「 介護現場 」 一覧

言わなくてもいいことを言ってしまうことで介護現場の人間関係が悪化する実情

  介護業界や介護現場に限らず、「言わなくてもいいことを言ってしまう人」がいると人間関係が悪化する傾向にあります。 何故なら、言わなくてもいいことを言ってしまうことで「相手が不快に感じる確率 ...

介護現場で感じるフラストレーション3選「ストレスとどう違う?」

  介護現場で働いているとストレスを感じることが多くあります(もちろん、どの職業でもストレスはあるでしょうが介護現場に特化した内容の記事になります)。 また、ストレスだけでなく「フラストレー ...

介護現場で焦ってしまう出来事3選

  介護現場ではどんな状況でも平常心で焦らずに対応していくことが大切ですが、介護職員も人間ですから内心焦る出来事も多々あります。 とは言え、業務に慣れてきたり知識や経験を積むことで、 利用者 ...

介護現場での常識は疑う必要がある3つの理由

  常識とは、健全な一般人が共通して持っている、また、持っているべき思慮分別のことですから、普遍的なものであり「一種の基準」とも言えるものです。 ですから、本来は常識を疑う余地はなく「常識は ...

人間関係がギクシャクする介護現場にありがちな7つの失敗パターン

  介護業界に限らずですが、職場の人間関係は大切です。 介護職員の退職理由の上位には常に人間関係があるのも事実です。 介護現場での人間関係がこじれてしまう原因としては、 事業所の因習や排他性 ...

介護現場で利用者のわがままを無制限に受け入れることが人権尊重や権利擁護だという勘違い

  介護現場では、介護が必要な利用者のニーズに応えたり自立を支援していくことが必要であるとともに、人権を尊重し権利擁護をしていくことも求められています。 しかし、介護施設であれば共同生活をし ...

【実際にあった】介護現場でミスがミスを誘発するトラップ(に見える出来事)3選

  介護現場で働いていると「トラップ(罠)が仕掛けられているのではないか?」と思うような出来事があります。 厳密には、トラップのように見えるもののトラップではありません。 では何なのかと言う ...

2020年6月1日からパワハラ防止法施行!介護現場のパワハラは無くなる?実態と効果

  早いもので今日から6月です。 既にご存知の人もいらっしゃるでしょうが、本日(2020年6月1日)より、パワハラ防止法(正式名称:労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活 ...

介護現場は「利用者第一」なのか「安全第一」なのか、冷静に考えようのコーナー

  介護現場で働く以上、「安全第一」でいきたいものです。 しかし、「パーソン・センタード・ケア」という考え方があるように、「まずは利用者を中心として本人のニーズ」からスタートするのが本来の姿 ...

介護現場でヒヤリハット報告書や気づきを増やしていくための業務改善とは?

  前回の記事で、介護現場でのリスク報告書は多い方が良いのか少ない方が良いのかについて解説しました。 まだ読んでいない人は下記記事をチェックしてみて下さい。 ヒヤリハットやインシデントなどの ...

介護現場で自分の都合で好き勝手な時間に休憩を取られるとキツい実情

  介護現場では、人員不足であったり業務に忙殺されてなかなか休憩が取りにくいことがあります。 しかし、決められた時間の休憩を所定の形で取れなければ労働基準法に違反してしまうことになります。 ...

後出しじゃんけんは詐欺師の始まり「介護現場の実情」

  「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉がありますが、それの亜種で「後出しじゃんけんは詐欺師の始まり」だと思っています。 実際のじゃんけんで後出しをする人は、 絶対に勝ちたい ズルをしてでも勝 ...

介護現場で利用者の言うことを鵜呑みにするとつまずくパターン3選

  介護現場では、利用者を中心として利用者のニーズに沿った介護をしていくことがとても大切になります。 ですから、利用者の声に耳を傾けながらより良い信頼関係を築いていくことが必要です。 しかし ...

介護現場で転倒などのアクシデント事故が多い利用者の対応は事業所全体で検討していく具体例

  介護現場では、利用者の状態によってインシデントやアクシデントが頻発することがあります。 よくあるのが、利用者の転倒などです。 1人では安定した歩行ができないのに歩こうとして転倒するパター ...

介護現場に「人それぞれ論」を持ち込んではいけない3つの理由

  多様性を認め個性を尊重する社会ですから、価値観や思想は「人それぞれ」です。 色々な人がいて色々な意見や考え方があるのですから、違って当然です。 ですから、「人それぞれ」という論調を真っ向 ...

介護職員の善意によって加害者になってしまう異常な介護現場の実情

  介護職員は熱意や善意がある方が良いと思われがちですが、実はクールな職員の方が向いていたりします。 もちろん、悪意を持って働いている人など居ないでしょうから普通に働くことが大切です。 介護 ...

介護現場では嘘も方便?利用者に対する嘘はあり?なし?

  嘘をつく事は「騙す」というイメージがあるためいけない事のように捉えられがちですが、 介護をする中で嘘をついた方が結果として「上手くいく」という場面が多々あります。 特に認知症があり周辺症 ...

介護現場での利用者や入居者同士の人間関係やトラブルと対処法

  介護現場では介護職員が人間関係に悩まされることが多い傾向にありますが、利用者や入居者同士の人間関係やトラブルもあります。 認知症のある利用者と頭がはっきりとしている利用者(「頭がクリア」 ...

介護現場のモンスタークレーマー家族とハラスメント利用者から自分を守る方法

  以前、「介護現場で自分を守るための5つの方法」をご紹介しましたが、「モンスタークレーマー家族」と「ハラスメント利用者」から自分を守る方法については言及していませんでした。 というのも、こ ...

介護現場で自分を守るための具体的な5つの方法

  常に人員不足で業務負担が大きく人間関係も良くない介護現場で働いている人も多いのではないでしょうか。 もしもそんな職場であれば「自分を守ることが最優先」です。 どんな職場であれ、自分が最優 ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.