倒などの事故に関しては、利用者が人間である以上完全に防止することは不可能なのですが、裁判で賠償命令が出るなどまだまだ世間の理解を得られていない現状であることがわかります。

【介護事故考察】介助不足で複数回転倒し死亡「施設に2800万円の賠償命令」

 

 

③「人員不足での業務過多」

普通に働いているだけでもストレスが多い仕事であるのに、更に人員不足で業務過多になればストレスフルな状態になり「辞めたい」と思ってしまう介護職員が続出することでしょう。

残業をすることで時間超過になるだけでなく、通常4人必要なところを2人の介護職員で業務を行うなど、過重労働になっている状態も大変問題です。

過重労働は時間超過さえしなければ手当もつかないため、悪質かつ劣悪な労働環境と言えます。

自分が潰れてしまわないように自分を守りながら働くことを最優先しましょう。

人員不足で過重労働を強いられている介護現場では自分を守ることが最優先

 

 

④「上司や同僚との人間関係」

上司や同僚にも色々な人がいます。

例えば、

  • 理不尽なことばかり言う
  • 頭ごなしに怒る
  • 嫌味を言ったり無視をする
  • 全然仕事をせずに人に押し付けてくる
  • 理想ばかり押し付けてきて現実が見えていない
  • 滅茶苦茶なことばかりしている

などです。

そんな上司や同僚と一緒に仕事をしているとストレスフルな状態になり「辞めたい」と思ってしまうことでしょう。

関わらないのが一番無難ですが、チームで動いている介護現場ではそうもいきません。

事業所がもっと積極的に職場内の人間関係が正常化できるような介入が必要ですが、それができている事業所はそうそうないために「人間関係」で辞めていく介護職員が後を絶ちません。

介護事業所に存在する「お局職員」の10の特徴と対処法

 

 

⑤「そもそも事業所の風潮やしきたりがおかしい」

経営陣や事業所そのものの風潮やしきたりが常識外れである場合は、どうすることもできません。

何故なら、最後の頼みの綱である事業所そのものがおかしければ、今後改善していく可能性も低く絶望しかないからです。

例えば、

  • ミスや失敗をつるし上げる体質
  • 独裁的なワンマン経営
  • 意味不明なしきたりがある

などです。

根本から腐っているわけですから、経営者が変わらない限りは変わることはありません。

そんな状態であれば「辞めたい」と思ってしまう介護職員も多いことでしょう。

給与明細書の渡し方ひとつ取っても、独特のしきたりや妙なこだわりを持っている事業所は他のことでも独特で妙な方針が多々ある可能性が高いため注意が必要です。

こんな給与明細の渡し方をしている介護事業所はヤバい5選

 

 

 

最後に

 

今回は、「介護職員を辞めたい」「介護の仕事はもう限界」と思ってしまう介護現場のストレス5選をご紹介しました。

介護職員のストレスに配慮してストレスチェックの義務化もされていますが、結局は結果に問題があれば「産業医や心療内科を受診しなさい」ということとなり介護職員個々に対応を振られるだけです。

結果に問題があったということは「職場環境や人間関係に問題があった」ということなのですから、その根本原因を治療していく方が先決ではないでしょうか。

物事には全て原因があって結果があるのです。

介護現場でストレスチェックを活かすなら職場環境を改善しなければ意味がない

 

アドセンス

(スポンサーリンク)

アドセンス

(スポンサーリンク)

ランキングバナー

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
記事が「まぁ良かったんじゃない?」「また読みに来てあげてもいいよ」と思って頂けましたら是非、応援&シェアを宜しくお願いします^^

記事更新のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村


介護職員ランキング

楽天ウェジェット

【PR】


かいご畑アフィリ




【働きながら無料で資格取得できる制度のご紹介】



★介護職員初任者研修
★介護職員実務者研修
★介護福祉士国家資格受験対策講座(短期集中講座)

などの講座を「働きながら」「無料」で受講することができるのが「キャリアアップ応援制度」です。

【こんな人におすすめ!】

★介護のお仕事が初めての方
★無資格で働きながら、資格取得をしたい方
★ブランクがあり、介護の仕事復帰を考えている方
★すでに介護職として就業していて転職したいと考えている方
★経験や資格があり、好条件で転職をしたい方
★30秒で登録してすぐに利用開始したい方

>>>働きながら無料で資格取得できる「かいご畑」はこちら



おすすめ記事5選

1

  どの業界にも、大なり小なり「新人いじめ」「新人いびり」が存在するかとは思いますが、介護業界は特にそういった「新人へのつらい仕打ち」が深刻化しています。 人材不足が深刻な業界なのに、何故、 ...

2

  前回の記事で、「言いたいことが言えない介護職員の5つの特徴と原因」についてご紹介しましたが、今回はその続きで「改善方法や解決方法」についてご紹介したいと思います。 解決方法は大きく分けて ...

3

  今まで何度か発信してきていますが、給料(収入)は年収で考えることが重要です。 例えば、 「特定処遇改善加算手当で月2万円アップしました!」 「月給30万円の求人募集があります!」 という ...

4

  介護業界で働く多くの人は「介護保険制度下の事業所」だと思います。 介護保険制度下では、財源が乏しく、現状で「最低の待遇で最高のサービスを求められる異常な実情」については下記記事で書きまし ...

5

  以前、自分の職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由について記事を書きました。 【1分で読める】職業を聞かれた時に「介護士です」と言いたくない理由「恥ずかしいから?」 これには ...

-介護職員を辞めたい
-, , ,

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.