「 介護現場 」 一覧

介護現場での利用者へのタメ口と子供扱いの実情

  介護現場において、利用者にタメ口(タメ語)で喋りかけたり子ども扱いをすることは適切とは言えません。 しかし、実際の介護現場ではタメ口や子供扱いが常態化してしまっていたり、知らず知らずのう ...

介護現場のリーダーや上司が部下に舐められる5つの理由

  介護業界に限らず、上司というものは基本的に部下から疎まれて、表立って又は陰で文句を言われがちな存在です。 新人の頃は右も左もわからず、とりあえず言われるがままに指導や指示を仰ぐのですが、 ...

介護現場での「根拠のある介護の実践」とは一体何なのか

  介護職員として介護業務をしていく中でよく言われるのが「根拠のある介護をする」ということです。 根拠のことを「エビデンス」と言ったりもしますが、ほぼ同じ意味です。 以前書いた記事で「介護福 ...

介護現場で転倒や転落事故の発生がゼロにならない最大の原因

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

介護現場での方針や指導が正常か異常かを測る3つのモノサシ

  介護現場で働いていると、会社や上司の方針や指導が「非常識」「異常」と感じることがあります。 また、社外研修などに参加した際も、同じように異常さや不毛さを感じることもあります。 最初のうち ...

無理をして業務を回すから人員が補充されない介護現場の改善方法

  介護現場は人員不足の上に利用者という人間を相手にしているため、やることは尽きません。 現場に立っていればいるほど次々と業務が降りかかってきます。 現状で明らかに業務過多の状態なのですが、 ...

【思わぬ落とし穴】介護現場で注意が必要な個人情報保護と守秘義務

  介護職員(介護従事者全般)には「守秘義務」が課せられています。 そして事業者には「個人情報の保護に関する法律」が課せられており、従業員も遵守していかなければなりません。 これらは職場外で ...

介護現場では優秀な人材から先に辞めていく3つの理由

  介護現場では「優秀な人材から先に辞めていく」ということが常態化しています。 「優秀」の定義は「人より優れていて秀でている」ということになりますが、介護現場においては「どんな業務もそつなく ...

【介護現場のリスク管理】目の前の業務を疑いながら働くことの重要性

  介護現場でのリスク管理は、リスクを予見したり再発防止策を情報共有することでリスクの発生が軽減するように管理することです。 「発生してしまったリスクの再発防止」に重点が置かれがちですが、他 ...

介護職員が介護現場でやってはいけない5つのこと

  介護職員として介護現場で働いていると「これだけはやってはいけない」と思うものがあります。 「それは事故です」と言いたいところですが、人が人を相手にしている以上、そのリスクをゼロにすること ...

介護現場で利用者にムカっとしたりイラっとした時の手っ取り早い対処法

  ご存知かと思いますが、介護職員も人間です。 人間である以上、感情もありますし人権もあります。 介護現場で働いていると、利用者に対して腹が立ったりイラついてしまうことも当然あります。 そん ...

介護現場での非言語コミュニケーションの重要性

  コミュニケーションの方法は大きく分けて以下の2種類があります。 言語コミュニケーション 非言語コミュニケーション 「言語」コミュニケーションは文字通り「言語や言葉」を使ったコミュニケーシ ...

【介護現場の人間関係】注意の仕方が精神的ダメージを与えるやり方ばかりの実情

  介護職員の離職理由の上位には常に「人間関係」があります。 ネチネチしていたりギスギスした人間関係に嫌気が差して辞めていく介護士が後を絶ちません。 中でも「注意を受ける時」に、その人間関係 ...

「待つ介護」が重要なのに「待てない介護」になっている介護現場の実情

  介護職員は利用者の残存能力を活用し自立を支援する仕事です。 ですから、何でもかんでも「全て介助する」「必要以上の過剰な介護をする」ということは不適切と言えます。 利用者の自立と自己実現を ...

介護現場では如何なる理由があっても身体拘束をしたら負けなのか

  介護現場では「身体拘束は良くないもの」とされています。 もちろん、介護現場だけでなく日常生活においても誰であっても「不当な身体拘束」はされるべきものではありません。 しかし、認知症者など ...

介護現場で虐待や介護事件が続発する本当の理由

  介護現場での虐待や介護事件が続発しています。 介護の過酷さを訴えると「介護よりもっと過酷な仕事は山ほどある」「介護の仕事だけ特別に大変というわけではない」ということを言う人もいますが、そ ...

【介護現場では不可避】高齢者が転倒しやすい5つの理由

  以前、介護職員が付き添っていなかったから利用者が転倒後にお亡くなりになってしまい、事業所に損害賠償命令が出たという判決がありましたが、そもそも人間は二足歩行をしている以上、誰でも転倒する ...

介護現場でうだつの上がらない「おじさん介護士」が編み出した自己防衛法

  介護現場はまだまだ女性の割合が多いため、特に中高年の男性介護士は第一印象や日々の言動などで敬遠されやすい環境があります。 とは言っても、確かに「おじさん介護士」には 清潔感 仕事ぶり 言 ...

介護現場では「夜は寝るもの」という前提をやめる必要性について

  常識的に考えて「夜は寝るもの」です。 夜にちゃんと寝なければ体内時計やホルモンバランスも狂ってきます。 介護職員の夜勤出勤前の過ごし方 ですから、「出来るだけ夜勤の回数を減らしたり夜更か ...

介護現場に出勤後まずは利用者全員に挨拶をして回ることを推奨する理由

  職場に出勤した際は、相手が誰であろうと会った人には挨拶をするかと思います。 礼儀でありマナーであり当たり前の「挨拶」ですが、介護業界では「挨拶をしない職員」「挨拶を返さない職員」「無視を ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.