「介護の基礎知識」 一覧

介護施設のエアコンの温度設定「夏は冷房28度、冬は暖房20度」の勘違い

  介護施設は利用者に一年中快適な室温で過ごして貰えるようにエアコンなどで空気調和を行っています。 施設ごとに基準があるのでしょうが、よく聞くのが「夏は冷房28度設定、冬は暖房20度設定」と ...

介護職員としてチームケアを行う上で大切なこと「3つのポイント」

  介護は様々な人達とチームを組んで行います。 そのことを「チームケア」と呼んでいます。 介護職員が現場で介護を提供する場合、厳密には2種類のチームがあります。 介護職員同士のチーム 多職種 ...

介護現場で使われている紛らわしい専門用語や略し方一覧

  介護業界にも言葉狩りの魔の手が侵食してきています。 「徘徊」という言葉は使わないようにしようだとか「バイタル」や「帰宅願望」「清拭」「ADL」もわかりやすい言葉に変えようという風潮には首 ...

【介護士】座っている利用者の傾聴をする時に床に片膝を突かない方が良い理由

  介護現場だったり、介護の宣材写真などでよく見掛けるポーズに「車椅子などに座っている利用者に対して傾聴をしている介護士がキラキラした笑顔で床に片膝をついている(立てている)画」があります。 ...

11月11日は「介護の日」いつから記念日になったのか?その理由や目的とは?

  季節が移ろい文化の日も終わって益々秋らしくなってきました。 日本には毎日のように「記念日」があるようなのですが、来たる11月11日は「介護の日」です。 世間にはあまり周知されていないよう ...

介護現場ではメモを取るな!?の真意とは?

  もうひと昔ほど前になりますが、「ホームヘルパー2級」の養成研修を修了しました。 「ホームヘルパー2級資格」と言われたりしますが、実際には養成課程を修了すれば誰でも取得できるという点で、実 ...

介護施設でのシーツ(リネン)交換の頻度はどれくらい?その根拠は?

  介護施設に従事する介護職員は、利用者の居室内の清掃やシーツ(リネン)交換も行います。 こういった単純作業を介護補助員や外注業者などに依頼できれば、介護士に時間的な余裕もできますし利用者に ...

介護支援専門員(ケアマネジャー)は介護福祉士の上位互換ではない理由

  「介護福祉士資格を取得したら次は介護支援専門員資格を取得するべし」 「介護福祉士の次はケアマネになれば専門性に磨きがかかる」 「介護福祉士よりもケアマネの方が偉い」 「更に上を目指すなら ...

インフルエンザの施設内集団感染を防ぐには初期段階の「生贄対応」が重要

  徐々に残暑も和らぎ過ごしやすい気候になってきました。 これから冬に向けてインフルエンザが流行しやすい季節になります。 昨年(2018年から2019年にかけてのインフルエンザシーズン)は、 ...

介護現場での「根拠のある介護の実践」とは一体何なのか

  介護職員として介護業務をしていく中でよく言われるのが「根拠のある介護をする」ということです。 根拠のことを「エビデンス」と言ったりもしますが、ほぼ同じ意味です。 以前書いた記事で「介護福 ...

介護職員が利用者の家族へ電話連絡をする際の5つの注意事項

  介護職員が利用者の家族へ電話連絡することも多々あります。 例えば 利用者の荷物の過不足について 利用者の身の回りの物の購入依頼や確認 利用者の状態や体調の報告 利用者に対するインシデント ...

杖を使用した歩行方法と介助をする際の注意点

  高齢者の中には歩行を補助する用具を使用している人が多くいます。 老化に伴う足の筋肉や機能の低下であったり、病気の後遺症で片麻痺があるために独歩で歩くよりも安定するからです。 歩行補助具に ...

介護施設入所者が利用する成年後見制度をわかりやすく解説

  成年後見制度とは、判断能力が不十分になった認知症高齢者などで自己判断や意思決定が困難な人が、自分の行った行為で不利益を被らないように保護や財産を管理する制度のことです。 となると、介護施 ...

介護職員に虐待防止研修が必要な理由

  介護職員には虐待防止研修が必要だと思っています。 厳密に言えば「養介護事業又は養介護施設で働く従事者全て」に必要です。 ただ、やはり一番利用者に接する機会が多く現場の最前線で働いている介 ...

【思わぬ落とし穴】介護現場で注意が必要な個人情報保護と守秘義務

  介護職員(介護従事者全般)には「守秘義務」が課せられています。 そして事業者には「個人情報の保護に関する法律」が課せられており、従業員も遵守していかなければなりません。 これらは職場外で ...

【介護現場のリスク管理】目の前の業務を疑いながら働くことの重要性

  介護現場でのリスク管理は、リスクを予見したり再発防止策を情報共有することでリスクの発生が軽減するように管理することです。 「発生してしまったリスクの再発防止」に重点が置かれがちですが、他 ...

介護職員が介護現場でやってはいけない5つのこと

  介護職員として介護現場で働いていると「これだけはやってはいけない」と思うものがあります。 「それは事故です」と言いたいところですが、人が人を相手にしている以上、そのリスクをゼロにすること ...

介護福祉士は誰でもなれるわけではない理由

  現状で介護職員になるためのハードルは低く、無資格未経験から始めることが出来ますし学歴や賞罰の有無や国籍さえ不問です。 しかし、介護職員になることと介護職員を続けていくのはまた別の問題で、 ...

介護現場で利用者にムカっとしたりイラっとした時の手っ取り早い対処法

  ご存知かと思いますが、介護職員も人間です。 人間である以上、感情もありますし人権もあります。 介護現場で働いていると、利用者に対して腹が立ったりイラついてしまうことも当然あります。 そん ...

介護現場での非言語コミュニケーションの重要性

  コミュニケーションの方法は大きく分けて以下の2種類があります。 言語コミュニケーション 非言語コミュニケーション 「言語」コミュニケーションは文字通り「言語や言葉」を使ったコミュニケーシ ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.