「リアル介護現場の実情」 一覧

【介護知識や介護技術】介護職員になってから学んだ5つのこと

  以前、介護職員になって学んだ人間関係や職場感情にまつわることを5つご紹介しましたが、他にも色々なことを学びました。 もちろん、事前に情報や知識を集めたりはしていましたが、「見聞きするもの ...

年末年始も関係ない介護施設の暮れの挨拶と新年の挨拶の実情

  本日は12月27日ですから、いよいよ暮れも押し迫ってきましたね。 世間では今日が仕事納めで明日から年末年始の休暇に入る人も多いのではないでしょうか。 そんな中、介護施設の介護職員は年末年 ...

介護拒否のある利用者の対応を押し付けられる新人介護職員と介護現場の実情

  今回はリクエスト案件になります。 大抵の介護現場には介護拒否がある利用者が1人くらいはいるのではないでしょうか。 今現在働いている職場には介護拒否をする利用者は1人も居ない場合であっても ...

【人間関係や職場環境】介護職員になってから学んだ5つのこと

  介護職員になって色々なことを学びました。 学びがあることは良いことですが、特に印象深いものを思い浮かべてみると「良い学びもある中でネガティブな学びもなかなか多い」ということに気づきます。 ...

介護の判断基準が「上司に怒られるか怒られないか」になってしまう実情

  介護現場では「利用者本位」や「パーソン・センタード・ケア」や「ユマニチュード」など様々な対人援助法やメゾットが採り入れられています。 しかし、教科書上の理屈は理解できるものの、実際の介護 ...

介護施設の師走の大掃除は誰がする?介護職員にしわ寄せがいっていませんか?

  師走に入り忙しい時期になりました。 忙しいと言っても、年末年始も正月も関係がない介護職員にとっては特に普段と変わりがないのですが、周りが忙しくなってきます。 年末年始には銀行や取引業者な ...

介護職員の冬場の手荒れ(乾燥、霜焼け、あかぎれ)とハンドクリームとの戦い

  介護現場では食器洗いなどの水仕事も多く、介助ごとにも手洗いを行います。 そうなると特に冬場は乾燥しやすくなり、手荒れやしもやけで手がひび割れしたりあかぎれになって手がガサガサになります。 ...

滅茶苦茶なことをする恐怖の新人が介護現場にやって来た時どうすればいいのか

  今回もリクエスト案件です。 「エヴァの使徒レベルの新人」というリクエストでしたが、私がエヴァの使徒がどういうものかわかっていないため、恐らく「恐怖を感じる存在なのだろうな」という想像のも ...

介護施設の行事は本当に必要?看護師やリハビリ職は参加しない?

  介護施設には多種多様な行事があります。 中規模以上の行事で言えば お花見会 夏祭り(盆踊り) 敬老祝賀会 運動会 クリスマス会 紅白歌合戦 新年会 節分(豆まき) などが年間を通して行わ ...

足し算で仕事を増やしていく働き者の介護職と引き算で仕事を減らしていく怠け者の介護職

  仕事には「足し算」のやり方と「引き算」のやり方があります。 足し算のやり方は「あれもした方がいい」「これもしなきゃ」「もっとたくさんやらなきゃ」といった具合に、業務の幅を広げたり量を増や ...

女性介護士が妊娠して身体介護を免除された場合に1日中座っていても許されるのか

  介護士も人間ですから色々あります。 女性介護士であれば妊娠することもあるでしょう。 妊娠しても介護現場で働いている介護士も意外と多い印象です。 私も過去にそういう人を何人か知っています。 ...

介護施設での1日の流れ「タイムスケジュールと仕事内容」を詳細に解説します

  過去の記事で、介護施設での夜勤のタイムスケジュールと仕事内容について解説しましたが、今回は「日中の介護現場業務」について記事を書きたいと思います。 日中は殆どの利用者が活動していますし、 ...

いつでも自由に閲覧できるはずの就業規則の確認がしづらい介護事業所の特徴と対応策

  多くの介護事業所では就業規則が定められ備え付けられていることでしょう。 就業規則は、使用者(経営者や会社)が労働者に向けて就業上遵守すべき規律などが定められているルールブックのことです。 ...

ショートステイが排便ステイになる時「利用者と家族の思惑と対応方法」

  ショートステイは介護保険法で言うところの「短期入所生活介護(又は短期入所療養介護)」です。 その名の通り在宅生活などをしている利用者が「短期間入所」する形態の居宅系介護サービスに位置付け ...

介護事業所に介護職員として就職後にバックレた人たち「最短は半日」

  介護施設などの介護事業所へ就職や転職してきてもすぐにバックレてしまう人を何人も見てきました。 「バックレ」とは、無断で辞めてしまったり逃げ出して、二度と会社に来なくなることを指します。 ...

介護現場で全く仕事をしないサボる介護職がいる場合、同僚としてどうすればいいのか

  仕事をサボったり手を抜いたりする人は時々いますが「全く仕事をしない」という人もいるようです。 全く仕事をしない人は案山子(かかし)と何ら大差はありません。 そんな人が介護現場にいてもらっ ...

介護ロボットの開発、機能、導入はまだまだ介護現場の実情に沿っていない理由

  先日、ニュース記事を斜め読みしていると「安価な自動駆けつけ介護ロボット」という見出しの記事を見つけました。 少しずつでも介護職員の人手不足や業務負担を補えるような介護ロボットが研究され開 ...

介護施設で早番(早出)勤務を任されるのは信頼されている証拠

  介護施設であれば、「早番(早出)勤務」があります。 施設によって出勤時間(勤務時間)は変わってくるでしょうが、大体「朝7時~夕方16時」の勤務ではないでしょうか。 朝早く出勤しなければな ...

介護職員の「縁故入社」や「コネ採用」の実情

  多くの介護事業所では人手不足ですから、多種多様な人材を様々な方法で募集しています。 その中のひとつでもある「出戻り就職(再雇用・復職)」については下記記事でも触れました。 介護職員の出戻 ...

介護現場でストレスチェックを活かすなら職場環境を改善しなければ意味がない

  2015年12月より50人以上の従業員がいる職場で「ストレスチェック制度」が導入され、ストレスチェックの実施が義務化されました。 多くの介護事業所でも安全衛生委員会の立ち上げとセットで年 ...

Copyright© 介護職員Aのひとりごと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.