「 介護現場 」 一覧

介護職には必須?介護現場でのアンガーマネジメントの効果と問題点

  介護職員も人間ですから、イライラしたりムカっとすることだって当然あります。 そんな感情のままでは正常な業務が行えなくなってしまうため、何かしらの対策が必要なのですが、最近よく言われている ...

介護拒否のある利用者の対応を押し付けられる新人介護職員と介護現場の実情

  今回はリクエスト案件になります。 大抵の介護現場には介護拒否がある利用者が1人くらいはいるのではないでしょうか。 今現在働いている職場には介護拒否をする利用者は1人も居ない場合であっても ...

介護職員は冬でも半袖?暑くて汗をかく介護現場の実情

  今年は今のところ私の住んでいる地域ではまだ雪が降っていません。 寒波がくるというような予報も今のところありません。 そうは言っても毎日寒いのは間違いないわけですが、「介護現場は暑い」ので ...

滅茶苦茶なことをする恐怖の新人が介護現場にやって来た時どうすればいいのか

  今回もリクエスト案件です。 「エヴァの使徒レベルの新人」というリクエストでしたが、私がエヴァの使徒がどういうものかわかっていないため、恐らく「恐怖を感じる存在なのだろうな」という想像のも ...

介護現場で全く仕事をしないサボる介護職がいる場合、同僚としてどうすればいいのか

  仕事をサボったり手を抜いたりする人は時々いますが「全く仕事をしない」という人もいるようです。 全く仕事をしない人は案山子(かかし)と何ら大差はありません。 そんな人が介護現場にいてもらっ ...

介護ロボットの開発、機能、導入はまだまだ介護現場の実情に沿っていない理由

  先日、ニュース記事を斜め読みしていると「安価な自動駆けつけ介護ロボット」という見出しの記事を見つけました。 少しずつでも介護職員の人手不足や業務負担を補えるような介護ロボットが研究され開 ...

【介護現場の闇】「利用者第一主義」と「職員第一主義」どちらが良いのか

  介護業界はこれまで「利用者第一主義」という方針で動いてきました。 もちろん、介護サービスにおける顧客は利用者であるため、他の産業で言うところの「顧客第一主義」ということになります。 しか ...

介護現場でストレスチェックを活かすなら職場環境を改善しなければ意味がない

  2015年12月より50人以上の従業員がいる職場で「ストレスチェック制度」が導入され、ストレスチェックの実施が義務化されました。 多くの介護事業所でも安全衛生委員会の立ち上げとセットで年 ...

介護現場では言い方の善し悪しもあるけど一言多いのも問題

  介護現場には上から目線だったり、高圧的な言い方をしてくる同僚や上司が存在します。 もちろん、介護現場に限らずどこでもそんな人が存在するのでしょうが、人間関係の劣悪さが有名な介護業界では尚 ...

介護現場の逆パワハラは法人や事業所の人事裁量の不健全さから生まれる

  「逆パワハラ」というものをご存知でしょうか。 「パワハラ」という言葉はよく耳にしますし、介護現場でも結構な高頻度で横行しています。 パワハラは、上司などが職場での立場の優位性を利用して、 ...

介護現場ではメモを取るな!?の真意とは?ホームヘルパー2級養成研修にて

  もうひと昔ほど前になりますが、「ホームヘルパー2級」の養成研修を修了しました。 「ホームヘルパー2級資格」と言われたりしますが、実際には養成課程を修了すれば誰でも取得できるという点で、実 ...

介護現場をかく乱させる地獄の「歩くスピーカー」オバヘルの10の特徴と対処法

  「オバヘル」という言葉をご存知でしょうか(介護従事者の方ならご存知でしょうが)。 誰が最初に言い出したのかは定かではありませんが、オバヘルとは「おばさんヘルパー」の略になります。 つまり ...

介護現場での介護職員の言葉遣い「利用者へのタメ口と子供扱いの実情」

  介護現場において、利用者にタメ口(タメ語)で喋りかけたり子ども扱いをすることは適切とは言えません。 しかし、実際の介護現場ではタメ口や子供扱いが常態化してしまっていたり、知らず知らずのう ...

介護現場のリーダーや上司が部下に舐められる5つの理由

  介護業界に限らず、上司というものは基本的に部下から疎まれて、表立って又は陰で文句を言われがちな存在です。 新人の頃は右も左もわからず、とりあえず言われるがままに指導や指示を仰ぐのですが、 ...

介護現場での「根拠のある介護の実践」とは一体何なのか

  介護職員として介護業務をしていく中でよく言われるのが「根拠のある介護をする」ということです。 根拠のことを「エビデンス」と言ったりもしますが、ほぼ同じ意味です。 以前書いた記事で「介護福 ...

介護現場で転倒や転落事故の発生がゼロにならない最大の原因

  介護現場で発生する事故(アクシデントやインシデント)の多くが「転倒や転落」です。 こうした介護現場での事故は、介護職員がどんなに気を配っていてもゼロにすることはまず不可能であるということ ...

介護現場での方針や指導が正常か異常かを測る3つのモノサシ

  介護現場で働いていると、会社や上司の方針や指導が「非常識」「異常」と感じることがあります。 また、社外研修などに参加した際も、同じように異常さや不毛さを感じることもあります。 最初のうち ...

無理をして業務を回すから人員が補充されない介護現場の改善方法

  介護現場は人員不足の上に利用者という人間を相手にしているため、やることは尽きません。 現場に立っていればいるほど次々と業務が降りかかってきます。 現状で明らかに業務過多の状態なのですが、 ...

【思わぬ落とし穴】介護現場で注意が必要な個人情報保護と守秘義務

  介護職員(介護従事者全般)には「守秘義務」が課せられています。 そして事業者には「個人情報の保護に関する法律」が課せられており、従業員も遵守していかなければなりません。 これらは職場外で ...

介護現場では優秀な人材から先に辞めていく3つの理由

  介護現場では「優秀な人材から先に辞めていく」ということが常態化しています。 「優秀」の定義は「人より優れていて秀でている」ということになりますが、介護現場においては「どんな業務もそつなく ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.